FC2ブログ

(684) ど こ で 逝 き た い の ?

(684) ど こ で 逝 き た い の ?   →

近年の日本では、出生者と死亡者の均衡がとれ、小差はあるものの、いずれも毎年 約 120 万人前後だった。

♣ 総人口 1.2 億人のうち「毎年約 1 % の 120 万人が入れ替わり、100 年で一回りする」と理解すれば分かり易い。これは「逝った数だけ補充される 「健康な現象」 でああった 。「多死時代」 とか 「少死時代」 という表現はマスコミが煽っているだけで、何の騒動でもなかった。

♣ そして 老人の逝き場所 は、60 年前までは先祖代々の習慣通り、在宅以外はほとんど考えられなかった(病院・自宅の比率が「1 割: 9 割」 、図 1 )。ところが、バブルの真っ盛りの 1970 年代、在宅死は著しく減って日本人の多くは病院で死を迎えるように生活スタイルが一変し、逝き場所は 在宅:病院の比率が「 5 割: 5 割」に転じた。

どこで逝きたいの?

♣ さらに、その 20 年後の介護保険が始まった 2000 年には 想像を絶する比率、つまり在宅死が著しく減って、病院:在宅の比率が「9割: 1 割」へ、つまり 60 年前の比率の裏返しになり、日本の老人は ‘主に’ 病院で逝く社会になってしまった。ほんの半世紀の間で、天 と地が入れ替わるほどの変化 ! ここに 日本社会の病理 がある訳であって、このことは後半で検討しよう。

♣ なぜ老人は自宅で逝かななくなったのか? 厚労省はこの傾向を不満とし、在宅死は新しく 4 割を目標に増やさなければ、病院が満員となって、「年寄りの逝き場所が確保できなくなる」と考え、看取りの場所を自宅へ戻すよう誘導した。その根拠として、(イ) 成人を対象にしたアンケートで 6 割の人々が自宅で逝きたい、(ロ) 厚労省のガン終末期アンケートで、自宅で逝きたい人も 6 割であった。よって、自宅死の割合を 4 割程度に設定しよう、というものである。

♣ しかし、肝心の 「老人」 はどこで逝きたいと思うのだろうか? ――そんなデータはない。ただ言える事は、自宅死を勧められても、現実には不可能であろう。その 理由を四つ ほど述べれば:―― 一人暮らしは 40 年まえから 7 倍も増えたし、今後も女性を中心にどんどん増える (図 2 ) 。女性は男性より長生きだから、それは避けられないけれど、どうしたら一人暮らしの女性は自宅で逝けるのだろう?

どこで死にたいの?

男女共、本当の希望は自宅で看取られたいが、少ない人手間を考えて 家族に気兼ねする。

また、近年の病院死では、自宅ではできないような 「延命の儀式・処置」 が輻輳し、何となく 気が休まる。これは 「薬石 (やくせき) 効なく死に至った」 という安堵感に繋がる。

しかし最大の理由は、なにせ保険が効くので病院は 「自宅の見送りに比べれば 著しく安あがり」 、その上 「世間体」 も悪くないから人気が高い、のである。特に近年、死が近づくと 「検査や治療処置」 は控えられ、医療費は主に「観察代」だけの少額になるのも有難い。

♣ 他方、病院は「病気を治す場所であって、逝く場所ではない ! 」 と説明されているし、病院での老衰死は “自粛” されるべきだ、という主張もあり、これは もっともなことである。だが、ここにこそ 隠された問題があるのではないか?

♣ つまり、人は歳をとるにつれ 「どこで逝きたいか?」 の質問に関心を示さなくなる。なぜなら、老人性認知症によって「見当識障害」 1 ) が現れ、将来のことが理解できず、「現在の刹那 (せつな) 」 のみが大事になるからだ 2 )

♣ その上、死亡時の年齢がすっかり変わった … 昔は人生 50 年、還暦前後で世を去ったが、今ではそれが 90 歳に近い。その分、見送る側の年齢も中年から老年になり、体力・世間力 も低下し、自宅では送れなくなった。超高齢の現代、逝き場所は、逝く人が決めるものではなく、見送る人の年齢と気力で自然に決まってしまうようだ。

♣ さて、仮にガンによる死亡の場合なら、その 「終末期」 は比較的短期間であるし、本人の希望も傾聴しやすい。だが多くの高齢認知症の場合、いつが終末期なのか予想が困難だ … 終末期は 1 年から 10 年以上の先にわたる。

どこで死ぬの?

♣ 日本は戦後 30 年間 自宅でお看取りをしていたのだが、諸外国でも高齢者の逝く場所の問題は “案外に” あるのであって(図 3 )、病人の身になって考えれば簡単には解決しない問題なのかも知れない。

♣ 人は生まれる時は大変であるが、逝くときは もっと “大変” なのであり、手を抜くべきではなかろう。厚労省も一般の国民も、死ぬ時の 「ヒト・モノ・カネ」 を惜しんではならず、安易に在宅死を奨めても、その流れを変えるのには大きい工夫が必要である。1907字

要約: 介護保険が始まった 2000 年以後、病院での死亡が 10 % から 90 % に跳ね上がったことは良く知られている。 その原因は 「ヒト・モノ・カネ」 の経費高騰のほか多数が挙げられているが、逝く人・送る人の高齢化も大きな要因であろう。 先進諸外国における病院死の比率は日本の半分程度であるから(図 3 )、そこまでを当座の目標としては如何であろうか。

参考: 1 ) 新谷:「中核症状は蛙に似る?」; 福祉における安全管理 # 640, 2017. 2 ) 新谷:「ボケ勝ち」;、ibid # 31, 2010.

(635) ヒ ト は ナ ゼ こ け る の ?

(635) ヒ ト は ナ ゼ こ け る の?
.
今から 320 万年 前、アフリカのエチオピアで人類 “初めて” の女の子が生まれた。名前は “ルーシー” (図 1)

♣ ナゼ “初めて” と判ったのか? それは彼女が二足歩行専用の骨盤を持っていたからである。サルは移動時には 四足歩行 で、それに適して下肢は骨盤から直角に曲がっている。ところが、ヒトであれば、背骨・骨盤・下肢 が一直線の配列であって、この所見からルーシーが二足歩行に適していた「人類の先祖」と判ったのである。

♣ 二足歩行の発達によって、ヒトの 「手」 は歩行の役目から離れ、物を運ぶ器用さを獲得、大脳も発達、人類の文明・文化に繋がったと言われる(図 1 )。なるほど、「手」の役目が人の運命を新しく開拓したのはよく分かるが、手が失った役目もある … まず、木の枝から落ちるようになったこと、続いて転倒 した時 手を前について顔の怪我を防がなければならなくなったことである。

ヒトはナゼこけるの?

♣ え? ルーシーは平地を歩くとき転倒したの? … したとも ! その面影が現代高齢女性の転倒に名残りとなっているのだ。そう、二足歩行の最大の欠点は 「転倒の発生」 だったのだ。日本では「転倒予防学会」という特殊な学会があって、高齢者に「安全で効果的な」転倒予防の内容と方法の 確立と普及・啓発に努めている ―― それによって日本社会は天国になった。そこでまず 「日本天国論」 を考えよう。

♣ 天国になった理由は:――  一般人は体重を減らすことにお金を掛けられ幸せ; 文明生活の基本=「衣食住・電水熱1 ) が世界一発達し、盛夏や厳冬で多数 間引かれていた老人の死亡が極めて少ない; その結果、老人寿命が世界一長く、介護保険も世界無比で充実している。

♣ 天国に地獄は付き物だ … そこで 「日本地獄論」 を述べると:―― 老人の割合は増え続け(4 % → 40 % )、子供の割合は減り続ける(36 % → 10 % ); 昔の親は還暦の 60 歳、今の親は米寿の 88 歳 … 同じように 「親」 とは言うけれど、今の親は 祖父母 以上に長生きし、孝行と介護が大変; さらに、転倒・骨折は増え続け、誤嚥性肺炎・胃瘻などの問題が山積みである …. . . アー ! 天国 イクオール 地獄 なんだ !!

♣ では、ナゼ 転倒は起こるのか?人は誰しもミスをしようとしてミスをするのではない。いくら気をつけていても、人と動作の接点があれば、ある確率でミスは発生する 2, 3) 。お皿を洗えば いつかは割れる; 車は衝突する; 飛行機は落ちる; これらと同じように、お年寄りを預かれば、転倒事故が無いはずがない; これはシステムの持つ確率 (二足歩行) に依存することである。

♣ 転倒は「骨折」、なかんずく 「大腿骨頸部骨折」 を誘発する。ある報告によると 5) 、全国調査での推計値であるが、一年間に 70 歳代 の女性の 0.41 % 、80 歳代 で 1.48 % 、90 歳代 で 2.81 % が「頸部骨折」を起こす。つまり高齢の女性を預かれば、「お覚悟を ! 」と申し上げるほかはない。ところが 特養・パールでお預かりする方の約半数は この 90 歳代 の女性なのだ。

ヒトはナゼこけるのか?

♣ そこで、私は 「六つのべからず」 という警鐘を鳴らした ので6 ) 、ここで、おさらい したいと思う: 急がすべからず(急がせたら 転倒・骨折)、 後ろから声を掛けるべからず(お年寄りは、振り向きざまに転倒・骨折)、 まさか ! と思うべからず(待っててね、と念を押したのに (図 2) 、戻ってみると転倒・骨折 ! )、 (ほか)で他者に呼ばれても、持ち場を離れるべからず(気を利かせて呼ばれた方に行き 助け、持ち場に帰ってみると 転倒・骨折 ! )、 押し問答すべからず(トイレ内で こうしましょうと、分かってもらえたのに、転倒・骨折)、 日頃は「杖歩行」であっても、気を許すべからず(安心して見ていると 杖に足をからませて転倒・骨折)。

♣ アフリカの女の子 ルーシー は 20 歳代 だったから、転倒しても 「絶対に」 骨折には至らなかった。だから、問題は転倒だけでなく、高齢の骨粗鬆症にあるのだった !!  

要約:  二足歩行は転倒する運命、 80歳を越えた女性の骨は「お皿のようなもの」、こけたら 割れる ! もし割れたら 誠意をもって対処すること !  あなたの人格が見えてくる !!  1717字 

参考:
1) 新谷:「遺伝子の新しい指令」; 福祉の安全管理 # 600, 2016. 2) 新谷:「過失と責任、とくに骨折」; ibido # 62, 2010. 3) 新谷:「ミスの秘密」;ibido # 84, 2010. 4) 新谷:「想定内と想定外」;ibido # 155, 2011. 5) 原田敦(国立療養所 中部病院):高齢者の転倒障害、(ネット)。 6) 新谷:「六つの“べからず”」、ibido # 50, 2010. 

職員の声

声1: 「六つの “べからず” 」のおさらいが出来て良かった(答: まったく同感 … 特に “ちょっと待っててね” で案外に転倒事故が多いのに驚く)。

声2: 転倒するから骨折する、と言うよりも、高齢かつ骨粗鬆症があるから 「コワレル」 のだろう(答: そのもの、ドンズバリだ ! たとえば駝鳥 (だちょう) は二足歩行だが転ぶことばない、しかし人に追われるとコケることもある … ただし野生の駝鳥は若いから骨折はしない―― 問題は やはり “年齢” なのだ)。

声3: 骨折しても病院に行かず、自分で治す身内がいる(答: 昔はほとんど手当て方法がなく、骨折は 「変形治癒」 をしていた … 死には至らないが、身体障害が残り、不自由な余生となる)。

声4: 昔の親は還暦(60 歳)、今の親は米寿(88 歳)… 親が長生きなら子の苦労も多いが、親には長生きして欲しい ―― ジレンマだと分かってはいるけれど(答: パールでお預かりしているお年寄りは半数が 90 歳代、そのうち 2/3 の方は大腿骨骨頭骨折。お世話は大変、しかしコケても折れてもそれが現実の人生の内だよね)。

(404) 介護・大家族・世相

 (404) 介護・大家族・世相 
  
 私が福祉活動をスタートしたのは1955年で、当時の中心課題は「結核と救貧」、これに対して 近年は「年金・医療・介護・育児」;すっかり様変わりです。とくに 大家族の崩壊が社会の中心問題となりました。

♣ あなたは今、何人家族ですか?私は 当時 7人家族+お手伝い+出入りの人々等で、家ははち切れんばかり —— 個室や寝室などの概念もない 大家族の「兎小屋」  でした。その後 忙しい30年が過ぎて「経済バブル」が終わってみると、「生活保護の家庭」であっても 自家用車や冷暖房機が なにげなく保有されていたような 様変わり です。

♣ 世界的な傾向として、所得が増える につれ 個人主義・合理主義は広まり 大家族主義は消えて行く運命のようです。いつの間にか ここに 新しい問題が忍び込みました . . . それは「裕福の不均一さ」つまり「経済較差」の問題で、「大家族」の衰亡や「介護問題」の台頭も 一連の物語として発生してきたのでしょう。ここで経済較差の原因を「四つの観点」で 探ってみます。

経済較差が起きた最大の要因 は「延寿」だと言われます。一般に 人は歳と共に蓄財を心がけますが、平和な延寿が進めば その蓄財較差は広がります。延寿者の較差を社会的に是正しようとすれば「介護問題」が全国的に広がり、社会は 倫理・財政的につまづきます. . . これは世界的な問題ですが、日本は世界一高齢だから 世界一大きい問題となっています。

次の要因は「大家族の衰退」です。大家族なら、相互の人間的な助け合い があり、その上 一人あたりの生活単価は安くて 楽 でしたが、今や小家族が優勢な時代になると、大きな欠点が露 ( あら ) わになりました。つまり、親は高齢になり、それも 親と言うより「祖父母」と呼びたい90歳~100歳域の大延寿となり、社会の介護経験の守備範囲を越えて来ました。しかも こういう人たちが社会の多数層になると 倫理・経済面で未経験の問題を提起します。

三つ目の要因は「地球化」です(= グローバル化)。昔は「国際化」が叫ばれていましたが、国際化は 単に外国事情をわきまえる、だけの意味でした。「地球化」とは、国際化がさらに徹底し、地球規模で同じ土台の上で競争をすることです(例:関税をかけずに 輸出入をする;同じ仕事なら 国によらず同じ賃金で仕事を分け合う)。日本は すでに国内の経済較差の問題で悩んでいますが、これに 生活水準の異なる諸外国との較差問題が加われば ややこしくなりますね !

いま TPP 1) で国論が揺れていますが——TPP参加の利点は、省エネが達成され 良い品が広く分かち合える、と言われますが、その反面の欠点として「弱肉強食」の側面があります。日本は開国により、較差問題の拡大で 悩みも確実に増えるでしょう。明治の開国と同じように、世の中が変化して行く時には、常にこういう問題が付随してきますね。

♣ 私たちは、無思想で介護に従事するだけでは すまされません。これら ① ② ③ ④ の要因を個別に頭に描き、「介護・大家族・世相」の動きに対して どのように対応すればよいのか、あなたの意見を お聞かせ下さい。

参考:  1)   TPP : Trans-Pacific Partnership = 環太平洋 経済連携 協定

職員の声

声1:お婆ちゃん ボケちゃったのね」と言いながら介護ができたのは大家族の昔話;今 そんな会話はなくなってしまいました(係り:親を施設に預けっぱなし —— イギリスやスエーデンでも似た事情のようです)。

声2: 大家族は 単に人数が大きいというだけでなく、親―子―孫が一緒に暮らし、人間の生き方が教え伝えられた点で有難かったのだ . . . (係り:大家族は遠き良き昔の幻になりました → じゃ、江戸時代に戻りたいですか?と尋ねると、大抵の人は No ! )。

声3: 不景気が進むほど 大家族が減ってくるように思います(係り:欧米でも大家族を憧れるノスタルジアが進んでいる由、特に地中海国家で)。

声4: 延寿は素晴らしいことですが、その代償としての少子化は有難くない です(係り: 地球には住める定員があります 2) -- 老人が100人増えれば 子供を100人減らすのが理 ( ことわり ) です : 太陽の恵みは そのへんが「限度」のようですよ)。

声5: 延寿が進むにつれ 経済較差も広がる実感があります;身体が元気であっても 認知症が進む のでは 人生の有難みがありません係り:フランスの哲学者ルソー は“我思う、故に我有り”と自己の存在感を確信しましたが、現在では 認知症のため我思わなく”なった人でも存在できます よね?倫理の面で、現代社会は不思議です)。

声6: 明治維新の開国を乗り越えた日本人だから、今のTPPと福祉の問題も乗り越えられます;ただし、日本人は“長すぎる延寿”を誇るだけでなく「自立した並みコロ3, 4) の意義も確かめたいです。

声7: 農家は TPP反対、輸入業者は TPP賛成;大家族に関しても意見は やはり割れる ! (係り: 明治の開国時にも尊王攘夷 (そんのうじょうい) 血なまぐさい新撰組が京都の街を走り回りました)。

声8: TPPで、外国の職員と仕事を分かち合えるようになれば、緊張もあり 違う価値観にも接触でき 人生は豊かになると思います(係り:地球人は 今や70億人、角を突き合って生きるのではなく、笑顔と握手が必要ですよね)。

参考:パールの安全管理 2) # 401 : ついに 600歳か?  3) # 393 : ピンコロか?ジワコロか? 4) # 396 : ホッチャレと並みコロ。

This line should be written after insertion of the picture !

Andreas
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR