(587) 認知症で遠近感の消失

  (587) 認 知 症 で 遠 近 感 喪 失

デイ・サービスでは しばしば ご利用者が手工芸の時間 を楽しむ。従来から気付いていたのだが、認知症クラスの ご利用者は、全般的に作品の 稚拙 (ちせつ) があるのは当然だが、T.C.様 (86 F) は 「ある特徴」 をお持ちである。

♣ たとえば、マグカップに色づけする作業をするとき、机の上で描く 画用紙上での平面作業では、カップの全体像を捉え、色を塗ることができる。しかし 実物の立体のマグカップを手にし、色付けをしようとすると、色を塗ることができず、途方に暮れて おられる。カップの全体像が見えなくなるのかどうかをご本人に訊ねると、カップに描かれている絵柄を全部 しっかりと答えられる。ナゼ色を塗れないのか不思議でならない。嘱託の精神科医の先生に尋ねてみた。

認知症で遠近感の喪失

♣ < 先生 > 認知症で有名なのは 「半側空間失認」 である。たとえば、キチンと全部見えているのに、右側だけを認知できない (= 分からない)、 のがそれに該当する。他の例として、目の焦点固定の障害距離感の喪失立体空間の喪失ロクロ操作の困難などがある。これらの機能は 人間の持つ高次 「見当識機能」 であり、 幼児 や サル にはできない。また 認知症になれば 徐々にできなくなってしまう(中核症状)

♣ そもそも、私らの周辺は 「三次元」 であり、立体的である。これを模写しようとすれば、三次元 を 二次元 に降ろすことになり、かなりの知能を必要とする。この作業に必要な 「遠近法」 は 500 年 まえ ミケランジェロ が発見したものだ。ミケランジェロ 以前の絵画と 以後の絵画 を比べると、その差がよく分かるはず。人類の絵画の歴史は何万年とも言われるが、三次元を二次元に置き換える技は、ごく最近に発見されたもの である —— 古代の壁画には 「遠近法」 がない !

♣ 現在の人間でも、幼稚園 や 小学一年生 あたり の幼い子供は、近くにいる人と 遠くにいる人を同じ大きさに描く。小 4 ~ 6 になれば、遠近法で描けるようになる。つまり、遠近法 (パースペクティブ、Perspective) は、一人の人間であっても、年齢が 10 歳 の頃に獲得されるものであり、逆に、歳 老(お)いて認知症になれば、再び失われてゆく。認知症では、わずかな ’段差’ をまたぐのが困難となるが、視力の低下のほかに 「立体空間の喪失」 という原因があるのだ。

♣ ここに紹介された T.C.様 (86 F) の場合、二次元のお絵描きはできるけれど、三次元のマグカップの塗り絵はできない訳だ。このように、認知症では次元がだんだん減って行く (遠近感の喪失) 。ただし、お絵描きテストをしたゆえに その実態が初めて知られた訳であり、ご本人は、子供と同じで 生活上 何の支障も感じておられない。

要約:  実物のマグカップに ‘色塗り’ をすることが出来ない症例を提示した。 これは認知症の中核症状の一つである 半側空間の 「失認」 「失行」 の現われである。 二次元の 「絵」 に三次元の “立体感” を盛り付ける発明者は 500年前の ミケランジェロ である。

職員の声

声1: 認知症で「立体感」を失う、とは初めて聞く、このために 「段差」 に転んだりするのか?(係り: 手を引いてあげても ’待って下さい..そろそろと歩きます’ など答えて、下を向きながら おそるおそる足を持ち上げる.... 視力低下からだけではない)。

声2: 認知症で遠近感が消えるなんて考えたこともなかったが、そう言えば、「目でしっかり見ているんですか?」 と叱咤激励するような場面にたくさん出会ったのを思い出す(係り:目元をよく観察することーーたいていの場合、目の焦点固定ができていない ! ..... 要するに ’段差’ をみつめていない ーー 失認・失行である)。

声3: 段差や距離感がわからなくなってくるのも 空間失認 と同じか?(係り: これは ”失認・失行” として、中核症状そのものである ーー中核症状であるから、幼児への子供返りであり、しかも進行性である)。

声4: 「異食」 についても ’赤ちゃん返り’ と同じか? (係り: 異食は、それが食べ物なのか違うか が分からない ’失認’ であり、中核症状の一部をなす。ふつう 失認・異食 といえば、認知症の症状のことを言う... つまり外見上 赤ちゃん返りと呼ばれるが、赤ちゃんの異食は 脳の発達中、認知症の場合は 脳の衰退中、の違いがある..... 加齢によって、進行することはあっても 治ることはないーーただし、周りの人は戸惑うが、当の本人が不自由を感じることはない)。



プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR