(459) 今の 幸せ と 満足

(459) 今 の幸せ と 満足  
    
  お年寄りの願いを訊くと たいていの返事は「元気で長生き、幸せな人生を送りたい」とおっしゃる。ここにある ① 元気、② 長生き、③ 幸せ、の 三つの願い は 誰しもの願いであるから、各項目ごとに検討してみよう。

元気” とは、訴えることが特にないこと―― 身体・ 精神・ 社会の三要素から見て、元気かどうかの判定は客観的に容易であるし、WHOの “健康の定義” にも一致する。

長生き” という願いは 数値化できるので分かりやすい ―― しかし長生きの限度が 平均値 86 歳 ・最大値 122 歳 という現実を知らず 、彼らの頭の中では ‘千年・ 万年・ 無限’ という夢が流れている。

幸せ” または “満足” という項目の内容は漠然とし、その上 矛盾に満ちている。私たちが介護で理想とするのは、お年寄りが 理屈ではなく 本心で 「幸せよ . . . 満足だわ . . . 」 とおっしゃって頂けることだと思う。 “幸せ” は 上記の三つの願いのうち 一番 重要でありながら ほとんど主観の塊だから 何とも掴みにくい願いである。

♣ “幸せ” と“満足” について次の表現を あなたはどう判断するか?―― (A): 給料は 少ないので満足していないが でも私は幸せですよ: (B) 病気のため幸せとは思わないけど 満足はしています。どちらも意味は通じるけれど、(A―幸せ) のほうで より良い気分のように思える。つまり幸せと満足の気分を比べれば “幸せ” のほうが “満足” より喜ばしい感情ではないか。
今の幸せと満足

♣ 思わずつぶやく二つの表現を比べてみると:―― 「あー しあわせー ! 」 と言う言葉は口からこぼれるが (情緒)、「あー まんぞくー」とは言わないようだ; むしろ 「ん?よし、満足だ」 とは言うだろう (理性)。つまり幸せ感のほうが上位の情緒のように思える。重ねて定義してみると、「幸せ」とは、現状に満足しており もう これ以上の上を目指さす気分でない陶酔状態であろうか。あたかも 樹木のてっぺんにある「幸せ」にたどり着く途中に いくつかの「満足」という名の小枝があるのだろう。

♣ これに対して「満足」とは、“与えられた条件内に 不平・ 不満 のないこと” を確認し、この気分は自分のみならず 他人にも伝えられ、同感を得ることも可能である。その意味で満足は やや理性的な気分と言うこともできる。「余(よ)は満足じゃ ! 」 とお殿様が言う、あの満足である ―― 周囲の家来(けらい)たちも、殿様の満足の理由を理解できるだろう。いくつかの 小さな満足が積み重なれば 「余は 良き家来を持ち 幸せじゃ ! 」 となる。

♣ さて ここで一つの風景を見てみよう:―― 認知症型のデイサービスの お年寄り十人ばかり、講堂で催された ‘手品と演劇’ の出し物を 小一時間ほど楽しんだ。自室に戻る途中のエレベーターの中で 一同 ほてって明るい顔つきで「やー楽しかった、面白かったなー ! 」と 大はしゃぎ―― エレベーターを降りて部屋に戻ってみんなが椅子に座って落ち着いたところで 私はもう一度 尋ねる

♣ ―― 今日の手品はおもしろかったですね . . . すると数人みんながお互いの顔を見合わせて言い競う ―― “今 何か 面白いことがあったかな? ――いや、何もなかったよ、なーみんな ! ” 。 つまり さっき見た手品と演劇を 5 分後 には 一同全員が 完全に忘れているのだ ! みんな “忘却の幸せ” (中核症状) を示し、これは認知症型のデイサービスで よく見られる風景でもある。

♣ 私は思う; 彼らは 覚えていないけど 「あの時の喜びと感情は本物だったのになー」 と。結局 記憶力低下と共に「幸せも満足」もその時間的な持続が短くなっているのだ。職員として大事なことは 「あの時・ あの瞬間の感情は本物だったと理解してあげること」なのであろう。

♣ 犬 には言葉は通じないが、一緒に転がって遊んであげれば情緒は伝わる。でも昨日の幸せは昨日だけで終了し、今日は今日の 新しい幸せ が求められてくる。お年寄りたちは、‘元気で長生きが幸せの元’ と 口ではおっしゃるが、そんな ‘将来の楽(らく)のために 今の苦労を耐え忍びなさい’ のような生活介護は一切通用しない ―― “今の幸せ” だけが全て なのである。

♣ その理由は認知症の “中核症状” を思い出せば すぐ分かる。その症状の第一番目に来るものは 「短期記憶の保持困難」 であり、次に来るものが 「時間感覚の喪失」 なのだ。さらにその理由を問われれば、それは 「大脳細胞の減少」 … つまり認知症そのものの姿なのである。 

結論: 「元気で長生きが幸せ」という ‘つぶやき’ は 健常者だけが了解する語句である。 認知症にとっては ‘その瞬間の幸せ’ が唯一重要なのである。 過去の記憶を盾にとって将来の喜びを暗示しても それは幸せをもたらすことに繋がらない。 認知症に ‘きのう’ はなく、また ‘あす’ もない

参考: * 新谷: 「究極の寿命分布」 ; 福祉の安全管理: #453, 2014.

職員の声

声1: 認知症の「幸せ感」は人それぞれだ; 中には「不平・ 不満」を述べたり ‘早く死にたい’ と言う人もある(係り: ‘要介護度’ が進めば いずれ大脳から発する 不平感 は鎮まってくる)。

声2: 健常者は「長い目で見る幸せ」が大事、認知症は 「その時の幸せ」 が重要だと思う(係り: Yes !! その理由: 認知症では 大脳が故障しているゆえ 先を見通した事情は分からないから)。

声3: 認知症で「今の幸せ」が ‘明日を生きる力の元’ になるか?(係り: 「では、みなさん、後は明日のお楽しみ !」 、は 全く無効 )。

声4:  なるほど 認知症は ‘幸せ感’ を忘れっぽいけれど、忘れた後も 経験した幸せの影響が 体に残り続けているかも知れない(係り: その可能性が否定できないからこそ、職員たちの熱心な努力は報いられる ―― body language “体が覚えた感触” として、決して手を抜かないのだ)
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR