FC2ブログ

(194) 食べず 飲まず と B.M.I.

   (194―2) 食べず 飲まず と B.M.I.    

  福祉施設では、せっかく食事介助をしても、ご利用者が「食べない、飲まない」という悩みをお持ちの職員は多いと思う。今日は「食べず、飲まず」の生理学と経験談を紹介しよう。体格指数 (Body Mass Index, B.M.I. ) についても説明する。

♣ 私の祖父は 脳梗塞のあと「食べず、飲まず」が始まって 1 週間 で亡くなった。その昔には、点滴・ エンシュア栄養液・ 胃瘻 などが無かったからであろう。今 考えれば、栄養失調というより「脱水」が原因だったのだと推定される。

♣ 20 年 まえ、スエーデンの老人施設を訪ねたとき、私は「ご利用者が自分で食べられなくなると、どうなさるのですか?」と職員に訊いた。その方のお答えは「枕元にパンとスープを置く; ご自分で食べられなければ、それが終わりです」、とのこと … これは私の祖父の時と同じではないか !

♣ さて絶食で、どれだけ長く生きられるか?1) ここで「絶食」とは、自分の意思、または 事故・ 病気によって食事が絶たれることを指す。性・ 年齢・ 基礎疾患の種類により結果は大幅に異なるが、水分摂取の有無が大きな影響を持つ。水分摂取がない場合、元気な人でも、ふつう 1 ~ 2 週 で亡くなる。老人の場合、1 週 持つか持たないか? その原因は「脱水」と呼ばれる病理現象である。人間は何もしなくても、呼吸・ 汗・ 尿で水分を失う。その水分を補充しなければ、循環血液量が減り、血圧が維持できなくなり、死に至るのだ。だからこそ、現代では、お年寄りが入院すると、まず点滴から始めることが多い。

♣ 食物を摂らないが、水分は自由、これは「断食 (だんじき) 」と言われる 宗教的イベント である。過去にいろいろな記録があるが、1918 年 の マハトマ・ガンジー の断食は「証拠」もあり、有名だ。彼はインドの独立をイギリスに求めるため、21 日間 の宗教的断食を行った。ただし、水をすするのは許されていた。(非公式の記録では、40 日 生き延びた例もある。)水の補給があるから循環血液量はほぼ保たれ、体の栄養は体内脂肪のカロリーで補うわけだ。脂肪だけが体内で燃えると、血液は酸性に傾き (ケトン症) 、臓器不全が進む。

♣ 急性な断食ではなく「慢性の飢餓」の場合はどうだろうか? 慢性の飢餓は人類の歴史のなかで頻繁に起こった。ナチスの アウシュビッツ の 強制キャンプ は有名である。このような場合、甲状腺や副腎の機能が低下し、生命活性は落ちるものの、案外に長生きできる。その代わり、体は骨と皮になってしまう。

♣ 医療・ 介護領域 では「近飢餓」に出合う。有名なものでは「神経性食欲不全」、「癌末期」および「老衰」がある。ここで「体格指数」ついて説明しよう 2) 。体格指数は「肥満度」を表わす数値である。文明社会の医療では「肥満」が「痩せ」よりも問題のようで、「肥満」を定義する 新しい計算式が 30 年 ほどまえに世界的に認識された。それは「体重 kg ÷ 身長 m ÷ 身長 m」であり、電卓で簡単に求められる。正常値は 22 ± 3 だ(正確には 18.5 <= 正常 < 25.0 )。
食べず 飲まず と B.M.I.
♣ B.M.I. が 25 以上 を「肥満」、30 以上 を「高度の肥満」などと呼ぶ。逆にB.M.I.が 18.5 に達しないのを「痩せ」と言う。B.M.I.は高すぎても 低すぎても 死亡リスクは増える()。近年の老人は意外 なことに痩せている人は少なく、パール特養での中央値は「20」近辺である。お年寄りは、何事もなく過ごされていれば、B.M.I.も数年にわたって その人なりに一定で、案外に変動しない。もし老化が進んで、「誤嚥」のステージに入られると、毎年 B.M.I.が 「2」 の割で低下し、B.M.I.≒12 に近づけば やがて亡くなられる3 ) 。パールでの経験では B.M.I.が 12 以下 でも生存できた方は17年間で 3 例 あったが、いずれも亡くなった。

♣ 私たちは、ご家族とB.M.I. の経過図を参考にして予後の話し合いをし、Informed Consent (説明と同意の書) を交わすのを慣わしとしている。B.M.I.の経過図をパソコンで作成しておくと、お年寄りの日常並びに末期の見透しが利くようになる。

要約:  お年寄りは病気 または老衰が進むと、一般に 飲水・ 摂食が困難になる。 摂食は別として、飲水が急に止まると生命の危機が短時日に近づく。 慢性の 飲水・ 摂食低下が起こると B.M.I.が毎年 徐々に 「2」 程度 低下すること多く、その値が 「12」 近辺に達すると生存が困難になる。 B.M.I.の経過をグラフ化しておけば、終末期の管理に資するところが大きい。

参考: 1) Alan D. Lieberson : “How long can a person survive without food?” ; Scientific American 3:104, 2005.  2) 新谷:「体格指数 (BM I ) からみる生と死のはざま;老人ケア研究 No.33 p13~23、2010. (ネットで「社会福祉法人 パール」と入力、クリック、右下の「ふじひろのページ」をクリック、さらに右下の「B.M.I」.をクリック)。 3) 新谷:「天寿の終点は BMI ≒ 12」 ;福祉の安全管理 # 33, 2010.

図の出典ーーB.M.I.と死亡リスク http://matome.naver.jp/odai/2142156412671896001
 
職員の声

声1: 枕元にパンとスープを置くだけ、というスエーデンの話、妙に納得した(係り: かの国の福祉は “自己摂食を旨とする食事” を奨励する百年の歴史で裏付けられている)。

声2: 水分補給のための点滴の始まりに使った「リンゲル液」というのを初めて聞いた、生理食塩水のことか?(係り: 生理食塩水は単純に 0.9 % の塩水、リンゲルは少し高級で、炭酸塩などが追加されており、近年では更に複雑な成分を持つ点滴液が用いられる)。

声3: インドのガンジーは 21 日 間も長い断食をしたと報告された。 断食と絶食の違い を初めて知った(係り: 独り暮らしの老人は 僅かな発熱などで「脱水」に陥りやすく、注意を必要とする)。

声4: B.M.I.が「痩せ」への応用を、ネットで見ても 見つからない(係り: B.M.I.が25より大きい「肥満」については多数の記載があるが、B.M.I. が 18.5 より小さい「痩せ」についての記載は極めて少ない … 人が天寿に達して逝くときには、 B.M.I. ≒ 12 に近づく現象がしばしば観察され、実務的な応用価値が高い2)
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR