(595) あなたは 親が何歳で逝けば 納得か?

   (595) あなたは親が何歳で逝けば納得か?

   私が懇意にしている ある年配の御婦人、母親が高齢で亡くなり しょげておられた。彼女のお話は こうだった:―― 私の母が 98歳 で逝ったのは、介護士 も 医師 も力不足だったからだと思う . . . 真面目にケアをしてくれていれば、当然 もっと長く生きられていたハズ、と。

♣ ご同情申し上げるが、私は オヤ? と思った; だって彼女は 福祉の世界で生きている方であるし、いろんな人々のご逝去の事情には慣れておられる方だからだ。人が 98 歳 まで生きるためには、家族もさることながら 周辺の人々の協力も不可欠である。そのうえ、経済的な自活はなかっただろうから、国の補助金も少なくはない( 65 歳 以後 … 毎月 20 万円 × 12ヶ月 × 33 年 ≒ 約 8,000 万円)。ご自分の悲しみを主張されるのは当然だとしても、周辺の人々と社会に対する感謝の言葉はないのか? 98 歳 の親の死に直面すると礼儀を忘れて動転してしまうものなのか?
あなたは 親が何歳で逝けば 満足か?

♣ ここで私は 寿命 = “命の長さ” について想いを馳せてみた( ― 野生動物の天寿)。動物は 小さなものは 「一年の寿命」 さえもない。体が大きくなるにつれ長生きするようになるが、それでも 河馬が 40 歳、象でさえ 60 歳 だ。それに比べて体の小さい ヒト はどうだ? 戦前でさえ 50 歳、今の日本は 86 歳、頭記のお話の女性は 98 歳 だったのだ。温血動物で 100 歳 を越える寿命を持つのは ただ一つ 「人間」 だけ である ! 私たちは この事実に対して「感謝を述べるのか?不満を表明するのか?」、あなたはどう思う?

♣ “鶴は千年、亀は万年”  と言われるが、それは「おとぎ話」、現実とは はっきりと異なる。そこで私はお尋ねしたい: あなたは、親が何歳で逝けば 満足なのか? 科学の分かる人であれば おのずと答えは定まるだろう。情に走る人なら 「延命とは理外の理、しばしば 頑迷(がんめい)そのもの」であろうが、そんな人とのお付き合いなら距離を置かねばなるまい。

♣ ここでヒトの寿命について「おさらい」をしておこう。近年 ヒトの平均寿命が延びている中で、最大寿命は意外にも頭打ちなのだ !! 1)  たとえば、日本の平均寿命は 戦前で 50 歳 前後、最今は 87 歳 ―― つまり 戦後で 37 歳 も延びた。 我が国で、100 歳 越えの人は 1960年 で 100 人 、今年は 66,000 人 、つまり半世紀で 600 倍 を超えた―― が、しかし、日本の最長寿は 大川ミサヲさん・ 116歳 で 延びていないし、世界一の長寿でさえ 122 歳 の ジャンヌ・カルマンさん( フランス婦人 )を越える人はいない 2)

♣ ヒトの寿命は「環境」と「遺伝子」によって定まる が、環境が整えば 寿命は延びる ―― それは日本の戦後の寿命の延びを見れば分かるし、世界の先進国一般の事情でもある。だから “浅はかな研究者” は、時間を待てば ヒトの寿命は 150 歳 ~ 200歳 になるのも夢ではない、と 先走った推論をする。上の図をご覧になれば分かることだが、動物の寿命は 種( しゅ )によって おおよそ定まっており、時を待っても延びることは期待できない ―― それは遺伝子の構造で決まっているらしい。つまり、 “環境” をどんなに良くしても、遺伝子寿命には上限があるようだ。

♣ このことは 次の一例で納得出来る: ―― 石器時代の人の寿命は 30 歳 程度であったが、化石で調べると、歯はきちんと揃っている。これに対して、近年の老衰 100 歳 を調べると、寿命は 3 倍 も延びているのに、歯はほとんど欠けている。前者は峻烈な環境によって早死にしたけれど 歯はまだ寿命を残したのであり、後者は 単に寿命の終点に到着し、矢尽き刀折れ、歯無しになるのである。

♣ 私らは 近年の 医療・ 介護 の環境改良によって 90 歳 や 100 歳で も まだ不足だと我儘を言う が、歯は総入れ歯になり 身の回りのことはできなくなるし、遺伝子寿命のほうに限度が来ていることがほとんどである。ヒトの場合、最高寿命は 122 歳 が上限であり、それ以上を求めるためには ‘遺伝子改良’ が必要 であり、それはまた別な話題としよう。

♣ 長寿の要件は 四つ ある 3) :―― 親が長寿、 人生の活動期に無茶な生活をしない、 スポーツは “ルーの法則” に従って、健康本意に行う、 良き社会的支援を活用する。 ーー 長生きの条件を謳(うた)う知恵は 千も万も報告されるが、根っこはこれらの 4 条件 に集約される。

♣ 頭記 98 歳 のご婦人の寿命を振り返ってみるに、日本の平均寿命 86歳 を 13 年 も越えておられる。ご立派な一生であったと、お喜び申し上げて良いと思う。

♣ 現在、超高齢で亡くなった方々のほとんどは “病気が原因” ではなく “天寿が訪れたから亡くなる” のである。したがって、死亡診断書の病名記載には常に問題が発生している ―― つまりムリに「病名」を記載するのではなく「天寿」と書くべきだ、という主張に合理性がある のだ。先頁図の動物の様子を観察すれば、人の寿命の年数に上限があることを納得して頂けると思う。 

結論: 死亡時の年齢が平均寿命を越えていれば「天寿」という名前をつけたらどうか、という意見もある。その場合の平均寿命とは 男 80 歳 、女 86 歳 である。この年齢以下で逝く人が半分、それを越えて逝く人が残る半分、という意味である。 人間、もし「天寿」を越えて逝くことができれば ’もって瞑すべし’ ではないだろうか? これをもって ‘親に期待する逝去年齢’ の一件は 落着としたいものだ。

参考: 1) 新谷冨士雄・弘子:日本女性の平均寿命は8 6 歳 か?、福祉における安全管理: # 466, 2014.  2) 新谷:究極の寿命分布、ibido #453, 2014.  3) 新谷:長生きの秘密、ibido #428, 2014.

図の出典: 第25回「生物の老化と磁気」|TD... http://www.tdk.co.jp/techmag/magnetism/zzz25000.ht...

職員の声

声1 若い私が親の寿命に意見を述べるのは見当違いのように感じるが、親が充実した人生を送ったのなら 何歳でも良いと思う (答: 子が感傷的に思うほど 超高齢の親が ご自分の逝く年齢を気にすることは少ない;特に認知症であれば、中核症状によって「時間」の感覚は薄れるのが常である)。

声2  健康であれば 親はいつまでも長く生きていて欲しい(答: 当たり前の事だ … だが、人は超高齢になると「自立」は困難になり、さりとて病気でもなく さっぱり ワカラン まま人の手を取ることが多い ―― 子はそれを受け止められるが 周辺の協力は必須となる)。

声3  一生懸命やった家族は悔いなく満足し、何もしなかった親族ほど口を出す傾向がある(答: 介護は遠くに住む次男次女たちの意向によって左右されることがある ――たまに来て “私の親はこんな哀れな姿のハズではない” と介護職員に不満を述べる光景もある)。

声4 老人は年を取ると ‘思いやり深くなる’ と思っていたが、私の経験から見ると、逆に ‘心が狭くなって行く’ ようだ(答:人は年と共に認知症に陥り、それ故の誤解を招くことがある ――今や常に認知症の合併を疑って掛からねばならない超高齢社会になったことに気づく)。
2015-01-03

プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR