(609) 新老人 は 75 歳から

(609) 新老人は75歳から

超高齢社会を迎え、日本老年学会は現在 65 歳 以上とされている 「高齢者」 の定義を 75 歳 以上に引き上げたらどうか、という提言をまとめて 1 月 5 日に発表した。

♣ その根拠は、現在の老人たちは昔より体力が強まっていること、および心理的にも自立性が旺盛であることを挙げている。定義変更の趣旨は、65 ~ 74 歳 の該当者に 「准高齢者」 (young old) という位置づけをし、その経験と能力を活かし就労の継続・ ボランテイァなどの参加を通じて社会貢献への参加を期待することである。

1. 歴年: 考えてみれば「年齢と老人の関係」は過去さまざまであった。昔、女性は 15 歳頃 初子を設け、30 歳頃 には祖母になり、老婆の役目は孫の守りと家庭の保守であった。

♣ 40 歳 は古代ローマでは元老院(国会)の資格年齢であり、老眼が始まる年齢、現代なら介護保険の課税参加の年齢でもあり、有無を言わされず人々は自分の老齢を認識するのである。

♣ 50 歳 は言うまでもなく 更年期 … 以後、人々は遺伝子を子孫に伝えることのない老年期に入る。半世紀前まで、「定年」は 50 歳・ 55 歳・ 60 歳 などといろいろで、更年期とは人生の終焉(しゅうえん)期でもあった。

♣ 60 歳 は還暦、つまり年齢の干支(えと)暦がご破算になって、人は 「ゼロ歳」 から再出発、赤座布団の上で赤烏帽子(あかえぼし)をかぶってお祝いを受けたものだ。しかし今の 60 歳 該当者はこの儀式の 「老人臭」 を嫌うようになった。

♣ 65 歳 は、戦後 WHO(世界保健機構)がこの齢を「老人」と提言し、以後世界的に 65 歳 が老人として認識されるようになった。今でこそ 「65 歳 の意味」 を人々は忘れているが、老人福祉が考慮され始めた 1960 年 (S35年) には、平均寿命 (死ぬ歳) は 男 65 歳・ 女72 歳 であった。これなら、老人の定義が 65 歳 であっても抵抗なく受け入れられただろう。

♣ しかし現在の平均寿命は 男 81歳・ 女87歳 であり、このことを踏まえれば、老人の定義を少なくとも 「80 歳」 としても良いかも知れない。

新老人は75歳から

2. 身体: 65 歳 に比べ 75 歳 では新聞を読む視力はたいてい老眼鏡を必要とし、テレビの聴力は落ち、残っている歯の数(残歯)は 20 本 から 13 本 に減る。体力の総本山とみなされる血中のタンパク質(アルブミン) 図1 でご覧のように、年齢と共に歴然と低下するので、あなたが腕をまくってどんなに頑張っても 「齢には勝てない ! 」 。

♣ 70 歳代 では 脳卒中・ 癌 は全年齢中の最大頻度を記録するし、驚くことにパール特養では大腿骨の骨頭骨折が 70 歳代 で 10 % に及んでいる。以前はゼロであった認知症が新顔として加わり、毎年の 全国民の死亡率は 70 歳代 に入ると以後コンスタントに 3.3 % となる(屈折年齢)1) ――以上のように、75 歳 を老人の始まりと考えることには十分な根拠があるのだ。

3.定年: 歳をとるのだから身体的な 「老い」 は、やむを得ないが、社会的にも大きな変化があって、なかんずく「定年年齢」に関心が集まる。日本では「給料の年齢累進加算」が行われるため、能率の悪い高齢職員が全体の給与体系を崩すと言われる。このため、厳しい定年制度が設けられているが、高齢者が著しく増えた現在、まだ働ける有能な高齢者までが社会の生産系からはずされてしまえば、社会の活性は著しく低下してしまう。このことを 「馬齢と福祉」 2 ) や 「今昔の念」 3 ) 、「理想の長寿と問題点」 4 ) で検討したところである。

4. 年金: また「年金」についても直接に関係が深い。現在は 60 歳 から割引年金が、65 歳 から正規の年金がスタートする制度であるが、もし定年が 75 歳 に設定されれば年金支給も自動的に遅くなるのか?それが人々の最大の関心事ではなかろうか?早い話、10 年 長く労働し、年金支給が 10 年 遅れるのであれば 「踏んだり蹴ったり」 であって、誰 しも「老人 75 歳 」に賛成しないだろう。

♣ また現在でも、一旦定年辞職したあとの 「定年延長」 が工夫されているが、多くは “減額待遇” であって、労働意欲が削がれている。そもそも先進諸外国では 「年齢による定年は禁止」されていて、年齢に拘わらない「貢献度に応じた給与体系」であるという。日本も給与体系を調整し直すことが検討されているが、戦後 7 0年 の総改革は困難を極めるらしい。

5. 介護: 他方、介護の世界における影響はどうであろうか?現在は「1号 保険者」の 65 歳以上 だけが介護保険の給付を受けられるが、もし「老人 75 歳 」が始まれば、給付は 10 年 遅滞 し、介護課税期間が 10 年 延長するのだろうか?

♣ 75 歳 老人案が受け入れられるためには、“長く働くほど個人も社会も得をするような制度” にすることが成功の鍵となるだろう。「老人よ、大志を抱け ! 」 という掛け声もあるが、疑心暗鬼を拭い去る政策が大事だと思う。あなたのご意見を求める。1984字

要約: 老人の定義を、65 歳 から 75 歳 へ移すことが 日本老年学会より提案された。 老人という呼称の歴史的経過、並びに心身状況の裏付けを復習し、「定年と年金」 に及ぼす影響を検討した。 老人 75 歳案 が受け入れられるためには、「長く働くことが個人と社会に得になるような制度」を作る事が必須であろう。

参考: 1) 新谷:「屈折年齢と福祉」;福祉における安全管理 # 579, 2016. 2) 新谷:「今昔の念」、ibido # 607, 2017. 3) 新谷:「馬齢と福祉」、ibido # 593, 2016. 4) 新谷:「理想の長寿と問題点」、ibido # 608, 2017.

職員の声:

声1: もし 75 歳 を老人とすれば、男の平均寿命は 81 歳 だから「老人の期間」は たった 6 年 のみとなって不自然ではないか?年金はいつから?(答: 半世紀前 (1960年) 老人福祉問題が始まった頃、老人率は 5 % (今 28 %)、平均寿命は 男 65.3 歳 (今 81歳)、年金支給は 65 歳 始まり … つまり、男の約半数は老人と呼ばれる前に死亡・ 年金は未受給だった――まったく、今昔の念に耐えない ! )。

声2: 新老人 75 歳制 に私は賛成、体力も気力も漲っている … だから社会貢献度の高い 新 75 歳 老人 が決して個人と国の 「損にならないように」 誘導して頂きたい(答: きっと “同一労働・ 同一賃金” の時代になっているだろう)。

声3: 私も賛成だ … だが、65 ~ 75 歳 の 10 年間 の労働で「職場確保を国策」として頂きたい … 年金?そんなものより働いて賃金を頂いた方が得です ! (答: 年金から個人賃金分を差し引く、なんてセコイことがなければ、年寄りは いそいそと働くだろう)。

声4 : 今、60 歳 になると 「非常勤」 に分類され、65 歳 で 「高齢者」 として扱われるのは悲しい ! まだ何でも出来る力があるのに 「年寄り扱い」 は何とかして ! (答: 出来る人と出来ない人をミソクソにするのは不公正であり、必ず是正されます ! )。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR