(626--2) 加 齢 と 老 後 の 今 後

(626—2) 加齢と老後の今後 (その 2)  

 → 今回の掲載は 5 月 17 日 の # 626 品質会議 の文章と同じである。たまたま、同じものを 2 度 聞きたいとの声が上がったのである。今回は本文を省略し、( 626 -- 2 ) として、「職員の声」のみを提示する。同じ講演ではあるものの、職員の声はやや調子が異なっていた。

職員の声

声1: 動物は寿命が来て ピンコロ で逝くが、人は更年期後 衰えながら「老化」し、ジワリジワリと 50 年 かけて逝く … 私の仕事は、人々が求めるジワコロの助け人である(答: 高齢者福祉はすべて 「ジワコロ関連業」 であり 延命を至高目的 とする … ピンコロを望む声も少なくないが、それは 「偽りの矛盾」 である)。

声2: 人間は「老後」を獲得し、幸せになったのか・不幸せか?(答: 本人に尋ねると、“高齢が幸せ” との返事はまず無い ―― しかし、85 歳 を越えれば認知症の合併例が半数を越えてくるので、幸・不幸のような “抽象的な概念” を尋ねても真偽のほどは不明とすべきか?)。

声3: 日本人は 「老化」 を人類初めての社会現象として経験しているのか?(答: そうだと思う … その上 二千年も昔の時代錯誤・ 儒教 (じゅきょう) の教え(孝行)でその経験を乗り切ろうとするから、社会的な大混乱 に見舞われている)。

声4: 「永く生きていたければ、永く産みなさい ! 」 とのことだが、4 人 家族のうち 1人 だけが働くシステムの日本、そんなにたくさんは産めないよ(答: 「子無しの楽な老齢願望」は昔からあったが、昔の長生きは還暦( 60 歳)程度; 今の長生きは子孫を産まずして 百歳願望 、その上 生活は 「他力本願」 ―― それって気楽だけれど、生命の 「退化 と 淘汰」 のコースそのもだろう?)。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR