FC2ブログ

(108) クオ ワディス の矛盾

  (108) クオ・ワディス の矛盾 

「クオ・ワディス」とは、ポーランドの作家・シンケビッチが書いた小説の名前です。大作であるため、私は「粗筋」くらいしか覚えていませんが . . . ローマで弾圧され殺される信者たちを見捨てて、ローマに背を向け逃走中の使徒ペテロ、ふと目の前にキリストの姿を見、「主よ、いずこに行かれるのですか?」(= クオ・ワディス・ドミネ? )と尋ね、自分の「いくじない心」を反省する有様を思い出します。今日は、「クオ・ワディス」と、過去50年間に二度あった緑革命」とを考えます。緑革命とは、赤い革命と異なり、政治革命ではなく、農業革命です。

♣ 200年まえ、イギリスの経済学者トーマス・マルサスが有名な法則を導きました:人間の数は「等比級数的」に増えようとするが、食糧の増産は「等差級数的」にしか増えない、というものです。つまり、ほっておけば、人間はネズミ算のように増えるが、食糧補給がそれを制限する、のです。200年まえのイギリスでは、農地開拓を追い越しての「子沢山」であり、この状態は以後、世界中で150年間も続き、戦乱の源でした。ところが50年まえ(1960年ころ)、第一次「緑革命」 1) が起こりました。それは農業生産に ① 農業科学の成果である雑種で強いタネを用いる、② 肥料・給水・殺虫剤を工夫する、というものでした。これで世界の食糧は3倍に増えた と言われます。世界人口も10 億から30億の3倍に増えました。でも世界の空腹な人々も3倍に増えたのです。

♣ 20年まえ、こんどは第二次「緑革命」が起こりました。その原理は「遺伝子改良」にありました。荒れた土地、乾いた土地、人手の足らない土地 . . . で、みごとに2倍の食糧増産ができました。今、私たちが食べている穀物の相当量は遺伝子改良によるものです。このお蔭で、世界の人口は30億人から60億人に増えました。ありがたいことです。でも、世界で空腹な人口も、ますます増え続けています。だから、次には「第三次の緑革命」が期待され、その結果、人口は90億人が予想されています 2) 。しかし、これで、いいのでしょうか? 有限の地球の土地、次の緑革命が果たして可能なのでしょうか? ここで人々は、初めて 自分たちが正しい望みを立てているのかどうか を、考え始めたのです。それは地球環境(エコ)から来た悩みです。これぞ 現代版の「クオ・ワディス・ポプリ?」( = 人々よ、どこに行くのですか? )です。

日本だけ を見ましょう。明治維新までは、緑革命がなかったので、日本の人口は3000万人で、ずっと頭打ちでした。その後「産めよ、増やせよ」の国策とともに、6000万人まで増え、1940年には朝鮮・台湾・樺太の人口を含めて1億人になりました。戦後、日本の人口は、元の6000万人に戻り、その後の繁栄によって今、1億2000万人です。日本の問題は、人数そのものではなく、その年齢構成にあります。赤ちゃんの数は思うように増えず、他方、お年寄りは遺伝子年齢の2倍もの長生き!! それは日本のGDPが世界第二位の大金持ちだったからこそ可能でした。

♣ 私たちは、この事実に背を向けてはいけません。でも、これからは 赤ちゃんは減るし、お年寄りは増えます;だって これが多くの人々の希望の結果だからです。この現実を前提にした「90億人の地球の福祉」を建設せねばなりません。だから、これからも「クオ・ワディス の矛盾」( =人々よ、今後どうするつもりですか?)という質問は続くと思われます。私たちは 過去を礼賛するだけでなく、 「明日の日本の福祉の骨組」をしっかりと考える義務があります。

参考 : 1) The end of plenty, by Joel K. Bourne, Jr. in National Geographic, June 26~59, 2009. 2) There will soon be seven billion people on the planet, by Robert Kunzig in National Geographic, January 32~69, 2011.

職員の声

声1: 50年前に「第一次農業革命」が起こり、食糧は3倍に増え、人口も飢餓者も3倍に増えた;20年前に「第二次農業革命」が起こり、食糧はさらに2倍増えたが、人口も2倍増え、あわせて地球の人口と飢餓者は60億人となった;次の「第三次農業革命」はまだ不明だけれど 人口は90億人が想定されている;人間たちよ、君たちはどこに行くのか?係り:それが今日の安全管理の趣旨でしたね)。

声2: クオ・ワディスの矛盾 を初めて知りました;空腹にあえぐ人たちを救うための農業革命、食糧が増えれば、空腹の人はもっと増える?;なぜですか、不思議でなりません。

声3: 緑革命の所期の目的は「空腹の人を助けるため」だったのでしょう?でも結果的に人口が増え、空腹な人はさらに増えました;これでは、いつまでもたっても「イタチゴッコ」です;人は賢く学ぶべきです(係り:先進国は学び過ぎて 逆に「少子化」で苦しんでいます)。

声4: 私は第一次と第二次の緑革命の間に生まれました;緑革命がなかったら 生まれていなかったかも知れず、緑革命に感謝しています。

声5: 戦後、日本の人口爆発を抑制するために、アメリカからサンガー夫人が来て受胎調節の指導を行いました;団塊の時代の人口は最高一年に260万人、今では110万人で収まっています。

声6: 人口が増えるのは平和の証拠、一人ひとりが未来を発展させていけます(係り:でも、人口が増えている地域は 戦争・飢饉・小児労働の国だけで、平和な国は人口減少です)。

声7: 「人間よ、今後どうするつもりか?」と しっかり問わねばならず、それって 難しいなあ!(係り:貧乏人の子沢山を防止、他方 DINKSも防ぎましょう(=Double Income No Kids . . . 二人稼ぎで子供なし)。

プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR