(114) 注意・苦労とケア

  (114) 注意・苦労とケア   

  総理大臣殿たちは 最近の日本の状態を「100年に一度の不況」とおっしゃいますが、私は何だか彼らがサバを読んでる気がしてなりません。日本の騒乱・不況と言えば、まず第一に「明治維新:1868年」、第二に「ピカドン:1945年」、そして「昨今:2010年」を考えるべきでしょう。これら三つの年の間隔は 77年、 65年 です。100年たっていないではないですか !! やっぱり、彼らはかなりのサバを読み、不況を誇張していました !

♣ 不況は多くの人の失業・住居や食物の問題をもたらします。言い方を変えれば、多くの「不幸」を生み出します。不幸な人々は、ただ自分たちに注意を向けてくれる政治家や国民指導者を期待するでしょう。そこで「あなたはどのように苦しんでいますか?」と 注意力を働かす能力は私たち職員にとって大事な資質です。つまり、注意とは、ケア(care = 注意する)と同義ではないか、と気付きます。ケアをする医師・看護師・福祉家は“注意力”を働かせる人たちなのであり、それゆえに尊敬を集めます。

♣ 「私、田中さんのケアに出かけます」などの会話はパールでよく聞かれます。この場合の「ケア」は何でしょう? そこで“ケア= care”を辞書で引いてみると、大きく二つの意味がありました。 ① 気にかけること(= 注意・保護: 彼は病院にかかるべきだ = He requires hospital care. 赤ちゃんを見ていてください = Take care of the baby)。 ② 気にかかること(= 心配・苦労: 苦労のない人はいない = Few people are free of care.)。皆さん方が「ケア」という場合、①ですか?それとも②?

♣ 英語を使わなくても日本語には「介護」という言葉があるではないか ! とおっしゃる向きもあります。辞書を引いてみてください。昭和50年(1975年)出版の辞書には、「介護」と言う項目はありません(昭和57年以後の辞書には出ています)。すなわち「介護」とは厚生省が近年作って、生まれて間もない「新語」だと分かります。英語では千年前も今も使っている“ケア“。なぜ、それを 難しい文字の「介護」と新訳したのでしょうか?

♣ 「介」とは文字の図柄から「人が二つのものの間に入って、仲立ちをすることを表します。そこから「はさまる」「たすける」という意味が現れます(介助・介在・介入・介抱など)。まさに上記の ① に相当しますね。日本は明治時代から造語の名人揃いでした。江戸に無く明治で造語した例は:ヘルプ(援助)、サービス(奉仕)、ナース(看護)、ワーク(労働)、など、主に二字熟語を大量に生産しました。最近 造語されたケア(介護)は「介助+看護」を念頭に置いたものでしょう。しかし、これら官僚発の翻訳語は 意味が官僚通達事項に限定され、私らは本来の意味を象徴するカタカナ文字のほうが使いやすいですね。たとえば:「私、田中さんのケアに行ってきます = 私、田中さんの介護に行ってきます 」. . . どっちが気安いでしょう?

♣ かくして「心配・苦労・お世話」は、片仮名で同じ言葉 = 「ケア」が語源 だと理解されます。「ケア」や「サービス」は短い言葉であり、含みの多い言葉であるため、フランス・ドイツ・スエーデンでも「ケア・サービス」という英語は そのまま使われます。

♣ 介護という文字は「注意と苦労」そして「尊敬」を表わす;なるほど、今日は 一つ 賢くなりました。

職員の声

声1: 介護という言葉は昔からあったと思っていましたが、実は「新語」なのですね;「ケア = 介護・注意・苦労」の意味をしっかり理解しました。

声2: 昔は、老人の具合が悪くなれば「家で看る」というコトバを使っていたと思います;報酬を頂くようになって「ケア」が使われるようになったのでしょうか?「ケア」には人と人の「ぬくもり・触れ合い」の意味が含まれています。

声3: 注意力を働かせてする労働、これがケアワークなのですね;注意力と思いやり は私たちの宝です。

声4: 介護=注意=苦労=尊敬、本当にその通りで、ケアはパールの魂だと思います。

声5: 私の家内は、ヘルパー2級とお手伝いさんの違い が分かりませんでした;ヘルパー2級は「所定の勉強を実習」を重ね、ケアの意味が体で分かる人です。

声6: 私は どんな名前をつけてもらってもかまいません;ただ「愛と真心」だけを持っていないと、ご利用者にすぐ見透かされてしまいます。

声7: 国が決めた「ヘルパー」という名称より、パールが使う“Care-work”(ケアワーク)のほうがずっと馴染みやすい言葉です。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR