(138) 良い ガラパゴス

  (138) 良いガラパゴス     

ガラパゴスについて ご存じない方にお知らせします。ガラパゴスとは、スペイン語で「」の意味で、ある諸島の名前です。南米、エクアドルという国の所領で、本領より 1,000kmも西側に行った 赤道直下の太平洋上にあります。日本からは、イギリスへの距離の2倍も遠いところです。

♣ 進化論で有名なチャールズ・ダーウィンが イギリス海軍の観測船ビーグル号に乗って1831~36年に訪れ、人間くらいの大きさの巨大な亀を観察し、ガラパゴス(亀)の名前が付きました。この島が有名な理由は、その生態系が地球の他の場所と著しく違うからです。たとえば、陸で住む巨大な亀、陸と海に住むイグアナ(オオトカゲ)、いろんな形のくちばしを持つ小鳥フィンチなどです。地球の他の場所と違う理由は 地理的に他の地域と生命の交流がなく、独特な生態系が発達したこと です。ダーウィンはガラパゴス島での印象により「生命の進化論」のアイディアを得たと言われています。

♣ 最近、「ガラパゴス業界」と言う名前をよく聞きます。つまり、これは主に日本をガラパゴスにたとえた表現で、外の世界とは独立して発展した文化・物産を指します。遠くは徳川時代の「鎖国令」;これにより、国内の治安は安定しましたが、社会の進歩は世界より300年 遅れ、明治維新で危ない綱渡りをしました。昨今で言われるガラパゴスは ものすごい機能をもった「i - mode携帯電話」です。つまり、「ガラパゴス化」とは日本の企業の技術やサービスが 独自な進化を遂げた結果、世界標準とは別なものになった」という現象を指します。このため、輸出に向かず、気がついたときには、日本は世界標準から大きく取り残されてしまいました。

♣ 社会活動の中には、独占せざるを得ないものがあります:たとえば、司法・立法・行政・警察・軍隊などです。これらは日本国民でなければ従事できない仕事ですね。国民の不満を買ったとしても、外国から良い物を取り寄せ入れ替えることができません。そういう独占組織の人は お高くとまり、横平になりがちで、「悪いガラパゴス」になりやすい。

医療ではどうでしょうか? アメリカの良い病院では 患者さんの4割が外国から訪れます。しかし日本の医療では 外国の患者さんを国内にお呼びすることが絶望的でした。ところが、医療サービスにも「国際病院評価機構—JCI」というものができ、先年 千葉県鴨川市の亀田総合病院が国内で初めて「国際認証」を取得しました。これで観光客の日本来訪のように、外国から患者さんを受け取り、治療してお返しするシステムが整いました。医療は独占業態から世界へ解放する時代に突入し、悪いガラパゴスからの突破口が見つかりました

福祉の世界ではどうでしょうか? 日本の福祉も予算の貧困により、悪いガラパゴス化しがちですが、近年、インドネシアから福祉職員が日本で働くべく導入され、門戸が開かれました。先年には韓国からパールへ調査団が訪れましたし(韓国は日本のように介護福祉を始めましたが、より良くするためにウズウズしています)、また、厚労省のご紹介でドイツから 同じく調査団がパールに やって来ました。ドイツでは、隣り合う諸国の出稼ぎ労働者がドイツの介護市場を仕事場とし、逼迫(ひっぱく)したドイツのガラパゴス福祉を立て直したいと言っていました。

♣ こうしてガラパゴスの諸業界は、世界の潮流の乗って「門戸開放・相互交流」の波で洗われ始めました。ガラパゴス自身は、進化のためには良いことなのですが、門戸開放されたときに つまずきやすく、「悪いガラパゴス」には警戒が必要です。医療・福祉の世界は、ほって置くと「悪いガラパゴス」 唯我独尊ゆいがどくそん)になりがちです。パールは きっと独創性のある情報の発信基地になる道をたどり、「良いガラパゴス」と言われるようになることを願っています。ブロッグ発信も その一環であります。

職員の声

声1:ガラパゴス現象」って 良くない事なのですか?(係り:世界を相手に貿易・交流を進めようとすれば、ハンディになります;情報産業で日本は後れを取りました)。

声2: 各国の風俗・習慣は「ガラパゴス現象」こそ望ましいのでは?(係り:日本の和服姿やアルプスのホルン吹き楽隊などの観光・文化などは「ガラパゴス」とは言いません;独自の歴史の姿は残したいですね)。

声3: 日本企業がガラパゴス化に危機感を持たなかったのは、世界標準に満足しない日本のユーザーのみを相手として十分やっていけたため、という考えもあります(パラダイス鎖国);パチンコ・発泡酒・軽自動車などや、英語の教え方・健康保険の診療など)。

声4: パールはナゼ 韓国やドイツと交流されているのですか?(係り:厚労省や他の団体理事たちがご紹介下さるのです;パールは施設介護だけでなく、在宅介護・配食・イベントなどを行い 地域福祉にも励んでいるからかも知れません;私たちの励みにもなっています)。

声5: 「良いガラパゴス」とは、他国が欲しがる「世界標準」のことですか?(係り:ガラパゴスは そもそも隔絶した場所であり、それがい「良い」といえば「矛盾」ですよね;でも日本は「コンパクト・ディスク」や「ウオークマン」でヒットを飛ばしました;テレビでご覧のように、世界中のカメラで過酷な任務を全うしているのは 日本の誇る「Canon」です!! 「福祉」には まだ「世界基準」はありません。そこで、パールは「良いガラパゴス」になるべく、努力を積み重ねて世界基準に近づいて行きたいと念じています)。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR