FC2ブログ

(147) 洗濯の失敗

  (147) 洗濯の失敗  

 今からお話することは「常識の問題」であって、わざわざ論じる事ではありません。と言うのも、洗濯の失敗の報告を聞き、ただあきれ返るから です。今から何人かの人に聞きますので、その人は立ち上がって、私の質問に答えて下さい。

♣ 質問の内容は次のものです:① 布地の区別による注意、② 色物布地の注意、③ ポケットにちり紙が入っていたら? ④ パンツの中に 汚れたオムツが入っていたら? 職員が男の子だからといって、洗濯に無関心は許せません。経験豊かな人たちの失敗談もご披露します。

職員の声

声1: まず布地の目視確認をしますが、そのほか、衣服には「洗濯の仕方」が縫い付けてあるものもあるので、必ず読んで確認します。

声2: たった一つの色物の服を混ぜただけで、全部の洗濯ものに赤色が移った失敗を経験しました、恥じています(係り:漂白剤をうかつに使うとひどい目に遭います)。

声3: 私は「手帳や腕時計」を洗濯したことがあり、経験不足を嘆きました;以後ポケットを改める習慣を付けました(係り:ティッシュや紙類は ちぎれて水道の穴を詰まらせる危険があります)。

声4: 在宅ケアの場合、すでにご利用者が洗濯ものを入れて、準備完了の事がありますが、私は一度 全部を取りだして、布地・ポケットなどを確認した上で、洗濯を始めます;だってお洗濯は“結果責任”ですから。

声5: 自宅で自分の衣服を洗濯するのとは違い、「まず物を確かめよう」と緊張して選別します、一瞬の気の緩みが失敗につながります(係り:病院やホテルの洗濯場では、ほとんど信じられないモノが洗濯場に運び込まれる、と聞きます;分からないことがあったら、すぐ誰かに確認することを忘れないように)。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR