FC2ブログ

(148) ホウレンソウ

   (148) ホウレンソウ  

 「ホウレンソウ」とは「報告・連絡・相談」のニックネームです。社会福祉法人パールは官僚組織とは異なり、所属する職員の全部が均質な情報に接する必要のある福祉組織です。そのための、全員の出席を求める「品質会議・ケアカンファ」を定期的に催し、情報開示の徹底を期しています(品質会議は毎月第1・3週の火曜日、ケアカンファは第2・4週の火曜日、それぞれ 5:30 p.m.~6:30 p.m.)。

♣ そこで、職員各自が日々発生する情報の「ホウレンソウ」をして頂かねばなりません。それらに基づいて、私たちはご利用者に日々の良質な奉仕・対応ができるのです。また、ホウレンソウをしないで、自分の「責任分限を越えた行動」は慎んで下さい。トラブルの元になるからです。

♣「報告」についてコメント致します。あなたが もし誰にも報告しなかったら、ご利用者からの 相談・依頼・クレームなどに際して パール当局は その対応に苦慮するでしょう。あらかじめ あなたからの「報告」があってこそ 事態によりよい対応が可能となります。あなたの職責に応じて、上司・同僚などに報告することを忘れないで下さい

♣ 「連絡」について申し上げます。パールの多くのご利用者はパール内の複数のサービスを利用なさいます(例:デイ・サービス ⇔ 在宅サービス ⇔ 配食サービスなど)。したがって 部署ごとの連絡がうまくできていないと、不必要なことをしたり、必要なことができていなかったりで、ご利用者に迷惑がかかります。そこで「連絡」をマメに行いましょう

♣ 最期に「相談」についてのコメントです。あなたが自分で決めることが できても、できなくても、関係する人々が多くある場合、キチンと「相談」をする習慣をつけて下さい。人へのサービスとは、案外にデリケートなものです。善意があっても、自分だけの意思で行動することは避けて下さい。人とコミュニケーションができる職員は 成長が早いです。よい相談ができる仲間とは良い仕事ができます。

♣ このように「ホウレンソウ」を確実に行えば、あなたは頼りがいのある立派なワーカーになれるでしょう。

職員の声  

声1:情報交換の出来る人は仕事の能率もよい」との話に感銘を受けました(係り:職員たちがホウレンソウを実行している風景を目の当たりにしたでしょう?微笑ましいですね?)。

声2: 新人が入ってきて、この重要性を改めて学んでいます(係り:私たちも昔は新人でした;新人は 当たり前のことながら、 「私」と「仲間」と「お客」の関係になじんでいませんから、余計にホウレンソウが大事ですよね)。

声3: 仕事ぶりとホウレンソウは関連性がある と聞き、“なるほどなー” と納得です(係り:独断専行の人は 有能であっても、大きく育つことはできません)

声4: この一年、身にしみてホウレンソウの大事さを実感しています。

声5: 相談し、意見を話し合える環境を作って行きたい(係り:日本の社会は“根回しの社会”とも言われます。しかし“相談”と“根回し”は はっきりと違います先輩や同輩の意見を求め、大きく育ちましょう)。
 
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR