FC2ブログ

(169) 茹で(ゆで)蛙

  (169) 茹で蛙 (ゆでがえる)  

  日本は少子高齢化の社会に突入しつつあります。

♣ この厳しい時代に生き残って行けるのは、一体どのような組織なのでしょうか? それは、経営品質の高い、卓越した仕組みを持った企業だと言われています。今後の企業の成否を判断するうえで、「成功の3C」を紹介します。

♣ その前に、失敗する企業の共通要因として有名な「失敗の3C」を見ます。失敗の3Cは、20年ほど前、クリーブランド大学のロバート・ハートレー教授の提唱によるもので:① 自己満足(complacency)、② 保守主義(conservatism)、③ 思い上がり(conceit)が挙げられます。私たちの日々の行動は「良くなる」ことと同時に「失敗しない」ことが重要であり、失敗の中で 一番「悔しいのは茹で蛙」ではないか、と思います。そこで、今日のお話は「茹で蛙」に焦点を当ててみました。

♣ ① の自己満足とは:「自分はできている、キチンとやっている」という意識です。これはとても大事な意識ですが、あなたは「変化に鈍感」になっていませんか? 問題に無関心になり、対策を講じていないのでは?ここで「茹で蛙」の寓話(ぐうわ)をお話しします。これは欧米での古典的な警句ですが、蛙を暑いお湯のなかに放り込むと、ビックリして飛びだします。ところが、蛙を水にいれ、下から弱火でジワジワと暖めて行った場合、蛙は暑さに気付くことなく、やがて茹であがって参ってしまう、というものです。例えは悪いけれど、今の福島原発の放射能事件は「茹で蛙」状態とも言えるでしょう。

♣ ② 保守主義:「生き残る」ということは、ダーウィンの進化論ではありませんが、私たちが環境の変化に対応できている、ということに他なりません。その「変化」に気付かなくて、「今まで十分やってきたのに、何で今 変えるのかよぅ?. . .」 と「井の中の蛙」を演じていると、失敗はもう目の前です。

♣ ③ 思いあがり:「ワシらが業界一番だ、問題があっても気にするほどのものではない . . .」、これを習慣としていると、ハッと気付いたときには、予想もしなかった後発企業にやられ、修正が効かないことがあります。以上が「失敗の3C」です。人類の歴史を見ると、長く続く王朝はない、多くは滅びる。会社の組織も同じです、どんな時に滅び始めるか?――それは、職員が集まったとき、人事の話、給料の話、そして派閥の抗争が芽生えた時だそうです。組織は外部の敵に負けるのではなく、内部から腐っていって崩壊すると言います。

♣ 以上が「失敗の3C」でした。では「成功の3C」は何だろう?それは ① 顧客(customer)、② 競争(competition)、③ 変化(change)です(同上のハートレー教授)。話がここまで来ると、もう ほとんど個別の説明を必要としませんね。顧客は一番。二番は競争、思いあがって“唯我独尊”(うゆいがどくそん)を決してやってはいけません。パールの場合、 「配食」の勢い は目覚ましいですね;① ② ③すべてをクリアしています。三番の「変化」;これはアメリカの大統領選挙で 私がいつも感じる事です:つまり、2代前のクリントン、1代前のブッシュ、現在のオバマ、全部「チェーンジ ! + 前進 ! 」を標語にして戦い、勝利しています。ヒトというものは、 「保守」で安心の心を養い、「変化」で好奇心の目を将来に向ける動物のようです。

♣ いずれにせよ、パールの各職域のリーダーさんたち、果たすべき役割は大きいですね。とくに「茹で蛙」にならないように頑張りましょう。

職員の声

声1: 私は「茹で蛙」なんて 初めて聞きます係り:誰もこのような実験をしたヒトはいないでしょうが、言わんとするところは分かりますよね。仕事内容の変化に対応することの重要性・困難性を表わすための寓話です——日本語では“ぬるま湯に浸かる”もありますが、ちょっと内容が違います)。

声2: 私は「3C」なんて知らなかった、共に勉強になりました(係り:失敗の3C(自己満足、保守主義、思い上がり)、成功の3C(顧客、競争、変化)、いずれも 胸にこたえます)。

声3: 私は、まず失敗の3Cをしないように、その次に成功の3Cに挑みます。

声4: パールのエネルギー・健全経営を誇り に思います、パールは生き残れる組織ですね。

声5: パールには「基礎三理念」(尊厳・個性・相互の思いやり)がありますが、これに「成功の3C」が加わり、万全だな、と思いました(係り:人生全体にも通用します)。

声6: 私は「サンタ」(使った、良かった、効いた)1) を聴き、「ホウレンソウ2) を思い出し、在宅介護でも“顧客満足・競争・変化”への対応が つくづく大事なことだと感じました。

参考:パールの安全管理 1) # 29 : サンタ。 2) # 148 : ホウレンソウ。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR