FC2ブログ

(171) 井蛙 (せいあ)

 (171) 井蛙(せいあ)  

  セイアとは、井戸の中にいるカエル;見識の狭いこと、また、その人のたとえです。井戸の中に住んでいる蛙 1) には、海のことを話して も分かりません。つまり、自分の狭い知識や考えにとらわれて、他の世界のあることを知らないで、得々(とくとく)としている様を言います。

♣ これに対する反論もありますよ:別にいいじゃん、大海を知らなくたってさ——大洋に出て鯨と一緒に泳ぎたいなんて、全然思いませんて ! → これでは ずいぶん 世界が違いますね . . . 歯車が合いません ! でも 一般的に言えば、人間、あまり閉じこもったまま 非社交的では窒息してしまいます。とくに、セイア によるサービスは、家族的なぬくもりがある半面、個性的になりがちで、人へのサービスを旨とする福祉介護の世界では情報の共有性の意味で落第です。

♣ 何も大洋に出れば?とは勧めませんが、介護は ホウレンソウ(報告・連絡・相談)の世界です 2) 。また、あなたが完全に注意・警戒しているつもりであっても、お年寄りは転倒するものです 3) 。あなたの気持ちを出し抜いて、一番 避けたいと思う事態が発生します 4) いい事が起こるのと並行して 悪いことも起こります 5)

サービスの世界では「どうしよう ! どうしよう ! 」と思うことの連続です。だからこそ 少々歳をとり、 修羅場(しゅらば)の経験のある私が 皆さん方に「安全管理」をお話するのです。ただ 物事を知るだけでなく、心を深く、気持ちを落ちつけて、あなたの世界を広げてみましょう。

  参考:パールの安全管理1) # 10 : 井の中の蛙。 2) # 148 : ホウレンソウ。 3) # 50 : 六つの「べからず」。 4) # 155 : 想定内 と 想定外。 5) # 130 : 介護と科学。

職員の声

声1: 「セイア」と読むとは知りませんでしたが、私はこの言葉が好きになりました。

声2:セイア」とは聞きなれない言葉でしたが、私は心広く生きて行きたいです(係り:パールには意地悪さんはいません;みんなが教えて下さいます)。

声3: パールへの就職で 私は初めて「大洋」に出ました;以前は「箱の中の蛙」でしたが、今は「社会の中の蛙」です(係り:いろんな勉強をします;喜びだけでなく、辛いこともあります)。

声4: ナース本業をしていた時は「白い巨塔の中の蛙」でしたが、今は「福祉の大海の中に住む蛙」です(係り:パールのドクターも 同じ思いを述べておられました)。

声5: 私のパソコン技術は我流でしたが、セイアのお話を聞き、「初心忘れるべからず」を思い出しました;分からない事はキチンと人に尋ね、分からない人には教えたいです。

声6: 私は日々の仕事に追われ、視野が狭くなっていたので、セイアの話に共感しました(係り:毎週催される全体会は、話題も内容も出席の価値がありますよね?こうして、あなたの意見もプリントされ、皆さんの前で 読み上げられます)。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR