FC2ブログ

(184) 蛇口をおみやげ

 (184) 蛇口をおみやげ  

 私が子供のころ聞いた話です:ある大臣が砂漠の国から日本を訪ね旅行し、いたく感激したものを国への「おみやげ」として持ち帰られました。それは「蛇口10個」だったそうです。

♣ 蛇口だけを持ち帰っても、清らかな水は得られませんね。しかし彼は、蛇口を水道事業のシンボルとしたのです。

福祉の仕事も一つの大きなシステムです。情報・受付・サービスなど、蛇口に繋がる もろもろを大切にしましょう。

職員の声

声1: この話、妙に納得 ! 私が小さい頃、蛇口さえあれば 水は自由に出てくる、と思っていた時代があります。

声2: この話、本当だったら面白いし、本当でなくても 理事長の語り口に感心しました。

声3: 水道の蛇口だけを持ち帰っても、水は得られない、大事なことは「協力システム」である と学びました。

声4: 蛇口から出て来るものは 水だけでなく、ジュース・ビール、希望だって出てくる のですか?

声5: 「落語」は日本人の心、それをうまく「蛇口」に見立てた楽しいお話でした;蛇口から たくさんのものが出てくると聞き、ホンワカ暖かい気持ちになりました。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR