FC2ブログ

(190) 音姫の提案

(190) 音姫の提案    

 私たちは「節約」という言葉に「耳タコ」です。

♣ しかし、今回の 3.11 福島原発事件で、「電気の使い過ぎ」は 限りある天然資源の「ムダ使い」であることを頭に刻み込みました。時を同じくして、水道水の使い過ぎ についても「品質会議」で検討の目が向けられました。水は大量の電気消費を伴うからです。

♣ その「提案」はこうでした:― ご存知、女性のトイレの使用パターン まず水のフラッシュ音、ご用、再び水のフラッシュ音。このうち、 ①の水は不要なのではないか?その「理由」:一回の排尿量は 約250cc程度、これを洗い流すために、水を一回 8000cc (8リットル) 用いる。①と③で16リットル ! この16リットルがどのくらいの量であるかは、石油やお米を測る「一斗缶」(18リットル)を頭に浮かべれば想像できるでしょう。中には3回 流す人もあります。

♣ これに対する主な「反論」は:- 人にも依るけれど、女性の「排尿音」は案外に大きく、隣のブースにいる女性、または洗面所の鏡の前に立つ女性の耳に聞こえるのは、まことに 心苦しい。その排尿音を水のフラッシュ音で紛らせるのだから、①はぜひ必要です !! なるほどの理屈です。でも、音消しのためだけに 水8リットルは いかにも「もったいなく」ありませんか?

♣ そこで、「再提案」がありました:- 現在の女性トイレで「音姫 が装備されているのは一個のブースだけです。全部のブースに音姫をつける予算を計上します。誰もが「音姫」を利用して 水を大切に使い、節水に協力しましょう。二度流しをしなければ、女性100人で年間193万円の水道代の節約になります。皆さん方の感想をお聞きします。

    「音姫」とは、ボタンを押すと、排尿音を紛らわせる音量の「音」を出す装置です。

職員の声

声1: 私は「排尿音」を気にもしていませんでしたが(スイマセン ! )、ちゃんとマナーがあったのですね;1回流すのに8リットルも流れるなんて 思いもしませんでした。

声2: 私は排尿音を恥ずかしく思い、「二度流し」をせざるを得なかったのですが、まさか 一斗缶一本もの水を使っていたとは知りませんでした(ゴメンナサイ ! )。

声3: 私は二度流しを「当り前」と思っていました;まさに「湯水のごとく」水を消費していました;反省しています。

声4: 「音姫」を入れて頂いて 本当に安心です;有難うございました ♡ ♡ !

声5: この話、すっごく嬉しい;これでトイレも落ち着き、毎年 193万円の水道代が節約でき、地球にも優しいって 驚きです。

声6: 私(男性)は何の話か分かりません;音姫って何?いまだに不思議です(係り:男性には理解しにくい「排尿音」、女性はデリケートなんですよ ! )。

声7: 男性トイレでも二度流しをする人がいるバッカじゃなかろうか?係り:可愛いステッカーの「しょんべ小僧」が 目の前に張り付けられ“二度流しを防ぎましょう”とささやいています;その後、男性トイレでも二度流しが無くなりました)。

プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR