FC2ブログ

(192) だます~だまされる

 (192) だます ~ だまされる   

 最近 世界がビックリしたという日本のニュースをご存知の方も多いでしょう。それは 今回の東日本大震災の後日談(ごじつだん)です。

津波によって被災地で沢山の「金庫」が流出し、うち 拾って警察に届けられたものは 5000個を越え、中にあった現金は20億円以上あったそうです(11.8.16 毎日)。この事は広く世界にも報道され、特に欧米からの反応は「信じられない ! わが国では あり得ない現象だ !! 」というものでした。確かに “落とした財布が 中味ごと警察に届けられる” という現象は日本独特かも知れませんね。

♣ しかし、逆の場合だって多いのです。二~三 当たってみます:-

 ① 東京のS区の「シルバー・ステーション」という会社が、お年寄りの年金手帳を質にして高利貸しをし、逮捕されました。“だます人が悪い”に決まっていますが、“だまされない”ように、高齢者ケアをする我々職員は “振り込め詐欺”にも目を配らなければなりません。

 ② 何年か前になりますが、忘れられない事件で「池田小学校事件」というのが ありました(疑うことを知らない子供が殺された)。それ以来、日本中の家屋・施設などは戸締りを厳重にするようになったのです。特別養護老人ホーム・パールの建物は 24時間365日、いつでも人の出入りができることを誇りにしていたのですが、この事件以後、「安全会社」と契約を結び 戸締りを厳しく管理するようになり、夜になると、いちいちインタホンで玄関扉の開け閉めの会話です。田舎では、蚊帳を張って寝ている人の姿が、遠目に見ることができる 無防備さが 「古き良き日本の特長」だったのですが、いまや そんなことは“夢”と消えてしまいました。 “性善説”が こうも簡単に否定されるなんて、悔しくてなりません

 ③ ある日本の航空会社は、機体に重大な損傷が何十件もあったことを 国交省に報告せず、営業を続けていました。同じようなトラブル(リコール)があった自動車会社、乳業会社などにもありました。つまり、これには“性悪説”が適用されるのでしょうか?それとも、立派な 意図した“犯罪"なのでしょうか?大きな組織は 安全管理の手抜かりが基で「腐り始める」と言われます。福島原発事件も「想定外 ! 」という 有名な言葉で責任逃れが図られそうです。

④ 逆に、手前みそですが、私たちが前回報告しました「音姫の提案 は、資源節約と年間193万円の経費節約に繋がり、立派な「安全管理」と言えると思います。

♣ 日本は特別に「安全な国」ですが、それでも“だます~だまされる”ことから無縁ではありません。やはり、安全には「常に見守り改善する姿勢」が必要ですね。「生き馬の目を抜く」という諺(ことわざ)は 日本の諺なのです ! 怖いな !!

  参考:  パールの安全管理 # 190 : 音姫の提案。

職員の声

声1: お年寄りが詐欺にあって困る状況がマスコミで頻繁に報じられます;昔のお年寄り は尊重され、だまされることはなかったのでしょうか?(係り:それを証明する統計はありませんが、一つの考えは こうです:百年前には“癌”が少なかった、50年まえには“認知症”がほとんどなかった . . . というのは事実ですが、その裏には、病気の基になる“お年寄り”の数 が少なかった のです——昔の人が今よりも お年寄りに親切だった、とは にわかに言えないと思います)。

声2: お年寄りが なぜ「年金手帳」を担保にするのでしょうか?その理由を知りたいです(係り:お年寄りは簡単に口説き落とされる;それだけの理由です——たぶん 昔も今も)。

声3: ケアする立場で考えるのですが、人を理解するのに「性善説」は無理なのでしょうか?(係り:今日のお話の中にあった“金庫や財布”のように、日本では驚くべく「性善説」が通用します;でも同時に マスコミが報じる詐欺事件も後を絶ちません——現役世代の詐欺は“大人同士の戦争”と理解できますが、お年寄り相手の詐欺は“弱い者いじめ”です、許せません)。

声4: 緩んだ大組織が「腐り始める」という認識を改めて考えました(係り:他国から輸入できない種類の組織は、悪いからといって 他国からよりよい人で取り替えることができず、競争もできず、どうしても横柄になります;民主主義は それをなんとか防ぐ原理なのですが . . . )。

声5: 日本は犯罪大国になって行くのでしょうか?(係り:400年ほど前、石川五右衛門いしかわ ごえもん)という大盗人(ぬすっと)がいて、天下人の豊臣秀吉は彼を捕まえて「釜茹で」の刑に処し、後世の“みせしめ”にしました。ところが、いつまでたっても一向になくならず、「詐欺・泥棒のたぐいは飯の種」と呼ばれるほどです。でも、日本だけが犯罪大国になることは ないでしょう)。

声6: 地域内・国内・国際間などで、だます~だまされる が、美徳であるはずは“ない”と思います(係り:まったく同感 ! 少なくとも“福祉の中”では 安心して働けるようにしましょうね)。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR