FC2ブログ

(212) 常に 飢え 愚かであれ

 (212) 常に 飢え 愚かであれ

 昨日(2011.10.6)は 大変なニュースでいっぱいの日でした —— 見知らぬ 一外国人がこんなに新聞やテレビのトップを占めるような 歴史的な人物であったとは !!

♣ その人の名は スティーブ・ジョッブス 56歳、コンピューターのアップル社の創業者であり、コンピューター界の頂点を極めた偉人でした。彼は 頭記のような「モットー」を残して 昨日 この世を去りました。

♣ いろんな翻訳がありますが、「いつも腹が減って馬鹿であれ ! 」では 良い日本語ではありませんね。彼は これに加えて “Be honest to yourself ! ” (自分に正直であれ!)と付け加えています。文脈の中で適切な意味を探ると私たちは、「いつも 物事に学ぼうとしよう、また かしこぶらずに控えめでいよう」と言いたいようです。座右の銘として、良い言葉ですね。

♣ スティーブは母が大学生の頃に生まれ、養子に出されました。養父母はスティーブを大事に育てましたが、大学の学費を支えるには困難があり、彼は中途退学しました。しかし彼は自分の好きなことに熱中し、カリグラフィー(美しい書法)に魅了され、後々のコンピューターのフォント(文字)の発明に役立ちました。20歳で 友達と一緒に 自宅のガレージで「アップル・コンピューター」を作って売り出し、アッというまにパソコンの王者になりました(ウインドウズはスティーブのアイディアを持ち出したコピーに過ぎないそうです)。ところが 自分が起こした会社であるアップル社の中で揉め事が起こり、30歳のとき、彼は会社から追放されました。雌伏しふく)10年、彼は再びアップル社に呼び戻され、半死状態であったアップル社を覚醒させ、現在のiPADなどの製品で 世界一の知名度と資産を誇る有名なアップル社を創り上げました。

♣ 日本の孫正義さんは彼を中世イタリアの名匠「レオナルド・ダ・ビンチ」になぞらえます。つまり彼は 数学・物理・工学を背景にした「ものづくりの才能」に長けていただけでなく、高度な独創性・後輩育成・会社の経営能力にすぐれていたからです。① だけなら、または ② だけなら、世の中に うようよ いますよね。しかし、一人の人が①と②を兼ね揃えていることは極めて稀(まれ)、まったくダビンチ以来の誉れでしょう。(ご存知、ダビンチは 15世紀のイタリアのルネサンス期を代表する芸術家で、万能人などと呼ばれていました)。

♣ 私はスティーブが会社から追放されていた30歳からの10年間に注目します;なぜって、彼は彼なりに絶望的な日々を送ったそうですが、その10年間を無駄にしなかった;自分の天職を愛していた彼は ゼロから再出発し、コンピューターのアイディアを練り、世界初のアニメーション・スタジオを創設、これによってアップルに呼び戻されたのです。彼は貧乏でしたが、貧乏と雌伏(しふく)は違います;雌伏とは「実力を養いながら 次の活躍の機会をじっと待つこと」です。この雌伏によって、彼は八千億円の資産と世界的な名声を博しました、すごいことで、 誰にでもできることではありません。

♣ そこで私はパールと自分、そして みんなの事を考えます。スティーブとパールは「月とスッポン」、とても比較はできませんが、規模は小さいながら、「常に 飢え 愚かで 自分に正直であれ ! 」という姿勢については、方向性がおんなじだ、と思いました。別な言葉で言えば「熱心で 人への思いやりに満ち 根気よく生きる」ということ。

♣ 八千億円なんて夢の外ですが、控えめに明日への夢を託す、という生き方は正しいことなのだ、と思っています。”Stay hungry; stay foolish; be honest to yourself ! ”—— 教訓的なモットーでした。

職員の声

声1: アップル社のスティーブ・ジョッブズ氏、彼は30歳にして 自分の作った会社からクビにされた——その引き際が見事だった;さらに10年後 もとの会社に帰り咲いた;つぎの引き際は56歳にして みまかった——またしても引き際が見事だった(係り:たいていの場合、うんと もめますよね——日本にも例があるし)。

声2: 雌伏しふく)とは、失意の不遇の中でも勇気を失わず、次の活躍の機会を待ちながら 実力を蓄えることです;めげず 夢を持つって 難しいことです。

声3:好きこそ 物の上手なれ」の例えで、何かに集中・開拓・達成することは尊敬に値する;私はクビになると彼のように雌伏できるかどうか、めげてしまうかな?

声4: 彼は仕事上のアイディアを4年分ほど蓄積して死んだという;凄いな !

声5 : 常に学ぶ姿勢、創意工夫、成功に甘んじず → 私は松下幸之助さん をイメージしました(係り:日本でもカリスマ社長が死ぬと後が大変ですね)。

声6: この言葉の意味は「見栄を張らずに 自分のありのままを見せよ」と言うことでしょう;ケアでもおなじこと;素()の自分を出すこと、見栄を張らない事の大事さを感じます。

声7: Stay hungry, stay foolish ! とは含蓄(がんちく)のある言葉です;私は「排泄ケア」が苦手です;Stay foolishになり、どんどん挑戦すればよいのですが、頭で分かっていても不安になる;私は“頭でっかち”なでしょうか?係り: ジョッブズ氏は頭でっかち、心もでっかち でした;今一度 彼の写真を見て 彼の笑顔から力を学び取りましょう)。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR