FC2ブログ

(20) 最長寿を維持する

 今日は「数」の話を三つします。まず手始めに「ご先祖の数」から。

♣ あなたはご先祖の数を想像したことがありますか? 個別に数えるのは不可能ですから、計算でやってみましょう。一代上の両親は二人ですから2の1乗= 2。二代上の祖父母は4人(2の2乗=4)。このように計算すると、エヌ (n) 代上のご先祖数は 2のn乗となります。100年のあいだに世代が三つ代わると考えれば、100年前のご先祖数は 2の3乗= 8人、関が原の合戦の頃(400年前)では2の12乗= 4,096人、あなたの体質に関わるご先祖の数はなかなか多いですね。日本の人口は明治以前3千万人を超えませんでした。そこで、あなたのご先祖の数が3千万人だったのは、いつ頃だったでしょう? 計算すると、25代前 =(2の25乗= 33,554,432)で約800年前の源頼朝(みなもとの よりとも)の頃です。あなた一人の命に、日本全国3千万の人たちが関わったのです。隣のあなたにも3千万が関わりました。つまり、我々は混血の肉親同士だ、と言えます。

♣ 次に「年代別の人口」を考えます。少なめに見積もります。人口ピラミッドは、今や三角ではなく、四角形に近いです。日本の人口は1.2億人で平均寿命は80歳とみなしましょう。すると、1歳につき平均150万人の仲間がいると計算されます。たとえば、25歳のあなたの仲間は150万人、26歳のあなたの仲間も150万人といった具合です。多くてビックリしますね。さて、我々は収入を得ていますが、収入は15歳から65歳までの50年間とします( 1.2億人のうち 5千万人とする)。年間給与を平均200万円とみなせば、掛け算:5千万人×200万円 = 100兆円、これを1年で稼ぐことになります。たいしたものです。

♣ 三番目の話題に入ります。先月の敬老の日の統計で、日本人の平均寿命は「頭打ち」となり、アイスランドに世界一を取られてしまいました。日本の年間死亡数は約108万人ですが、そのうち50万人が高齢者の死亡によるとします。高齢者の寿命を一年ほど延ばす費用を推定しましょう。一人が一年を過ごすのに200万円がかかるとすれば、50万人×200万円 = 1兆円!!!

♣ 人が長生きすることは「おめでたいこと」です。しかし、それを一年ほど余分に達成するために、我々は、もっともっと働かなければ、アイスランドに勝てません。

職員の声

声1: 日本の人口は 源頼朝の昔から3000万人程度だったのですか?(係り:人は一人一年に一石(こく = 100升)を食べました、貿易をしなければ3000万人が限度;実際には戦いもあり、“間引き”も行われていたそうです)。

声2: 日本でいま、平均寿命を一年延ばすのに必要なお金は約1兆円!!! ; 高齢者にどこまでお金をかけるかは、私たち一人ひとりの価値観次第ですね。

声3: 「要介護1」の生活費が、一年で約200万円、4大卒の初任給も それくらいです;実際のお年寄りはもっと多くを必要とするでしょう(係り:新卒一人の給料を 全部高齢者お一人に全部注ぎ込んで、トントンですね;新卒が数名いなければ お年寄り一人を維持できません)。

声4: これはなかなかの額ですが、お金のことより、健康で一日も長く生きて欲しいです。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR