FC2ブログ

(233) D N R って何?

 (233) D N R って何? 

 今日は 「DNRのミニ歴史」をお伝えします。DNRとは、英語の “Do not resuscitate”の頭文字をとった言葉で、「蘇生(そせい)禁止」という意味です。

♣ 皆さん方は「復活」という言葉をご存知ですね。イエス・キリストは十字架で処刑されたあと、よみがえりました。それを「復活」(The Resurrection)と言い、それは「罪と死」に対する勝利であり、神の愛による人類の救いの完成という、宗教上の象徴でもあります。

それから二千年後、人類は麻酔術を開発し、人の口から気管の中にカニューレという管を「挿管」(そうかん)することを知りました。それは 外科手術に必須な方法ですが、約30年まえ、手術のためでなく、呼吸停止に至った慢性衰弱患者さんに対して、その術を応用し 命を「蘇生」することを試みました。ナゼ40年まえかって? そのころ、ベットの傍で簡便に使用できる「電気式呼吸器」が開発されたからです。これ以前に蘇生を望んだとすれば、小児麻痺の場合に使う鉄の肺」という大型の装置しかなかったのです。

♣ 蘇生とは、呼吸を助けるだけでなく、胸を圧迫して心臓の働きをも助けます。この行為は「もうじき死ぬはずの人を生き返らせる」わけですから、「蘇生」と呼ばれ、「復活」とは区別されます。蘇生行為を知った人々は、やがてその適応対象を広げるようになりました。つまり、癌の終末期認知症の臨死状態などにも、広く応用され始めたのです1)

生死をせめぎ合う大混乱 ! の30年間がありました。ご家族の気持ちとしては、仮に「臨死」と分かっていても「一分でも一秒でも長く生きていて欲しい」のです。日本には そのための「お金も技術も」ありました。でも 消えゆく命には 呼吸器では救いきれない限度があるのです。

♣ 日本でも近年、諸外国と同様に 正しい答え が認識されています。それが “DNR”です。ご家族と医療者・介護者の間で 正しい「インフォームド・コンセント」(説明と同意)2) を行い、 DNR の可否が願い出られます。「蘇生」は 従来通り、適応のある場合に限って行われますが、適応のない場合には、枕元に “DNR” (蘇生しないで !)というカードを貼っておき、関係者の了解を暗示しておきます——日本語で“分かるように”書いておくと、一般の面会者の気持ちを刺激するから 暗示の言葉 = DNRとします。最期のケアを行うのは「機械ではなく人間」なのです。DNRが厳かに実行される時、静かで温かい人の心によるケアこそ本当に真心のお看取り である、と ご家族にも感じて頂けるようになりました。

♣ 皆さん、今日は ひとつ、物識りになりましたね。

  参考:パールの安全管理  1) # 42 : エホバ ペグ あなた。 2) # 102 : 説明と同意の書。

職員の声

声1: 私は DNR があるなんて、初めて知りました係り:慢性疾患のターミナルの場合、多くの方々が お別れの瞬間を惜しんで悩みます)。

声2: 生命倫理をQOLの問題として考えると、DNRは 大変興味深いことであり、「尊厳死」と同格の問題だと思います。

声3: 「もしかして、奇跡がおこるかも . . .」と願うご家族の気持ちを察すると、DNRは大決断です(係り:ご高齢の方の胸骨圧迫蘇生には肋骨骨折という副作用を見逃せません;また、電気式呼吸器は“自発呼吸”が出ない限り はずすことに 法的問題があります)。

声4: もし延命措置が長時間に及べば、体のあちこちに管類(I.V.H.点滴・導尿・心電図・酸素分析など)が多く付けられ、意識のないまま スパゲッティ状態になると聞きます . . . 見るに耐えられない姿です。

声5: 儀式として延命操作がなされる;そのために 面会のご家族がベットから遠ざけられ、結局、ご家族が 亡くなる方の「死に目」に逢えない;そんな状況を聞くことがあります(係り:DNRがお互いの間に了解されていれば、ご家族は 亡くなる方の手をさすり、「死に目」の傍に居てあげられ、心行くまでお別れのひと時を過ごす ことができます)。

声6: 結局、 「賢さ」を選ぶ 最後のチャンス なのですね(係り:Yes, yes ! )。
 
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR