FC2ブログ

(259) カルシウム ご飯

  (259) カルシウム ご飯 

今日は サプリメントの一種である カルシウムについて パールの整形外科嘱託医であるY先生にお話を伺いました。「カルシウム」入りのご飯を食べると、高齢者の骨そしょう症の防止効果があるのか?というお話です。医学的に、経験的に いかがなものでしょう

☛ <Y先生: - 効果が「あるという説」もあるし、「無いという説」もある。

☛ 「貧血があるか、無いか」の場合でもそうであるが、その人の性・年齢・状態などにより、判定基準は異なる。カルシウムの場合、一日 600mg が必要とされるが、それは成長期や授乳期の人に関する問題であり、80歳や90歳を越えて、はたして数値通りの摂取が必要なのだろうか?一般にご飯にカルシウムを炊き込むのは、数字面すうじづら)を合わせるのに役立つが、お金がかかり、ご飯そのものの味を落とす

☛ 研究によると、カルシウム・サプリメントにより、血中のカルシウムは少し増えるが骨折の頻度は変わらない。だって、骨折の原因は 年齢と「造骨細胞・破骨細胞のアンバランス」によるのであり、血中濃度に依存するわけではない。ちなみに、整形外科ではカルシウムの摂取について、血中濃度の指導をすることはない

♣ 私はY先生に、カルシウム以外のもの、たとえば「貧血(鉄分)、血中のたんぱく質であるアルブミン、膝の関節などに不足するといわれる軟骨成分」などについても お訊きしました。先生の基本的お答えは こうです:- 口から入った食品は 胃腸ですべて基本分子に分解されたあとに吸収される。つまり「でんぷん質」はブドウ糖に、「脂肪」は脂肪酸とそのエステルに、「たんぱく質」はアミノ酸に分解されたあと吸収される。その後、肝臓で免疫的に自分自身の蛋白に作り変えられる豚の肉を食べたから あなたの体のどこかが豚の肉になる訳ではない。つまり、あなたが食べたもののうち、あなたの体が必要とするものの基本物質だけが、体に残る。だから 検査で貧血があるからって、鉄剤を飲めば有効という訳ではない 1) 。アルブミンや軟骨成分も、他のサプリメントもすべて 同じ原理が通用する;つまり問題は、あなたの体が それを 必要としているか否かに懸かっている。科学的、と称する広告類も、疑ってかかるべき である。

参考: パールの安全管理 1) # 241 : 70万人からの正常値。

職員の声

声1: パールの厨房では カルシウムご飯を提供していました;計算によるとカルシウムが一日100mgほど余分に摂取されるはずでした(QP カルシウムご飯の素の液剤を使用)。これは牛乳100ccまたは「わかさぎ」5~6尾 摂ることに相当し、便利です。そこで保健所に問い合わせると「なるべく食品として摂るように」との返答でした;今後 再検討します(係り:カルシウムは複合的に摂取すべきでしょう;今 使用中のカルシウム液剤のコストは一ヶ月\6,000、一年で\72,000のコストです。血中のカルシウム測定はしていませんが、パールでの転倒・骨折の頻度は相変わらず です)。

声2: カルシウム添加食と「有効」「無効」の両説があるなど 考えもせず使っていました(係り:声の大きい広告で無駄金を失わないこと ! )。

声3: 私はパールのお米にサプリメントが使われていた、とは初めて知りました。

声4: 食事摂取基準を満たすため、安易にCa補給を考えていましたが、以後、過不足のないよう、副食の中で工夫します。

声5: Caも摂り過ぎると 腎結石などの病気を発生させ、また、サプリメントのCaは骨に取り込まれない、とも聞いています(係り:私の子供の頃、鶏(にわとり)を飼っていた頃の経験ですが、石台の上でサザエの殻を金槌で割ると、何羽もの雌鳥めんどり)が集まりサザエの殻をついばみました;雄鶏おんどり)は寄り付きませんでした:サザエの殻に おいしい「味」があるとは思えませんが、雌鳥にとって 卵を産む必要があるので、Ca補給は本能的に必要なのですね)。

声6: 私は食事時間が不規則なので、いろんな種類のサプリメント(ビタミンとCa)を飲みますが、それらが無効と聞いてショックです(係り:お年寄りや若者のポケットから 一日 100円から200円のお金を、広く、浅く、うまく、抜き取る のが その道の業者の腕前です;取り締まられるほどの害がない限り、自己満足で どうぞ ! ) 2)

  参考: パールの安全管理 2) #240 : 栄養不足を どう補うか? 
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR