FC2ブログ

(293) 高齢者が 社会を救う

(293) 高齢者が 社会を救う? 

少子高齢化」と聞けば、気が重くなります。でも、物事は 広い視野で見つめ直して見ましょう。

♣ この数年、 「日本は人口そのものが減りつつある !」という 危機感を含む論調が盛んです。よくよく考えてみましょう;明治維新から今日まで、日本人口は三千万から一億二千万人(4倍)へ、女性の平均年齢は43歳から90歳へ(+47歳、2倍)、男子の身長は154cmから172cm(+18cm)へ伸び、男の子は昔の家の軒に頭がつかえるようになったのです。暮らしは ロウソクから石油ランプ・電気、続いて冷暖房完備の生活に変わりました。お年寄りにとってみれば、「しゃがみ式」の和風トイレでは 80歳を越えると、日々が苦労の固まりだったでしょうが、今では「ウオッシュレット付き温座トイレ」です;タマゲタ事ではありませんか?

♣ 平均年齢がこんなに上昇するとは 誰もが予想していませんでした。二千年まえ、秦の始皇帝が望んだ「長寿・万寿」は なんと日本の女性で初めて実現されたのです——当の始皇帝は わずか51歳で終わりました。また、貧乏な日本の山村では「うば捨て山」のような 年寄りの“口減らし”が行なわれた との伝説もあり、高齢者たちは社会の「負債」とみなされた時期もありました。

♣ ところが その考えは もう古い !! これからの高齢者は 高学歴化社会の進行により、従来の高齢者よりも「知的資産」が増えます。さらに昔のお年寄りに比べ、金融資産・実物資産・年金などの富の量が 遥かに多くなり、これら三つの資産の合計を、60~90歳までの高齢者について データ・ベースで推計してみると、2,000兆円近くになるそうです。国民のGDP(国内総生産)が500兆円政府の借金額が1,000兆円と言われる中、「高齢者、なかなか やるじゃない !! 」とタマゲます

♣ 健康度についても、65歳以上の高齢者で健康な割合は、2000年の86%から 2015年の81%に減少するものの、健康な高齢者の絶対数は増えてきます。昭和21年以来の「団塊の世代」が 2011年(昨年)で高齢者(65歳)の仲間入りを果たしましたが、彼らは 見たところ50歳の健康度を保ち、 「資産+退職金」で お金持ち です。これらの元気な高齢者たちが財産を賢く運用すれば、21世紀の日本はバラ色になるでしょう。特に、団塊世代に引き続く元気な年齢層が 高齢社会に参入する効果は 大変重要になるでしょう。

♣ 結論的に考えると、高齢者が日本の人口減少社会を救う可能性が高くなります。もちろん、低所得者へのセイフティ・ネットは よくめぐらせておかねばなりませんが、ヨーロッパの債務(借金)危機を見る限り、高齢者であっても「働かない人」を むやみに厚遇するのは 今後 問題視されると思います。私らは、働ける限り働いて、元気で明るい社会を築きましょう。

職員の声

声1: このタイトルが良かった;「少子高齢化」は暗いイメージです;「高齢者が社会を救う」は プラス思考で、新しい「切り口」の社会が 立派に進められるイメージに一致します。

声2: 確かに この狭い国土で一億二千万人は多すぎる感じですね;よく聞きますが、ヨーロッパの国々は数千万人くらい で立派に暮らしています;マスコミは騒ぎすぎではないかと思う;それにしても私の時代で 身長や寿命は もう伸び悩むのでは?と感じます(係り:現在は ぼつぼつ遺伝子の力いっぱいを生きている感じですね)。

声3: この「伸び」は「富」(とみ)がもたらしたのですか?(係り:三大要因 = 平和・栄養・衛生 によるとされます——つまり、どの国でも この三要素次第で元気になれるでしょう)。

声4: そもそも高齢者とはお金持ちなのですか?(係り:彼らは質素・倹約の時代に慣れ親しんでいたからでしょう;でも 彼らは単に資産(生命保険・株・家・土地など)を多く持っているだけ で、現金を持ち歩いているのではありません)。

声5: 健康な高齢者は何にお金を使うのか、気になります(係り:たぶん、税務署と子孫に「半分こ」するのでしょう——どちらにせよ、回り回って、あなたの所へも回ってきます)。

声6: 高齢者が あまりお金を使わない理由は何ですか?(係り:昔は「子孫に美田を残す」というのが「年寄りの誉」でした;今は「長生き時代」です、いつ死ぬか もっと生きるか、とにかくお金を持っていないと心配ですよね)。

声7: でも、お年よりは元気な人ばかりではありせん(係り:そうです、だから世界各国は 高齢人口トップの日本式解決法」に注目しています —— バラマキ政治には 限度があります——“入るを図って、出ずるを制す”という「黄金律がどこまで守られるか?気になるところです)。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR