FC2ブログ

(310) 萎縮 の 悪循環 を 防ぐ

 (310) 萎縮 の 悪循環 を 防ぐ      

 今日は 最近の一症例・S.F.様(62M)からの経験を検討したいと思います。この方は8歳で中途失明、46歳で脳梗塞になり、右半身麻痺を患っておられます。大変な努力家で、マッサージ師として自立されていましたが、老化と認知症が進むにつれ、ご自分の思うようにならない時、「障害者をバカにするな !! 」と怒鳴り散らされます。これに怯えて、多くの職員が この方へのケアを怖がっています。良い人間関係を築くため には、どうすれば良いのでしょうか?

♣ 嘱託医・精神科の O 先生は おっしゃっていました:最近の産科外来では、マイク・ビデオを持って 医師との会話や診察を記録するご家族が増えた、とのこと。つまり、初めから 「病院は敵 という関係です。「何かがあったら許さない」 という ケアをする者に対する 威嚇的な警視姿勢なのです。

♣ たとえば「脳性小児麻痺」。これは、今も昔も、洋の東西を問わず、お産1000例につき2~3例 が確率的に存在しています。ところが、脳性小児麻痺が生まれると、今の産科医は 家族から 「納得していない;説明がなかった」 等を理由に、裁判所に訴えられます。もし 裁判官が「文学的な人」であったら ひどい判決が出るかもしれません。

♣ このことは 欧米でも似た事情があり、出産時の「脳性小児麻痺」で 高額の和解金が要求されることが多く、このため、アメリカでは産科医がいなくなった州が 多数発生し、住民が困っていると報じられています。確率的に発生する先天性障害に対しては、政府が間に入って良い関与をまとめるべきですね —— 時代のいたずらでしょうか、医療が社会に行き渡ると かえって「神の手でない = 人の手への不満」が爆発するようです。

♣ どんな物事でも「権利意識だけが高揚」してしまうと、人間関係は しばしば 不毛な萎縮に陥ってしまいます。小児科では、予防接種の副作用の提訴を恐れて、医師は予防接種に尻込みし、その結果、社会に病気が蔓延する傾向にあります。一年に1~2回ある脳性小児麻痺で、そのたびに 裁判が起こるようでは、産科医は現場を去り、大学に戻ってしまいます。これは 医療上の「萎縮の悪循環」ですね。

♣ しかし、この傾向が福祉の普及に伴う介護の社会でも起こらないよう、私たちは十分注意せねばなりません。日本では バブルが崩壊した20年前から、「モンスター両親1~2) という現象の被害に遭ってきました。

♣ 上記したS.F.様 62歳の症例は特殊な状況にあるのでしょうが、私たち ケア職員は 怒鳴られてしまうと、いきおい 鎧兜(よろい かぶと)で自己防衛 をしながらのケアにならざるを得ません。萎縮した心で 業務が損なわれないよう、この例に学ぶべきものを見つけようと思いました。

  参考:パールの安全管理 1) # 50 : モンスター。 2)  # 197 : モラル・ハザード。

職員の声

声1: 私は、怒鳴ることに問題がある と思います;怒鳴られると 私のお返事の声が震えて来ます係り:パールの受付でも、ご家族の怒鳴り声が聞こえる場合があります;でも それはきっと勘違いを怒っておられるのです;必ず収拾されていますよ)。

声2: 「障害者をバカにする」ケア職員は一人もいません;でも怒鳴るのは“病気がそうさせているのだ”と説明されても、私の心は痛みます

声3: 怒鳴られて 私が萎縮しているのを悟られると、強者側は余計に ヒートアップ される ようです(係り: “いじめる~いじめられる”の関係に発展するのですね;パールに帰って よく相談しましょう;必ず良い知恵が見つかります)。

声4: このS.F.様の怒鳴りはケア職員だけでなく、コーデネーターにも向けられ、同伴外出中の街の中でも怒鳴られます;しかし女性職員には優しい です。

声5: このS.F.様がショートステイでご入所されるとき、彼は話し好きで、生活のアイディアを沢山お持ちで、尊敬します;私(女性)は苦手意識を持ちません係り:つまり、男性職員だけをいじめる訳ですね、この方の既往(きおう)に何かが隠されているのかもね)。

声6: 権利意識の強い人は、他人の権利への関心が薄い傾向 にあります;何かのきっかけで、お互いに「歩み寄る」気持ち が必要です。

声7: パールでは 先輩・仲間と相談するシステムがあるので、萎縮した気分も救われます(係り:福祉で「悪循環」は避けるべき だし、私たちには優しい心があるのだから、必ず「北風と太陽」の関係が得られると思います)。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR