(323) あなたの 輪廻 (りんね)

 (323) あなたの 輪廻 (りんね)   

 高齢者は ご先祖から貰った命を 青年時代に次の世代に継ぎ伝え、ご自身は百年ほど命を維持したあと 逝ってしまいます。このように、私たちは ご先祖から伝わった命を次々と後の世代に受け渡します。この流れのことを 輪廻 (りんね) と言います。

♣ これは仏典などに見られる用語で、人の命が無限に転生し、場合によっては、転生先が 動物などを含めた生類(蛙や虫など)のこともある、という宗教思想です。お釈迦様は24世紀も昔の方だったから、人間の誕生が 有限の昔(約3万年程度)に過ぎなかったことを ご存知ありませんでした。「輪廻」という思想は「哲学の霊感」によって閃いた (ひらめいた) ものでしょうが、科学的な証拠で調べれば、 「無限の輪廻」はあり得ない のです。まして、あなたの“悪い行い”次第で “蛙や虫に生まれ替わる”という輪廻もありません

♣ でも、驚くことに、ヒト「一人の体」については 神秘的な「輪廻」を考えることができます。人間の“一つの体”は 60兆個の細胞より成り立っています。しかし その細胞のうち、百年間 不変なもの は「神経細胞と筋肉細胞」だけで、あとの組織は入れ替わります。不変な組織である神経と筋肉でさえ、日々 減って行きます(例:脳神経細胞は毎日 10万個ずつ減る など)。

♣ さて 個別に見ると、輪廻の一番速いもの は、感染を防ぐ「免疫リンパ球」で、たった一日で一生の仕事を終え、後輩に役目をバトンタッチします(輪廻は一日)。他の細胞の輪廻も 案外に短く、腸管の細胞は2~3日ごとの輪廻、赤血球は4ヶ月ごと、骨の細胞さえ7年ごとに 全部入れ替わる有様です。ちょうど 日本政府は一つだけれど、公務員は何年かごとに入れ替わるようなものですか。だから、ヒトの一生のうちには 各種細胞の たっぷりとした「輪廻」があります。

病気の発生でさえ、またもや「輪廻」です。人間の体の細胞 60兆個は 毎日1%ずつ入れ替わります 1) 。つまり、毎日 六千億個の細胞が死んで、その分だけ 新しい細胞が 細胞分裂によって輪廻します。そんな輪廻があっても、私たちの 自己の唯我独尊(ゆいがどくそん)性に翳り(かげり)はありません。問題はガンです。毎日 六千億個の細胞を補充されるのですから、百万個に一個程度のミスコピー(間違った輪廻転生)は避けられません。誰でも 一日に六千個のガン細胞が発生しているのです。上記の「免疫リンパ球」の役目は これら悪者(ガン細胞)を見つけ、その発生ごとに 全部を退治するのです。万一、リンパ球が疲弊 (ひへい) して、 たった一個でも 間違って輪廻転生した 悪いガン細胞を見逃してしまう、そのガン細胞は20年後には1cmの大きさに育ち、30年後には その人の人生を終わりに導きます。ガン退治役のリンパ球は頑張り屋ですが、それが疲弊する主な原因は「タバコが3割、悪い生活習慣が3割 2) 残る4割が“運”です。

♣ お釈迦さまの おっしゃる宗教の輪廻とは異なりますが、このように あなたは 細胞の輪廻転生に包まれて生きています。しかし、その輪廻といえども有限であり、およそ百年程度で終結いたします。永久(とこしえ)ではないけれど、あなたの寿命をキチンと保証する「細胞の輪廻・転生」。そのために働き続ける「免疫リンパ球」。

♣ あなたが 天与の輪廻を享受する ために 何が求められるのか、おのずと見えてきますね。

   参考: 1) 中川恵一:がんのひみつ 学士会会報 No880: 106~118, 2010. 2) = 大煙・大酒・大食・夜遊び・接待宴会・夜討ち朝駆け・過労 など。

職員の声

声1: 私が死んだら いつ 何に 生まれ替わるのだろう?(係り:あなたの将来よりも、あなた自身の現在が 誰の または 何の「生れ替わり」なのだろうかを不思議がって下さい、そうすれば「輪廻の科学」を知ることができます)。

声2: 輪廻転生で 私の霊魂は ずっと後の世に残るのだろうか?係り:精神にせよ 肉体にせよ、もし生き残って累積するものであれば、地球誕生後 46億年の生命累積量は莫大になります;私は「累積しない」と考えます)。

声3: この点で 宗教と科学は永遠に相容れないのですね(係り:宗教と科学を「二者択一」と考えないほうが良いのでは?)。

声4: 人の細胞が毎日1%ずつ入れ替わるって、実感できません けど(係り:あなたの口の中に指を 差し込み、その指をガラスに塗りつけ、顕微鏡で見ると、みごと、口の中の細胞がギッシリ見えます —— 警察が犯罪捜査に使う方法です;また あなたのウンチの20% 程度は 入れ替わった細胞の死骸です。入浴時の垢 (あか)も皮膚細胞の死骸です)。

声5: 人の細胞は一生の間に「50回程度の再生」しかしない、と習いました 3) ;これは「細胞の輪廻の回数」と考えて良いのでしょうか?(係り:無限の輪廻は宗教だけ、だって 50億年後には 今の太陽が“赤色巨星”になって、地球を飲み込んでしまうのです —— 無限はありません)。

声6: ガンの原因は「細胞輪廻のミスコピー」に原因があり、「タバコ3割、悪い生活習慣3割、運が4割」、つまり「好き勝手な悪習」に染まっても 4割はガンにならないってことか? 係り:トンデモナイ ! 神様が ご存知なのは4割のみ;あとの6割は自分でガンを呼ぶ のです)。

声7: こういう事でしょう:自分の将来は「運次第が4割」、残りの「6割は私の努力による」ものであり、老後をどう切り開くかは 一重に私自身に掛かっている、と(係り:運命の6割は自己責任、神様が 残る4割を補ってくださる —— それが“あなたの輪廻です)。

 参考: 3) パールの安全管理 # 314 : 「入浴」のおさらい。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR