FC2ブログ

(325) タミフル と 日本人気質

 (325) タミフル と 日本人気質  

 良くも悪くも 日本人は特別の気質を持っています。医療・介護についても諸外国では想像もできない特徴を持っています。

♣ その一つ、日本は世界中のタミフル (インフルエンザ治療薬) の70%を消費しています。日本の人口は世界の1.7% 、いくら金満家の日本人といえども、ナゼこんなに 沢山飲むんですか?おいしいのですか?世界のクジラやマグロを食べまくった日本は、ひどいバッシングにあっていますが、日本人が こんなに沢山のタミフルを食べても 文句はないのですか?

♣ タミフルはスイスで生産され、日本に大量輸出されています。いま年間5千万人分の生産でも 世界のタミフルは不足勝ちで、スイスは4億人分を目指して増産するといいます。そのお膝元のスイスの開業医アレン・シーグバルトさんはこう言います:「スイスでタミフルを処方することは、ほとんど無い。高齢者など合併症が心配な患者以外は、まず1週間ほど休養を取ることが治療の基本だ」。

♣ ではナゼ日本でタミフル人気があるのか?「日本の国民性から、熱が出ると すぐ病院に行くから」とロシュ製薬のマルティナ・ルプ広報担当は語ります。原因はそれだけですか? 日本では、医師・患者・家族、みんながタミフルを求めるではありませんか?

♣ 高い薬ですが、タミフルを使うと 解熱効果により 病気が1~2日ほど早く治る そうです。だから、もしタミフルを使わなかったら 「ヤブ ! 」と言われ、責任問題に発展するかもしれませんね。しかし日本では、若者が安易にタミフルを飲んだ後、夢遊病のようで異常行動で死亡した事件が相次ぎ、その結果、やっと日本のタミフル多量消費の実態が判明しました。よその国の事情はどうか?〖インフルエンザは自然に治る病気だから、自然に治す〗と極めてシンプルです。

♣ 日本人に人気があるのはタミフルだけにとどままりません。病気は 世界中 ほぼ均等に存在するのに、日本人は なぜか「透析・胃瘻・ペースメーカー」も大好き で、世界の4人に1人は日本人が使います。日本人の薬好き・医療好きは有名で、その心理は「病気の解決をモノに求める民族性」にあると言われます。

♣ たとえば、風邪の対応で オーソドックスに「2~3日休養を取ってください」だけなら、患者さんに嫌われます:タミフルとか 薬は 出ないんですか?と。つまり、“真実の説明”などはどうでもよい薬という「モノ」で初めて安心が得られる のです。「法の判決」も 多くはこれを追随的なので、日本社会は、いつのまにか 病変の責任を「モノ」に擦り付ければ安心という社会体質になりました。

諸外国では 効果が上がらない医療は行わないという考え方が優勢です。でも日本で これを言うのはムリ;だって「病人は死ね ! と言うのか ! 」と開き直られ、これに対して どんな賢人でさえも答えを知りません。こういう日本の実情をニューヨークの世界保健機関(WHO)に訊ねても、冷ややかなコメントがあるだけです:-「従来のインフルエンザなら、特に若い人では、タミフル投薬の必要はなし ! 」と。

♣ 日本人の気質と世界のタミフルの相性が 果たして良いのか悪いのか、問題は長引きますね。

職員の声

声1: スイス・タミフルの“7割は日本行き”とは 日本人の薬好きも「病膏肓 (やまいこうこう) に入ったのですか?(係り:この病膏肓の意味は、もともとは、病気が医者の手で扱いかねるほど重篤になった状態のことを言いますが、最近は趣味などに熱中して 手もつけられないような状態の時に用いられることが多いようです;タミフルは病膏肓にピッタシだし、日本にはお金持がタップリあります)。

声2: タミフルの効果は“わずか1~2日”早く治るだけですか?(係り:江戸っ子はヨウ 宵越しの苦労をしたくねーてことよ !  )。

声3: 私は医療には完璧を求めます、わずかでも“良い”ものが すべてを制すると信じます(係り:God’s Hand {神の手}以外は告訴ですか —— その気持ちは分かる、でも 医療上の完璧は 底知れず高価ですよ)。

声4: テレビは伝えます:タミフルが足らないと;私もインフルエンザに罹って 辛かったのですが、タミフルは貰えませんでした。

声5: 子供たちが“夢遊病”で死ぬような現象がありましたが、厚生省の見解は?(係り:不審行動について「高熱と薬」の因果関係が判然としていませんが、日本が世界の7割の経験を持つ のだから、日本の判定が世界をリードするでしょう)。

声6: 「薬好き」「注射好き」などと からかわれます が、日本社会は 太古からお祈りとお布施 」はペアになって生活に溶け込んでいるのです(係り:原始宗教は「モノ」にお祈りです;プロテスタントになると「思想」にお祈りです;悔しいけれど、日本は「モノ」に値が付きますが, 「思想」にはお金を払われにくい ようですね)。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR