FC2ブログ

(334) 鍛 (きた) えるって?

 (334) 鍛(きた)えるって?   

 「鍛える」という漢字、難しいですね。つまり この文字の使用歴史は浅い のです。

♣ ① 「(たん) とは、金属を熱し叩いて鍛錬することから来た文字です(例:鉄を鍛える。英語では “forge”、鍛冶屋のフォージ。 (2) この言葉は「人間の心身」にも応用されるようになり、練習・修練を繰り返し、技術や身体・精神をしっかりしたものにする」となります(例: 選手を鍛える。英語では マラソン・トレーニングの “train”)。①と②は英語では、ぜんぜん違う言葉ですね。でも日本語では「同じ」なのです。そこに東洋思想の鍵があるようです . . . 鍛えられないものを 「鍛える」という姿勢でしょう。

♣ さて、人間の体で「鍛えられるもの」とは何 でしょうか? 厚労省の言い分ではありませんが、まず思い浮かぶのは「筋トレ」の「筋肉」。次には「脳トレ」の「脳」。三番目には? もうありません——腸トレ、肝トレ、腎トレ . . . 無意味ですね。

「筋トレ」の意味を覗きましょう 1) 。筋肉は「糸」のような細い筋繊維 (きん・せんい) より成り、その一本一本には神経が繋がっています。筋肉は神経の命令によって動きます。筋繊維の「数」は、生まれたときに決まっており、増えることはありません。「ムキムキの筋肉マン」、あれはトレーニングにより 一本一本の筋細胞が肥大したもので、トレーニングをやめると、短い期間で元にもどります。歳とともに、神経細胞が減ることはご存知でしょうが、それに繋がった筋肉細胞も歩調を合わせて減ります —— 運動を命令する“親分”( = 神経 )が減れば “子分”( = 筋肉 )も減るのだ と理解しましょう。減った筋肉で運動するのだから、運動選手といえども「選手寿命」は避けられず、高齢者一般についてもムリは禁物 となる —— 理屈通りです。

♣ 次に 「脳トレ」の意味 を見ましょう 2) 。脳細胞も生まれたときに決まっており、成人以後、毎日10万個ずつ減る と言われています。 心細 い ナ ! でも計算すると 150億個の脳細胞が100億個に減るのに200年以上かかります から 大丈夫 ! インターネットでみると、「脳トレ」の関連記事は無数にあります。それだけ世の関心が高いのですね。脳細胞一個は連絡足を何本か出して隣の細胞とつながり、またつながり、網目状の連絡を形成しています。木綿の糸くずにたとえてみましょう:糸くずは縒られて糸になり、その糸は布に織られ、重ねられ、タオルになります。タオルも新しいうちはフンワリとしてボリュームがありますが、洗濯を重ね、古くなると、痩せてきます ね。でも、まだチャンと使えます。ただし、古いタオルは多くの水を吸収できなくなります。脳の働きと似ていますね。脳細胞が何万個へっても、網目状になった脳の働きは 目立って低下しません。しかし、あなた、そんな 痩せたタオルを叩いて布地を鍛えますか?鍛えたらどうなりますか? 腸、肝、腎 . . にいたっては、鍛える方法さえ 思いつかないでしょう?

ルー(Roux)の法則 3) をご存知ですね:ルーは述べます:-一番悪いことは「やり過ぎ」、次に悪いのは「やらな過ぎ」、③ 一番良いのは「ちょうど良くする」 。 筋トレ」も「脳トレ」も、放置しておくと、お年寄りは ② ( = やらな過ぎ)に陥ります。それは避けたい。つまり、「廃用萎縮」を避けること、これがお年寄りの「正しい鍛え方」です。減った細胞には「それに見合った ちょうど良い負荷」を掛けるように心掛けましょう。

  参考:パールの安全管理  1) # 172 : 介護予防。 2) # 88 : 脳細胞のひみつ。3) # 45 : ルー (Roux)と知恵。

職員の声

声1: 脳細胞の働きを「タオルのしなやかさ」にたとえたのが、とても分かりやすかったです。

声2: 毎日10万個ずつ減る脳細胞、でも50億個減るのに200年も罹る と聞き、安心しました(係り:実際には 100年持てば 十分ですよね)。

声3: デイサービスで行う筋鍛錬は高齢者にちょうど良いレベルであり、廃用萎縮を防ぐ目的であること、納得します(係り: 日本の男性老人は これを 「チーチーパッパ」 と称して嫌がる人があります;そして結局 落ちこぼれる のです)。

声4: でも、多くの方は「張り切りすぎて」筋肉痛を訴えます(係り: 「ちょうど良い」を見つけるのは難しい です;たいての場合、「行き過ぎて、戻る」のが実情ですが、「戻った人」を温かく支援しましょう)。

声5: 私は時々、人の名前を思い出せない ことがあり、「脳トレ」を心掛けています(係り:時・所・人の顔”を覚えていさえすれば、認知症とは無関係な“単純性物忘れ”ですよ)。

声6: 昔には「筋トレ」も「脳トレ」もなかった;自然の中で鍛えられたのですか?(係り: 昔は“人生50年”で、その必要はまったくありませんでした  —— 近年、生存寿命は倍増しましたが、遺伝子寿命は 相変わらず 50年 です 4, 5) )。

 参考:パールの安全管理  4) # 108 : クオ・ワディス。 5) # 174 : ご利用者の生きる意欲。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR