FC2ブログ

(365) 薬の副作用 -- アリセプトから

 (365) 薬の副作用 — アリセプトから  

 私たちは「薬の効能」については興味を持ちますが、その副作用を知ることは少ないです。良い薬は ゆっくりと世に出回りますが、ナゼ 良い薬を早く発明しないのか、もどかしいです。

♣ デイ・サービスをご利用のS.T.様(94F骨粗鬆症 高血圧 要介護1)は、先日朝食後に嘔吐され、デイ・サービスを欠席されました。ご家族は使用中のアリセプト(認知症の薬)の副作用による、とおっしゃいます。私は 単純に“認知症は 薬を使えばいずれ治る”、“副作用?そんなモノは考えたこともない”と思っていました。パールの精神科の嘱託医(O先生)に そのあたりの事情をお尋ねして、目が醒める思い でした。報告します。

♣ <O 先生> 認知症薬アリセプトの「効能」は「抗痴呆薬」であるが、副作用は、マニュアルによると「失神・徐脈・心不全・発疹・嘔吐 . . . 52種類」の記載があり、このほか、毎月 新しい“副作用の追加報告”が配布される。薬は一般に「効能は一つ、または二つ」、ところが副作用」は その薬を使った人の数ほどあるようだ。

♣ 困ったことに、「効能」と言っても「薬は万能ではない」し、「副作用と言っても果たしてそうなのか?」という疑問がつく。ナゼそうなのか?といえば、すべて“定義のあいまいさ”に原因がある。たとえば、認知症と言っても、おそらく何種類かの病気の代表病名だろうし、副作用の“失神”と言っても“軽重の程度は様々”であろう。人の感受性や特異性は ずいぶん異なるし、年齢・性・体格・栄養状態などを いちいち区別することは困難である。

♣ ここで知っておいて頂きたいことは:- ① 薬は「効能」を得るために用いるが、異なる目的すべてに効くとは限らない;② 薬の常用量を越えて用いると「副作用」が現れることがある;③ 「薬は効く」と信じることは大事であるが、他方「副作用で悩む」ことも少なくない; ④ したがって、所定の目的が達成されているかどうかを素人判定するのは危険であり、ドクターのチェックを求めるべきだ。

♣ 職員の皆さん方は 沢山のご利用者の相談を受けるでしょう。どう受け止めていますか?

職員の声

声1: アリセプトの副作用を初めて知りました;嘔吐があれば 薬の副作用を疑うことができるのですか?(係り:ご提示の94歳の高齢者、赤ちゃんと同じ で、食後の嘔吐は珍しくありませんもし反復性があれば 薬の副作用かも知れません——事実、副作用のリストには載っています)。

声2: 副作用のない薬ってないものですか?(係り:薬 (化学物質)には‘薬理作用’があるだけ です —— 人間が 勝手に 薬理作用の 気にいった部分に「主作用」 気にいらない部分に「副作用」と名付けるだけ です——化学物質のほうには責任はありません)。

声3: 薬の副作用が50以上もあるとはオドロキです(係り:最近の‘抗腫瘍薬’なら 一つの薬物の副作用だけで1ページ200以上も載っています —— 薬って がんらい「毒」 でしたよね)。

声4: 薬は「益と害」を天秤にかけて評価すると習いました(係り:つまり、薬という物質には なにがしかの害が含まれている、という証拠ですね;アレキサンダー大王の大昔から 人はその知恵を持っていました —— 無害なものは存在せず —— あなたが飲むアルコールだって そうでしょう?

声5: アリセプトが効いたかどうか、考え直すべきです(係り: 「効く」「効かない」の判決が もし 100 対 0 なら きっと「効く」のでしょうね;でも もし 450 対 430 の多数決で決まったとしたら あなたはどう考えますか?アリセプトは後者の判決によるのです;しかも“初期の一年間に有効”なのです —— 現実はメクラ滅法に使われています ね;だから なにもアリセプトに限らず、日本流の与薬法は世界から批判されています)。

声6: アリセプトに限らず、どの薬も 有効・無効は 私ら職員には判別できません(係り:若者に効かない薬が どうして老人だけに効く のでしょうか?日本老人に使われる薬がナゼ欧米老人で使われない のでしょうか? —— 日本独特の敬老精神は融通無碍 (ゆうずうむげ) の世界です)。

声7: 薬は心理作用も大きいのですか?(係り:薬は、サル以下の動物にはふつう用いません;ヒトであれば 未開人であっても用いられています —— つまり 薬使用に当たって 「人の心」は必須 のようです。心は赤ちゃんや老人に無くても 周りの家族にはありますよ)。

声8: では「一人暮らしの認知症老人の場合」はどうなるのでしょうか?(係り:「心」は大脳の中に存在し、認知症は“大脳が消える病気”ですから、薬の心理効果を期待するのはムリではありませんか? それとも あなたの信条 によって どうにか工夫しますか?)。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR