FC2ブログ

(395) 格安延寿 (LCL) とは

 (395) 格安延寿 (かくやすえんじゅ) L.C.L. とは

 昨年 12月20日、朝のNHKは 千葉県の老人医療の混乱」を取材していました。

♣ 同県では、所によって 老人の人口比率が40%を越え(日本の平均値は20%程度)、これにより 老人の救急医療、特に脳卒中・誤嚥性肺炎の対応が困難で、医療陣の拡充が深刻に求められていますが、それは 不可能だ と言います。なぜって、予想される必要経費は受益者負担の能力を遥かに越えるからです。

♣ 私は これを聞きながら 思いました:真の解決は“格安延寿”しかないのか?と。格安延寿とは ”需要供給の労力と経費を安く工夫して延寿に対応する方法”で、この命名はパール職員の 野垣美由紀さん の提案によるものです1)

♣ 今、航空の世界では「安全で安く ! 」という標語の下に「格安航空」(Low Cost Carrier ; LCC)というサービスが実現しています。彼女は これをもじって「格安延寿」(Low Cost Life , LCL)を提案しました。それは こう言う事です——:介護保険の経費で、 「要介護5」 お一人年間予算が 約500万円 ですが、日本の サラリーマン の平均年収は 約420万円 :この格差では 要介護予算が高すぎて、福祉活動の維持が逼迫 (ひっぱく) します(つまり、今の介護は 高額延寿 = High Cost Life ! )。でも、もし格安延寿(LCL = Low Cost Life ! )が可能であれば、より多くの高齢者需要に資することができます。

♣ では 具体的にはどうするか? :先進 諸外国でも少子高齢化は発生している → 諸外国での解決法を参考にする: 人類の自然死を勉強する2) ——延寿が無料のままなら、長生き要求は際限なく高まるし、点滴・胃瘻の需要は ウナギ登りです → これは 高額延寿(High Cost Life)であって、税を負担する若者が疲弊 (ひへい) する: 今、人の天寿の考え方が変わってきた:延寿とは高齢に高齢を重ねることではない !  → がんらい 人は 汗水流して働き、子孫を残すことで社会に貢献してきた;つまり  人の天寿とは = 働き、子孫を残し、社会貢献が可能な限りの人の年齢である ;こう考える人が増えてきました。もし高齢や病弱で社会貢献ができないのなら、「つましく 質素な生活」をすべきでしょう。これら ① ② ③ を考え合わせると、安定して持続可能な社会とは「入るを計り 出る (いずる) を制する」、しごく当然な原理が実現できる社会です。 「出る (いずる) 」(= 介護給付を増やす)を言い張るだけではバランスを欠きます。

♣ 先回の安全管理:「無料化とモラル・ハザード」3) で学んだように、もし老人が ご自分の「数十年にも及ぶ」延寿経費を 現今のように 若者からの税へ依存すれる制度であれば、今後 国は必ず衰退して行きます。日本の敬老借金は もう限度を越えました(一千兆円の借金 ≒ ギリシャ危機と同類);それゆえ 以後の老人は「格安延寿へ移行」しなければ「国は介護倒れ」に陥ります。本文冒頭の医療混乱は その一端にすぎません。

♣ 中部大学の武田邦彦教授は 個人の社会貢献の有無の視点で、今後の天寿とは、現行の90歳や100歳以上などではなく、「戦前のように“50歳前後”に戻るのか? 」と言われます4) 。「50歳の意味」:男女は更年期を迎え、以後 人は繁殖せず、したがって「生命進化へ貢献する道」からも離れ、また 遺伝子は人の生存を積極的に守らなくなり、動物一般にとっての天寿にも相当します。 以後、病気がちになるのは「理 (ことわり) 通りなのです。

♣ 教授の「天寿50歳」の提案が“行き過ぎ”なのか どうか 皆さん方は どう思われますか? 天寿が50歳では 低過ぎると思う人は、何歳なら 天寿として国や社会の安定存続に反せず 容認・妥協できますか?
  
参考:パールの安全管理 1) # 379 : 空を飛ぶ夢、長寿の夢、格安延寿。 2) #387 : 介護で言う常識は公明正大か? 3) # 390 : 無料化と モラル・ハザード。 4) 武田邦彦:再び「天寿」と男性の健康について。2012.12.9 Yahoo のBlog.

職員の声


声1: 「格安延寿」とは、有名な「格安航空」の名前にちなんでおり、内容的に意味することも了解でき、この命名が良かった と思います(係り:たとえ安あがりでも、安全・安心な延寿です)。

声2: この名称はアイディアも 言葉の響きも良い;その上、人が社会貢献して生きさえすれば 延寿の上限はないという点、まことに気分が晴れます。

声3: 天寿が50歳 なら 私は今、すぐ召されてしまいます、ヤだな係り:あなたは社会貢献をしています;問題外ですよ)。

声4: 天寿は 世間の定年の習慣どおり60~65歳ではどうでしょうか?(係り:体が丈夫でも「脳」が壊れる人は 年齢によらないでしょうね。最近、ヒトは "二度死ぬ" と言われます . . . 一度目は「脳が壊れる時」です:体の外見は変わらないけれど「心」が死ぬ から、体の中味は 別な生物になります。二度目は 体が痩せ細って「体格指数が 12 になる時期」で、「体」も死に ます 5) 昔は 一遍に逝きました が、この20年来、「二度死に」が増え、しかも 一度目と二度目の間隔が広がって来ました -- 医療・介護の進歩によるものですが、果たして これで良いのか?)。

声5: 高医療・高福祉で優遇・保護にされた今のお年寄りたちを「線引き」して延命するのはムリでしょう;50歳以上の人を全部見捨ててしまうくらいの気構え でないと、日本は福祉ぼけ で 滅びてしまいます(係り:ちょっと過激過ぎるかな?)。

声6: まあ 60歳を越えると 体は傷だらけ、本当にどこを治せば 元に戻るのだろうか?(係り:これは生活費プラス修理費の問題がからみますね -- 次回に述べる「ホッチャレ問題6) です)。

声7: 私は ある超高齢の男性ご利用者に尋ねました:「妥当な天寿って何歳でしょうか?」と。「70歳くらいかな」という返事でした;人生も「腹八分」 と思えば、70歳程度が国益に反しない 立派な天寿だと思います(係り:問題は、発言をコロッと忘れてしまう認知症が訪れることですか?)。

声8: 天寿の設定は「死生観」によって変わります;意思疎通が全くなくなった 要介護5の高齢者でも、ご家族は「体温がある限り」、それは天寿なのだと思いますし、人は迷うものです係り:国の予算に すがる気持ちがあるから迷うのです(参照:上記のモラル・ハザード3) 延寿が自己負担ならば 迷う心が整理されてくるでしょう)。

声9: 国は老人を優遇・保護しているが、私が歳老いる将来、お金は無くなり 国は保護どころか「自立」を求める と覚悟しています(係り:高度の老人保護を十年間行えば お一人約五千万円かかります;必死の思いで 住宅ローン三千万円を30年賦にして借りる 今日の若者、それを思えば、馬齢の老人たちを 「格安延寿」に切り替える必要性が ひしひしと身に迫って来ますね)。

係り:マザー・テレサについて。テレサはマケドニア生まれのカトリック修道女、21歳でインドにおもむき、組織的な救貧活動を精力的に続け、その功績により 69歳でノーベル平和賞を受け、87歳で没しました。彼女は 私どもが言う「格安延寿」の先駆け であり、 パールの見習うべき お手本 だと思います。何をするのにも 「お金がない、政治家が動かない、社会偏見がある . . . 」などを 皆がつぶやいていたのでは、日本社会は救いがたいですね。

参考: パールの安全管理 5) # 194 : 食べず、飲まず。 6) # 397 : 「ホッチャレ」 と 「並みコロ」。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR