FC2ブログ

(422) 環境 と 寿命

 (422)  環 境 と 寿 命 

  東京・渋谷駅の北口に「忠犬ハチ公」の銅像がある。恋人同士が待合う場所として 今なお使われている名所だ。パールの職員で 朝夕 この場所を通る人もあるだろう。

♣ ハチ公は飼い主が亡くなったあとも、「お見送り・お迎え」時間に渋谷駅に現れたことで「忠犬」として知られた。昭和初期の時代 犬の寿命は7~8年今の犬の寿命が20年に及ぶのと比べれば、2倍以上の差がある。その頃 犬は戸外で飼われ、犬小屋があっても冬は肺炎を起こす寒さ;夏は蚊に刺されフィラリア感染症にかかる;餌は残りご飯に味噌汁かけ、など、生存環境にも今とは各段の差があった。近年 犬の長い寿命は主に餌と環境の好転が主因なのだろう。

ヒトの寿命も外部環境に著しく左右される。 昭和初期の頃に比べれば 平均寿命は46歳から最近の86歳へと約2倍に延びた。人はこの違いの原因を 抗生物質や点滴など「医療の進歩」と理解する。それは否定できないが、普段 目に付かない「生活環境」の相違が意外に大きな鍵となる。

を挙げれば:――昔風に洗濯を盥( たらい )と洗濯板でやるとすれば、昔の主婦は どんなに苦労しただろうか? 毎日これをやっていれば 寿命が擦り減ったに違いない。食品管理も同じくで 冷蔵庫はなく、献立の基本は「一汁一菜」 ―― ご飯のほかには “味噌汁”と 一皿の“目刺し”―― 低栄養の上 お腹には多数の「回虫が住んでいて栄養を横取りされる。食品事情が家族の寿命を支配したことは疑えない。また、日本式住居は 暑くて 老人は猛暑で倒れ、は酷寒で命を刈り取られる寿命50歳にたどり着くのさえ至難の技であった。

♣ 現代の平均寿命86歳は「医療の役割」もさることながら、日常生活から生活苦が軽減された故でもある。その結果、寿命は延び、予想もしなかった延寿介護問題に直面する。寿命とは このように多要素の絡み合いで達成されているのだ。

♣ ここで今日の本論:―― 寿命とは何か、に対して「平均寿命」がよく用いられるが、介護保険の時代に入って、問題が複雑になった。つまり平均寿命の“内訳”を「健康寿命」と「要介護寿命」に分ける必要が出てきたのだ。健康寿命を長くし、要介護寿命を短くせよ、との要求がなされるが そんなのはムリだ;だって平均寿命の後方の 約1割余の期間は要介護寿命なのである 1, 2)

♣ 寿命と一口で言うが、従来は 短い「内臓寿命」(心臓寿命や胃腸寿命など)が人の寿命を決めていた。ところが 医療と環境の好転により内臓寿命が延長、それに代わって 脳寿命が相対的に短くなり、脳の病気 = 「認知症」が 人の寿命を決める時代となった。ハチ公は10歳で死んだが、今の犬は20歳の長寿であり、犬の脳の病気(= 痴呆)が多発している現代と よく符合していると思わないか?

♣ さて ここで福祉の最終目標は何か?について よーく考えてみよう。それには「尊厳」とか「幸せ」、などの答えもあるが、そんな抽象( ちゅうしょう )はさておき、誰もが分かる最終目標は「延寿」ではないか?衣食住の安楽・病気の治療など、すべての倫理的行為は 延寿という結果に合致してこそ容認されるようだ。

♣ ここまで考えると、延寿を体の微細レベルに戻って考える必要があり、「遺伝子寿命」と「タンパク質寿命」の二つの寿命が候補に上がる。遺伝子寿命とは、女性で言うと「初潮や閉経」に見られるように、ヒト遺伝子が決めるものであって、時代の新旧や本人の努力とは無関係である。

タンパク質寿命とは:――脳細胞の中では絶えず新しいタンパク質が生産されているが、歳とともに規格外の不良タンパク質が溜ってくる;これが あるレベルを越えてくると アルツハイマーが発生する :つまり、まず50歳で脳内に有害なベータ蛋白が産生され始め、65歳で 悪質な神経源( しんけいげん )線維が現れ、両方が揃ってアルツハイマーをもたらす。言ってみれば、認知症は 極めて年齢依存性の強い変性疾患であり、それを治す命題は「年齢を治す」試み と ほぼ同じことなのだ(例:白髪・皮膚のたるみ などは 治せない)。

♣ 人生50歳の時代なら認知症発生はゼロ;人生65歳の時代なら認知症は やっと世に知られる程度だ(1973年、“恍惚の人”を見よ ! )。人間が85歳になれば半数の人が認知症に、110歳なら全員が認知症になると言われる。すなわち 延寿と認知症はコインの表裏だ、と心得ざるを得ない。つまり認知症とは “長生きし過ぎた寿命の現れ”であり、同時に その人が すでに 天寿いっぱいを生きたことの証( あかし )だ、と考えるのが正統であろう。

結論: ヒトの寿命とは、「生活環境」が最良のときに期待できる「天与( てんよ )の寿命」なのである。環境は変えられるが、天寿は変えられない;両者の関係は こんなものだと理解できる。
 
参考: 1) 安全管理 # 297 : 健康寿命と最期。 2) 安全管理 # 320 : 介護期間を短縮する

  職員の声 

声1: 最近の老犬は 歩けなくなると犬用のベビーカーに乗せてもらい散歩する;つまり首から下の病気があっても治療され、脳は認知症になりながらも 長生きする(係り:これは街でよく見かける風景だが、人間て優しいナーと思う;日本の犬口(けんこう、犬の人口)1193万頭 ―― 人間の十分の一、いや凄い ! )。

声2: 私は昔‘天命’は神様が その人を不要と判断されたときに来る、と思っていたが、その後 生活環境が改善され「恍惚の人」が発表され、人類期待の‘延寿’が叶えられたら、やはり そこに新しい問題(=痴呆) が出現していた;それは私にとって 新鮮な驚きであった。

声3: 環境が良くなると寿命が延びる;しかし 私は「健康寿命」を長く「介護寿命」をなるべく短く、最期は「ピンコロ」で逝きたい係り:日本の「介護寿命」は世界一長く、平均12.7年だから ピンコロ希望は叶え難いかな?でもスポーツ選手なら 死ぬ直前まで元気、ジワコロをせず コロッと逝く傾向だと言われる、参考まで)。

声4: ヒトの寿命は外部環境に著しく左右される;寿命と認知症の関係は コインの表裏の関係だ;つまり、認知症の発症は その人が天寿に近づいたことを暗示する(係り:メタボ病は 生活習慣の粗さを示す立派な病気、これに反して 認知症は病気ではなく その人の大脳細胞の退行変性度を示す――別称は「脳白髪」―― 白髪は病気ではなく、良くも悪くも 天然老化に過ぎない)。

声5: 今後 もっと良い生活環境が得られれば もっと寿命が延びるのか? (係り:日本女性の平均寿命は今86歳;ところが最近の5年間はもう延びていない ―― 環境を更に良くしても天然寿命は もう頭打ち だ ―― 日本女性は 人類寿命の極限に達した のかも知れない)。

声6: ヒトの寿命とは「生活環境」が最良の時に期待できる「天与の寿命」である;環境は変えられるが、天寿は個人ごとに定まっており 変えられない係り:もし あなたに アルツハイマーが まだ発症していないのなら、あなたの天寿は まだ 先の先なのだ)。

声7: できれば 寝たきり寿命をゼロに、健康寿命だけで人生を全うしたい係り:ピンコロ願望ですな? それは ごく簡単だ:日本女性の要介護寿命は世界一長くて12.7年に及ぶが、現在の「衣食住、電気・ガス・水道」が縄文時代に置き換わると考えれば、12.7年の「寝たきり寿命」の贅沢は まず不可能、健康寿命のまま ピンコロで逝けるだろう、それも 当時の寿命の25歳くらいでーー くどいようだが、 現代では 健康寿命が長ければ 比例して 要介護寿命も必ず長い ! ご希望を叶えるためには、アルツハイマーが発症した時点で「事故」が発生すれば良いわけであり、次の「声8」を参照あれ)。

声8: 認知症が発症した後まで「延命」するのは 果たして「倫理」にもとらないのか?係り: これは よくある意見だ ―― 認知症は人が人でなくなり動物になった徴( しるし )だから、人としての待遇は中止すべきだ、という意見だ;しかし 冒頭で述べたように、痴呆の老犬をベビーカーに乗せて散歩する家族が 現実にあるのだから、これは「倫理」の問題ではなく、「趣味」の問題なのだろうか? 人と犬の違い人の認知症には公の介護予算が付く、 もし 認知症を延命しないとすれば、誰が逝かせるのか? もし 恣意的( しいてき )に逝かせたら、法務省は きっと手錠を携えて 君を逮捕しに来るだろう。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR