FC2ブログ

 (523) 10 歳 ご と の 華 (はな)

   (# 523) 10 歳 ご と の 華 (はな)  → #5 ケアカンファ : #161

今日の話題は趣向を少し変えて、10歳ごとの ‘人生の華’ を語るとしよう。 

♣ ① 10歳 : この歳で一番目立つのは 「視力の強さ」 だ。松の葉は 2 本 でセットだが、あなたは庭の松の木を見上げて、葉の尖った先端が きちんと 2 本 に見えますか? 西の空に架かった 三日月 の上下の端が ボヤけずに 尖って見えますか? 10歳 の時には それらが きちんと見えたハズ。また、他人からの質問を肯定するときに 「ウン そうだよ」 と言っていた幼い過去と決別して、10歳 なら 「ハイ そうです」 と言えるようになった … 懐かしいことだね。

♣ ② 20歳 : 憲法の保障する “成人” の歳だ。身体的にも十分 大人となり、以後の 一生 を代表する 検査値の 血液の濃度や心機能などの標準値は 20歳代 の値が採用される。私は、法的にも身体的にも “成人” に達した この年齢ころに 「結婚」 するのが理想的かな?とも思う . . . だって 三木露風 の “赤トンボ” では 「ねえやは 15 で嫁に行った」 のでしょう? シェイクスピア の劇で 「 ロメオ と ジュリエット 」 は 16歳 と 13歳 で恋に陥り 悲しい心中をしたのでしょう? けれど、今の日本では 男女の初婚年齢が 29歳 と 30歳だ … 用心深すぎる !! 

③ 30歳 : 昔、私の尊敬する先輩たちが 「齢 (よわい) ミソジ に入ると、廊下を走るのも 階段を上るのも辛い ! 」 と会話しているのを聞いて驚いた。“ミソジ” とは “三十路” と書くのを知ったのは ずっと後のことだった。 ―― 最近の TV では 30代 の女性さえも 同じことを喋っている。私は “30代” こそ を 「人生の華」 だと思っていたの で ショック だった。だって、私と同年輩の ハリウッド 名女優 ・ エリザベス・テーラー は 36歳 で 「お婆ちゃん」 になれたのだよ !

④ 40歳 : 二千年前 のローマ帝国では 40歳 をもって 国会議員の資格 (元老・セナートゥス) とみなした ―― つまり 「老人の始まり」 「初老」 である。現今でも 「老眼や白内障」 が始まる歳であり、日本では 「介護保険金を徴収され始める歳」 でもある。英語では存在しないが 日本語では 「 爺 ・ 婆 」 という言葉が この年代から適用され始める ―― 30歳 で 遅い結婚 をして 40歳 で もう “ 爺 ・ 婆 ” と呼ばれるのか、それは せつないよなー ! 

⑤ 50歳 : 織田信長 で有名な 「人生50年 ! 」 だ。戦前まで 日本では “人生 50年 、軍人 半額” と呼ばれ、軍人はお国のために 25歳 まで生きたあと 国に殉ずるという精神だった。日本の平均寿命が 50歳 に達したのは 昭和27年 (1952年) である。今では 人々は長生きになって 官僚や会社の幹部が “天下り” を考え始める歳になった。
10歳ごとの華

⑥ 60歳 : 還暦だ ! 子供や親戚に 赤い 「ちゃんちゃんこ」 を贈られ、座布団にすわって一同に 長生きのお礼 を申し述べた歳である。私も 「贈られて」 戸惑った ―― 照れ隠しではないが、不思議な気分であった … 60 と聞けば 凄い歳だが、自分は その半分くらい にしか思っていなかった。日本社会では 60歳 は 「定年」 、65歳 以後は 「 高齢者 ・ 老人 」 と呼ばれ始める。だから歴史的には、これから先は人生の 「オマケ」 と考えられている。

⑦ 70歳 : 元総理の 小泉さん は、75歳 のことを “末期高齢者” と呼び、あわてた厚労省は “後期高齢者” と言い直した。金食い虫の 「 年金 ・ 医療 ・ 介護 」 を政治家の目で見れば、75歳 を “末期” と呼びたいのだろうが、世間からは猛反発を食らった ―― そりゃそうだろう、正しい言葉が “心を打つ言葉” とは限らない のである。

⑧ 80歳 : 傘寿 (さんじゅ) 、パールのご利用者の年齢を代表する年代 ( = 88歳 )であり、日本女性の平均寿命 ( = 86歳 ) でもある。昔の標準で見れば、多くの傘寿の人の “死因” は 「老衰」 であった。そもそも稀な 「 古稀 70歳 」 よりもさらに1 0歳 も年上だから 「衰えて死ぬ」 が 言い得て妙だったのだろう。だが現在の問題は 「 延寿は この歳でストップしたのか?」 なのである。

⑨ 90歳 : 卒寿 (そつじゅ) 、「卒」 は 九十 と読める ; 傘寿 ・ 卒寿 は平成の御世で脚光を浴び始めた名称であり、私の子供の頃には 想像さえしなかった年齢 である。考えても見よう ―― 2200年前、 「不老不死」 の薬を求めて “蓬莱国” ( ほうらいこく ・ 日本) に使者を出した 秦の始皇帝 は、絶大な権力者で、千年 も 万年 も生きるつもりだったが、旅先で死んだ時は 僅か 51歳 の若さだっ たそうだ。 これに対して、パールの特養では 90歳代 は 一番多いご利用者層 でもある ―― 何たる時代の変遷( へんせん) なのであろう !! 

⑩ 100歳 : 23年前 の大スターは、何と言っても 「 金さん 銀さん 」 、双子の 百歳 だった。初めて所得税を払ったテレビの 出演料、何に使いますか?との質問に対して 「 老後 のために とっておきます」 と語り、全国の人々を大笑いさせた。 2015年 には 百歳寿 が 6万人 を越え、先行き ネズミ算 で増えるこの “おめでたさ” に人々は戸惑っている()。これも やはり 「10歳ごとの華」 なのであろうかなー !? 2099字

職員の声
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR