FC2ブログ

(407) オムツ と 心の構え

(407) オムツ と 心の備え  

  ♣ それは 私が中学 2 年 の頃だった (1946 年):祖父が病に倒れ、寒い冬の夜に亡くなった。その前の半月の間、母が祖父に使った 「布オムツ」 を、洗濯しては竹竿に干している姿を見かけた。他の洗濯物とは干す場所が違っていたので私の記憶に残っていたのかも知れない。母は冬空のもと 寒かっだろう . . . その頃には当たり前の光景だったのかも知れないが。

♣ それから 10 年 以上もたった頃、アルバイト先の病院風景 (1958 年) であるが、患者さんは一部屋 6 人 ・ 寒い冬でも 部屋の中央に炭火鉢が 一個 あるのみ・ お洩らしをする人には 「布オムツ」 と 「ゴム合羽のベットシーツ」 で、冷たく震えあがる冬景色だった。濡れたオムツは オバサンがたが洗って干していた。 すべて 古式ゆかしい 昔通りだった。その頃の所得状況ではそれくらいしかできなかったと思う。

♣ さらに時は 10 年 過ぎゆき 1968 年、所はアメリカに向かうジェット旅客機 (DC-8) の中 . . . 太平洋の雲の上で、一歳半の私の 二女 は 窓から差し込む光の中でうとうと眠っていた。やがてオムツの取り換え時間が来たので 私は 航空会社から支給された 「真新しい紙オムツ」 を当て替えた ! そうなのだ、当時の オムツも まだ原則 「布」 だった; 晴れの飛行機旅行だからこそ 「紙オムツの贅沢」 (ぜいたく) を許してもらったのであって、今でも その 「文明開化の喜び」 を忘れてはいない。

オムツ と 心の構え

♣ 以後の日本は バブル期の過剰から 驚くべき現在の贅沢への道を歩んだ。三つ のハイライトをたどってみると:―― ① 1990 年(H 2)、それまで輸入に頼っていた幼児用 「紙パンツ」 の ‘国産化’ が実現・ 発売されるに至った。② その 4 年後の 1994 年、大人用の 「紙パンツ」 が 近所のスーパーで大売り出しされ、誰が使うのか、私はビックリしたのを覚えている。③ その 5 年後 の1999 年 は 「パールの特別養護 老人ホーム代官山」 の開設だった。 まだ 「布」 オムツが原則 であり、濡れたオムツは そのまま業者に引き取られ、再生料金を払って 再使用をしていた。まだ 紙オムツは高かったからである。

♣ 何もオムツに限らない … フト私は昔と今を比べて 罰当たりと思えるほどの豊かな環境を感じるひと時がある:―― まずは お年寄りを取り巻く 「暖冷房」 。上に書いたように、冬の寒い夜を 「濡れた布オムツとゴム合羽」 のベットシーツで過ごしたお年寄りたち . . . 昔 老人は 暖房の無い冬、寒さにこごえて死んだ。夏は夏で 徒然草 (つれづれぐさ) に書かれているように、暑さに蒸され、脱水で老人は 沢山死んだ。それに対して今の衣食住と 医療・ 介護の進歩は 夢・ 幻か? 今 老人はエアコンに守られ 死ななくなった――凄いことではないか !

♣ でも私は気持ちを引き締めたい。環境の平和は 打ち続く事件により絶えず危機に さらされている → 世界パニック (1929 年)、原爆 (194 5年)、バブル崩壊 (1989 年)、リーマンショック (2008 年);東北大震災 (2011 年)、キプロス危機(2013 年). . . 私たちは予言・ 予想だけでなく、常に 「あらゆる状態は起こり得る」 「それに備える」 心 を持つべきと感じる。

♣ 老婆心ながら私は言いたい: 不満を言い出したら 世の中 「不平だらけ」 。皆さん、過去を知り、先を読み、危機に備える心を忘れてはならないよ !

職員の声

声1: 「布」 オムツの特徴は:―― ウンチを取り除くのも 洗うのも大変、干す場所がない、なかなか乾かない、着心地が悪く 重くゴワゴワ、オムツ・ カバーから洩れる尿、なんとも気の重い めんどうだった布オムツ ! (係り: 紙オムツは暖かいけれど 値段は高いし、ゴミ処理が大変)。

声2: パールの開設時 (1999 年) 基本は布オムツだと聞きビックリ;それが全部 「紙」 に換わったのが数年後と聞き、二度ビックリ ! (係り: 水道の無かった 徳川時代 、布オムツを 釣瓶 (つるべ) 汲みの井戸水で 誰が洗ったと思うか?老人はオムツになったら、もう生きて行けなかったのだ)。

声3: 「布」 が 「紙」 に換わったことで最大のメリットは 「疥癬( かいせん) の拡散が抑えられた事だった ! (係り: パール開設のころ、疥癬が二例 発生、三ヶ月 の間 入浴管理・ 面会謝絶などパニック状態だった)。

声4: もし老人介護の世界から 紙オムツが消えたらどうなるか? (係り: 今更、布オムツには戻れないだろう ―― 私らは 贅沢に溺れず 危機感を持ってケアに当たっていくべきだと感じる)。

プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR