(57) コンビニ受診

  (57) コンビニ受診   

  皆さん、「商売繁盛で屋台が傾く」というビジネスを聞きますか?どこか 変ですね。ところが「コンビニ受診」という新概念が現れ、今、私たちの社会で、これが問題になっています。夏のネット・ニュースから次の記事を拾い取りました。

♣ “厚労相コンビニ受診”の病院視察 : 医師不足で救急医療の崩壊が進む中、厚労相が、夜の救急医療を疲弊させた要因の一つと言われるいわゆる “コンビニ受診” を視察しました。

♣ コンビニには、お腹の減った時、好きな時間にオニギリを買いに行く気分で行きます。職員も商品も それを待っています。それと同じ気分で、好きな時間に病院受診することコンビニ受診といいます。しかし、郵便局・銀行・役所など、営業時間は決まってますね。病院も同じくです。しかし、病気の特殊性のため、時間外に少数の医師が居残ります。この時刻の受診なら、① 昼間より親子とも時間的に行きやすく、待ち時間も少なかろう、② 夜 子供の調子が悪くなったら、翌日まで待てない、などの理由で このところ “コンビニ受診”がはやりだしました。

♣ ところが、小児科の場合、一つの病院で7人の小児科医がいるのは、例外的で、多くの場合、4人前後。交代で夜番をすると、毎月8回程度 徹夜診療です。もし夜番に代休を与えれば、昼間の職員は3人、休日休暇をキチンととれば、昼間職員は二人もあり得ます。ここが他の職種と異なる、根本的な問題点なのです。

♣ 厚労相が視察したのは ある県立病院。この病院は去年、小児科医が減って、1人だけ残った医師の負担が増えて、その医師も辞めそうになり、小児科存亡の危機に直面した。その状況を知った母親たちが「小児科を守る会」を結成し、軽い症状の患者が夜間の救急外来に押し寄せる いわゆる “コンビニ受診” を自粛するよう呼びかけました。その結果、その病院の深夜の小児患者は減少し、昼間も正常な診療ができるようになりました。

♣ 厚労相は、この病院をモデルとして「利用する側もコンビニ受診の自粛を考えてほしい」と呼びかけました。

♣ さて、この記事の趣旨に逆らうようですが、私は“コンビに受診”は、ちっとも悪いことと思っていません。ただ、医療のコンビニも普通のコンビニと同じように、商品と従業員をしっかり揃えて欲しいのです。

♣ このような「解決案」は案外と難しいようです。つまり、日本型の解決は「住民の受診自粛で」;イギリス型の解決案は「診察の時間待ちで」―― 予約制で約3ヶ月程度の待ち時間;アメリカ型解決案は「料金請求で」―― つまり、掛かった職員の給料等を請求する、それぞれ乗り越えかたが異なります。いずれも「診療拒否」をしていませんが、「行政」は この問題に本気で関わりたくないようです。

♣ ガス・水道・電気・食料は「値上がり」、医療・福祉は「抑制」。私は「安全管理(46)“五常”で述べましたが、人々が「仁・義・礼・智・信」をわきまえることを忘れ、自分だけの論理だけで 他人のサービスを要求するのでは、平和な社会が維持できないと思います。これの解決のために、どんな時でも、どんな所でも受診できるような「受け皿」を用意しましょう。当直のある職種は ふつう翌日代休があります。でも、ドクターにだけには ありません。上記のように、代休を与えれば、翌日の昼間業務に支障がくるからです。コンビニ受診を可能にするために、翌日キチンと代休をあげられるよう、制度を整えましょう。それだけで、問題の半分は解決できると思います。

職員の声

声1: ドクターが徹夜診療をした後、翌日の業務を立て続けにこなす、というのを初めて聞きました;睡眠不足で翌日の診療を正しくするってムリでしょう?

声2: 夜中に受診して何が悪いのか?と反論する人も少なくありません(係り:受診はOK、ただし受け皿に大きな割れ目が入っています)。

声3: 私もNHKのテレビを見て驚きました;単に“コンビニ受診”を自粛するだけでなく、必要なドクターの数などを改めるそうです(係り:何も改められていません)。

声4: 私は子供の救急をよく利用しますが、一回5万円とか請求されたら病院に行けなくなります(係り:たぶん 今のように、楽に行けるのは日本だけでしょう;その意味で日本のシステムは最高)。

声5: 医療でお金や時間が掛かるのは絶対イヤ、私は安い料金で最高の医療を受けたい;だから、いつの時代でも、この問題は解決しないと思う。

声6: エス様は「右の頬を打たれたら、左の頬も出しなさい」と言われたそうですが、アメリカの「9/11事件」は、この教えの逆でした;偉い人の云うことは、なかなか総論と各論で一致しません。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR