(622) 老 々 認 々 介 護 の 展 望

(622) 老 々 認 々介 護 の展 望

今や、戦前の「人生 50 年」から移り変わって「天寿は 100 歳」、人生は昔の 2 倍に膨れ上がった !

♣ 過去の歴史で、50 歳までの人生経験や病気の知識は持ち合わせていたけれど、「長生きすれば、心身の力が落ちて「介護」が必要になる?」 … そんな言葉は戦前には聞いたこともなかった。第一 「介護だの認知症」 という言葉はごく最近の発明であり、存在しない言葉の実態が予想されるハズもなかった。

♣ 日本では 総人口の内、老人の占める割合は戦前 4 % 程度、戦後ぐいぐいと延びて只今 7 倍 の 28 %、団塊の 2 世代が加われば 10 倍 の 45 % を越す勢いである。これがどんな意味をもつのか、数値で理解するよりも 「感覚」 で受け止めてみよう(図 1 … 右端の茶色の部分が老人層を表し、この 1 世紀で 10 倍程に増えてきた。
.........上図: 1920年(大正9年); 下図: 2015年(平成27年)
.. .......図は男性のみ;女性も同じパターンで有り。横軸: 10歳ごと。 縦軸: 10万人ごと。


老々認々介護の展望

♣ 長生き達成はみんなの希望であるから 大変お目出度いことであるが、老人層の命と生活を支えるのは若年層であるから、ここに新たな社会問題が発生した。つまり肩にずっしりとのしかかる 「ヒト・ モノ・ カネ」 の重さゆえに、若者たちは生活の活力を失い、若い時期の結婚は夢のまた夢、晩婚・ 未婚・ 少子化 の嵐に巻き込まれてきたのである。これでは若者たちのスタミナが不足する。さらに加えて、要介護の年齢層が年々上昇し、悪循環が回りだす。

♣ ここで今日の話題になる 「老々認々介護」 の話に移る。老々介護とは 介護する人・ される人 が共に 65 歳 以上; 認々介護は同じく する人・ される人 が認知症であることを示す。老々介護は所帯総数の 約半数 (H 25 年 厚労省調べ)、認々介護は同じく 10 % 前後だと推定されている。一昔前にはなかったこんな現象がナゼ発生したのか?それは 図1 を見れば自明である。

♣ 私たちはお年寄りの長命を喜ぶ(図2)。しかし長命の実現は万々歳だけですむだろうか?ここで私が近日にテレビで見た 笑えない喜劇を例に挙げて考えてみる。ある 一匹の日本猿、人なつっこくて他の猿よりも沢山の餌をもらうことが得意だった。その結果、なんと体重が3倍に増え、歩くときに でっぱったお腹が地面に触り、歩行困難になった … そんな ユーモラスな画面 が紹介されていた。良い対策は? … 極めて簡単、餌を調節すればよいのだ。
老々認々介護の展望

♣ もう一つのテレビ画面は 猿でなくて人の話であった。食べることが大好きなある アメリカの男性、食べに食べ、とうとう体重が 400 kg を越えた ! ところが運悪く病気に掛かって入院の運びとなった。だが400 kg の巨体は部屋のドアにひっかかって外に出られない。みんなが知恵を絞ったあげく、重機クレーン を使って窓から外に吊り 出することになった … 人も猿も笑えない笑い話のオチがあったのだ。でも解決したのだからよかった。

♣ 話が代わって、ここで「老年期」の事を考える。野生動物は地球始まって以来 「発育・ 繁殖」 の道を歩むのみで、子を産んだあとは世を去り、いまだに老年期というものを持っていない。人間も、半世紀前まで「老年期」の手前で大部分が世を去り、従って体を守る遺伝子の守備範囲も「発育期・ 繁殖期」のみが対象であり、老年期を快適に過ごす役目の遺伝子なんて存在しなかった。

♣ ところがこの半世紀、大多数の人間がこの守備範囲を越え、遺伝子にとって未知の領域である老齢に踏み込むようになった。そこには当然 「老化現象」 が待っている。例えば 老眼・ 難聴・ 女性の閉経・ 骨粗鬆症 など。それはやがて 誤嚥・ 失禁・ 認知症 へ発展して行く。

♣ 昔は 60 歳 の「還暦」で人生は一巻を終了、人生は ゼロ出発 を祝ったものだが、今 還暦祝いはほとんど無視され、人々は ひたすら老年期に深く踏み込んで行く。そこでなんとか、老化現象を改善できるような遺伝子治療ができないものだろうか?

♣ .私は振り返ってみる ... 遺伝子が、仮に老境に適応して、老眼や認知症などの「老化」を克服できるようになったとしよう。もしそうであっても、老人は繁殖期を過ぎているから子を産まず、その恩恵は子孫には受け伝わることなく、「人類の進化」とは縁遠い現象で終わってしまう。 やはり遺伝子頼みは老化の解決にはならないのだろうか?。

♣ ここで発想を変えよう…「空の 太陽・月と星々」 を お年寄りと私たちだとする。もし “太陽と月” の大きさが 10 倍 に大きくなったのなら、そこを程よく工夫しなければ みんなが空に入りきらなくならないか?物事にはきっと調和のバランスという要素がある。老々認々介護はそれに似た問題のように感じる。

♣ 時間を稼げば、きっと 「太陽・月と 星々」がお互いのサイズを調和し、私たちの空に美しく並び光る日が来るのではないだろうか? 2004字

要約:  人間は昔、繁殖期が終れば世代交代をしたが、今や老年期を享楽する数が増える時代になった。 その勢いで、生命の自立ができない老人も増え、老々認々介護の社会問題が発生した。 私たちの空の大きさは決まっているから、そこに入る 「太陽・月そして星々」の数と大きさは調和をとる必要があるのではないか?

参考:  新谷:「百歳の壁」; 福祉における安全管理、 # 619 : 2016.
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR