(634) 今 の 小 児 科 と 老 人 科

(634) 今 の 小 児 科 と 老 人 科  
 
先日、東大医学部の同級会に出席し、面白い話を聞いた。小児科の同級生は 6 人ほどいるが、異口同音(いくどうおん)に次のような事を語っていた:----

小児科診療は長時間勤務で、しかも深夜などの急変に対する責任は大変重い。子供の病気にも 「ピンキリ」 があり、昔は 三世代生活 (爺婆・ 両親・ 子供)であり、お婆さんの智恵である程度の対応が家庭で出来た。今のお母さん方は 「熱・ 咳・ 汗」 程度の症状で すぐ コンビニ受診に頼り、しかもその目は大変きびしい。

ところが肝心の 「立派な小児病」 は 昔に比べて少なくなった。昔は外来診療をすると麻疹(はしか)などの子で、待合室はにぎやかだった。ところが、ドクターたちが熱心に予防注射などをしてきたせいか、最近 伝染病がすっかり減ってしまった。昔は命取りであった 下痢・ 脱水 の類(たぐい)も減っている。

元来、小児の病気は一元論 (つまり 罹っている病気は一つ) で片付けられていた。一つの病気が治れば、その子に別な病気を探しても 見つかることは ほとんどなかった !! つまり、その病気を治せば、その子とは “おさらば ! ” だったのが実情だった。
今の小児科と老人科

ところが今、私らは小児科医であるにもかかわらず、お母さん方から親の老人病の相談が多い。そこで老人を診ると、

小児科では決してみられない病気の「前立腺肥大症」とか「脳梗塞」「認知症」などがある。

その上、老人たちは 小児と違って病気の数が多く、一人の人が四つも五つもの病気を持ち、毎月 途切れず診療が続く(小児科では病気の切れ目が縁の切れ目だったのに)。つまり全国的に小児科医が老人を診る機会が増えた、というご時勢になった ―― と、このように私の同僚の小児科医たちは語っていた。

♣ また、逆に、老人医療センターで小児科を併設する例もある(東京都多摩老人病院など)。つまり、時代は診療科にとらわれず、お客様をお受けし始める時代に変わったようだ。これからは小児科医が老人を診(み)、老人科医が小児を診る時代になるのだろうか。

♣ 老人福祉でも対象を狭い老人範囲に限っていては、いつかは日干し に会うかもしれない。もっと幅広い活動 —— 保育園、青少年園など —— を念頭に置く必要がある時代に変わってきた。

♣ パールはそれを先取りして、「子供図書館」 を開始して 10 年が経ち、好評である。それに加えて、今年は 「子供テーブル」 と呼ぶ新しい活動を始めた。両親が多忙な家庭の小学・ 中学生たちは 放課後 自宅で孤独な生活を送りがちであり、孤食(夕食を一人で食べる) の淋しさがある。パールでは、夕刻 ~ 夜に空き部屋になる空間へ このような子供たちの生活の場を提供し、併せ、遊び・ 会話 ・ 宿題の時間とする。100 円 の負担で夕食をみんなで一緒に食べる… お迎えに来られる親たちも希望によりご一緒の食事とする。

♣ 私どもの夢は 「今の老人施設」 が同時に 「今の子供施設」 になって、社会の人々みんなが気持ち良く日々を暮らしていけることを目指している。

要約: 小児科はコンビニ受診が増え、昔の大掛かりな「小児病」が減ってきた。 お母さん方が自分の親の病気の相談をするようになり、小児科医は老人病をも手掛けるような時代に変わった。 パールは 「子供テーブル」 活動を始めた。今後は「小児と老人」が同じ生活の場で気持ち良く暮らせるような社会が訪れるだろう。

参考:  新谷:「コンビニ受診」;福祉における安全管理 # 57, 2010.


職員の声

声1 : 小児科医も老人を看る時代になったが、対応に問題はないだろうか?(答: 専門領域はまるで違うが、子供の場合は病気を 「治す」、老人の場合は 「遅らせる」 であって、問題は少ないだろう)。

声2: ビールス疾患などは老人・ 子供の共通の敵であるから、感染防止の責任をよく考えておく(答: 一番に基本的な注意点として認識している)。

声3: 老人は去って行くのみ、子供たちは残って社会を作っていく(答:その意味で、老人優遇と同時に子供も優遇して行きたい)。

声4: 私は 30 年間 幼稚園で働いてきたが、パールは 三世代生活の「子供テーブル」 をスタートさせた … 社会の仕組みとして理想を進んでいると感心した(答: パールは単なる老人施設ではなく 「福祉総合プラザ・パール」 であり、「特養や在宅介護・社会活動教育研究所や夏休みボランティア」などの対応項目はすでに 53 領域 に及んでいる … 「子供テーブル」は 54 番目 の対応であり、ますますプラザは発展して行く)。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR