FC2ブログ

(60) メ タ ボ

(60) メ タ ボ    

今日の話題は メタボ、正式には メタボーリック症候群です。身体のエネルギーの出入りのことを代謝(たいしゃ = Metabolism)と言います。一般に、幼児・若年者の代謝は高く、老年に至り低くなります。天然の野生動物は、必要な食事量の最小限しか食べません。と言うより、最小限の食事にしか、ありつけないと言うほうが正しいでしょう。もし余分の食料にありつけたら、すぐ子孫を増やし、その結果、食糧不足の悪循環に入り、結局、ぎりぎりの食事量になってしまうのです。だから天然の野生動物は、みな痩せています。例外は、人、および人の飼う動物です。

♣ 私の若い頃は、太っている人のことを「恰幅(かっぷく)の良い人」と呼んでいました;これは中国から来た言葉で、今ならメタボと呼ぶでしょう;でも、その頃は尊敬と「あこがれ」をもって呼んだものです。だって、裕福な食生活をする人でなければ、恰幅よくなれなかったからです。そんな人はめったにいなかった。ところが、池田隼人元首相(1960年)の「所得倍増論」と共に日本は豊かになり、恰幅の良い人が増えて来ました。日本の歴史の中で、初めて経験した出来事です。それだけなら、よかった;実際には、それに病気が伴ってきたのです。高血圧・糖尿病・心臓病・脳卒中・痛風 . . . 。これらの病気は「食べ過ぎ」とおおいに関係があるのです。その上、すぐには死なず、だらだらと医療・介護費をかけ、そのため 社会発展の足かせ になります。

♣ そこで政府は2008年4月からメタボ退治に取り掛かりました。40歳から 74歳までのメタボは「特定検診制度」により診療を受ける義務があり、かつ、治さねばならなくなりました。メタボの定義は「腹囲」が男性90cm以上、女性80cm以上 (なお, 他の数値は下記*)。つまり、恰幅のよかった人は、いまや国民の敵となったのです。隔世の感があります。

♣ ここで疑問。なぜ40歳から? それは介護保険加入年齢だからでしょう。なぜ74歳まで? それから先は、もう諦めるからでしょう。私が若い頃には、肥満(過栄養)は民族別に見られ、地中海型・ロシア型・アメリカの黒人型に分けられていました。いずれも貧困層に多く、若い頃には8頭身で美しいけれど、中年以降、脂肪ぶくれしてしまうのです。このためか、20年まえのアメリカでは、肥満の人は指導者になる資格がない、と過激な言動の時代もありました。

♣ 今日のレッスン = 痩せもせず、太りもせず、中庸が一番とは、このことです。ルー(Roux)の法則通り ですね**

* ( 腹囲男性90cm、女性80cm以上。 血圧130/85mmHg以上。 中性脂肪150mg/dL以上。 HDLc男性40mg/dL、女性50mg/dL未満。 血糖100mg/dL以上。 の5項目中3項目以上。)   ** パール安全管理 (45) :ルー(Roux)と智恵。

職員の声

声1: メタボの定期検診が40歳で始まるという理由がよくわかりました。

声2: 私が父から聞いた話では、昭和40年ころ、まず「成人病」と言われた時期があり、該当する病気は「高血圧・糖尿病・肥満・心臓病・脳卒中など」でした。それが いつのまにか 「生活習慣病」と名前を変え、そして今、「メタボ」です。節操がない気がします(係り:外国には日本の厚生省がつくるような流行語はありません。近年には「筋トレ」「口トレ」「脳トレ」など、外国人がビックリするような流行語をつくっています。外国では「痴呆」(ちほう、dementia)と呼んでいるのに、日本政府は2005年、それを優雅な響きのある「認知症」と呼び変えてしまいました)。

声3: メタボ病は、主に「定年退職後」に医療費・介護費のかかる病気です;お金の出所が会社から政府に移ってしまうので、政府はヤッキになっています。

声4: 私の友人の腹囲は120cmを越え、検査所見のみならず、腰・膝の痛みで困っています(係り:タバコ飲みの肺癌、酒飲みの肝臓癌と同じで、自作自演の病気は他人では治せません)。

声5: デイサービスには「低栄養加算」はありますが、「メタボ加算」はありません(係り:食事量を減らすことの重要性は、動物の歴史の中で、かって存在しませんでした;その困難性はアメリカ人の肥満体を見れば、すぐわかります)。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR