FC2ブログ

(676) 介 護 寿 命 を 短 縮 す る

(676) 要 介 護 期 間 を 短 縮 す る  
    
 厚労省やマスコミは 近年 「全寿命は変えないで、 介護期間だけを短縮する方法」 を手探りしている。ここでお願いながら、頭の混乱を避けるために、「平均寿命」を「全寿命」と置き換えることを お許し下さい。

♣ 問題になっていることは、日本の全寿命は世界一長いが、要介護期間もなかなか長いことだ(図1)。ここで述べる平均寿命(全寿命)とは、健康寿命と介護期間の合算であり、それぞれ男女差があり、男性・女性はそれぞれ介護期間が 9 年・ 12 年ある。

♣ ここで問題になる 「要介護期間」 の定義は三つあり、日常生活で他人の援助が必要となる「依存寿命」、 「護保険のサ-ビスに頼る要支援1以上」、 「寝たきり」の病気になった状態、の三つである。

介護期間を短縮する

♣ しかし ① ② ③ は 互いに重複する期間があるので、客観性のある ② を介護期間とすることが多いようだ (中には要介護 2 以上と定義することもある)。しかし北欧諸国では 「寝たきり」 の存在を受け入れないので ① と ② のみが対象となる。

♣ 戦前の日本の全寿命は 50 歳、他人の手を必要とするような (老人のオムツ、食事介助など)はほとんど実効は無かった。 の 介護保険も無かった。 の「寝たきり」は主に結核があったくらいで、その経過も長くはなかった。したがって、戦前の人々は主に健康寿命のままで世を去った わけであり、介護需要があってもその期間は短く、「全寿命」も「健康期間」だけに限定されていた。

♣ 現在でも健康寿命だけで 男 71 歳・ 女 74 歳であり、戦前よりも 20 年以上増えている ( 図 1 )。 もし今の時代が 70 歳近辺で逝く時代だとすれば、皆さん方は不満だろう。健康寿命の後に介護期間が加わってこそ、現在の日本は世界一の長寿になっているのだ。これはパラドックス (逆説) のように聞こえるが、健康寿命が たとえ今のままであっても、介護期間が長びけば、その分だけ 死期 も だらだら 延びる。

♣ ところが、介護保険の導入でせっかく伸びた介護期間だが、それを短くできないものか、と世間は思い始めた。その主な理由は 、老人が増え過ぎて介護費用が莫大になったこと、さらに 介護期間の人々は社会貢献が乏しく、不健康になっている、と考えるからだ。

図1 で分かるように、女性は 12 年ほど要介護の「他力本願」で生存した後 世を去る ―― 他力本願の期間が世界一長い ! ここに手を付けよう … そんな考えがある。その根拠は、ここ 10 年間で 「介護認定者数」 は 2.2 倍に増えたことである。別な言葉で表現するなら、病弱な老人が 2.2 倍増えた訳だ。仮に老人が増えても「健康」であってくれさえすれば、要介護の人達は増えない。

♣ ここで 「人々の生活と福祉の関係」 について考えてみよう。戦前は「人生 50 年」、つまり健康寿命の 50 年が終れば逝く、のが普通の運命であった。だけど、戦後 生活水準が上がって「衣食住」が豊かになるにつれ、従来 考えの外であった「長生きしたい」という夢を追うようになった。その夢は確実に満たされるようになって、人々は長命になって行く。

♣ 世界の人々の「長寿曲線」を眺めると、日本は先進諸外国の一番下から、見る見るうちに登って 1985 年には世界一の長寿国になり、今でもそのレベルを死守している。それは誇らしいことであるけれど、人間に限らず「動物の寿命」というものは おのずと「種 (しゅ) 固有の限界」を持っているものだ1)

♣ 人間の寿命限界はどこにあるかは、戦前には分からなかった。が、日本が世界一になった頃から、高齢老人の不思議な痴呆現象が日本社会の中で気付かれるようになった ―― その典型が 有吉佐和子の作品 「恍惚の人」 1972 年であった。

♣ つまり 「長生きし過ぎた」 と解釈されるような痴呆老人の社会問題が積み重なってきたのだ。かくして 2000 年には 「介護保険」 が始まり、有効な対策とされた。ところが 介護期間はどんどん延び、ついに世界一長くなってしまった。これは、福祉対策と長寿実現が悪循環の関係に陥ったから、とみられている。

介護期間を短縮する

♣ この問題は介護期間を減らさなければ解決しないのか? いや、健康寿命を延ばすことで代用する方法も叫ばれている。しかしながら、事 健康寿命に関する限り「医療・福祉」はもう限度いっぱいの努力をしているから、それを満たす 他の唯一の方法例として図 2 で示すような 「個人的努力」の 10 ヶ条をお示しする。

♣ この 10 ヶ 条 を ① から ⑩ まで丹念に検討してみよう ...... この 10 ヶ条 が満たされれば、全寿命を維持しながら健康寿命を延ばせるし、所定の夢が成就する、と 期待される。だが、あなた や ご利用者は この個人的努力の 10 ヶ条 をどれほど多く満たせるだろうか? 自分ですべき努力を 「他人まかせ」 にしていないだろうか?

♣ 人間の 「天然の全寿命」は 具体的に何歳くらい なのだろう ? 2) 完璧を求めず、ほど良いところで手を打つ必要があるのではないだろうか? 1944字

要約: 

男女の全寿命 (= 健康寿命+介護期間) を眺め、介護期間が相対的に長すぎるのではないか?の印象があった。 全寿命が長いことは人々の希望に一致するが、国は介護期間の短縮を念頭に置いている。 私どもは その案よりも、健康寿命を引き延ばす別の案を考え、図 2 の 10 ヶ条で検討した。その案の有効性は、むしろ読者ご自身が判定なさるだろう。

参考: 1 )  新谷:「ライオンの3 倍も生きる」; 福祉における安全管理 # 616, 2017. 2 ) 新谷:「3 倍ではまだ不足か?」、ibid # 665, 2018.

職員の声

声1: さんざん 「吸う 飲む 食べ遊ぶ」 をやったあと 65 歳になって「健康」寿命を考えても もう遅いでしょう?(答: 考えないよりマシか? … しかし、65 歳は すでに脳卒中・ガン年齢だし、続いて認知症だ …若い頃は 無関心だったものなー)。

声2: 重介護・寝たきり の介護期間を短縮するって、日本では難しいと思うけど(答: スエーデンでさえ難しい…だから そもそも彼らは 要介護 4 ・ 5 の分類を作らず、したがって寝たきりはいない、と報告される)。

声3: 全寿命 が健康寿命であれば良い訳だ ... 昔はそうだったのでしょう?(答: ならば、女性の健康寿命は 74 歳だから、その齢でピンコロ(頓死)するのが理想となる。だが、誰も 74 歳でピンコロになる気はさらさらなく、特に認知症が加われば、この後の全寿命を豊かな介護の下に過ごす… それが現実である)。

声4: 日本の 「豪華な介護の長期化」 は生命の尊厳には役立つが、財政は誰が負担するの?(答: 「借金」 と 「若者依存」 以外の方法は無いだろう。 一般に、「社会の進化」は 「適者生存」 の原理で進む。しかし日本では「適者となった老人」はもう子を産めず 「多々老少子化」 し、世は進化の路を離れて退化する方向に進むのか?)。

プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR