FC2ブログ

(727) 高 齢 者 の 独 り 暮 ら し

 (727) 高 齢 の 一 人 暮 ら し

一人暮らし老人の問題がいつになく厳しくなっている。

♣ 問題が二つある:――それは 現在 65 歳以上の老人数は昔( 4 % )の 7 倍(28 % )に増え、やがて 更に10 倍(40 %)へ、―― つまり、人口の半数近くが老人になってしまう。

独居老人は圧倒的に女性が多いが( 図 1 )、介護保険が始まった 2000 年以来の 20 年間で、比率でみると独居女性は 2 倍 に、独居男性は 3 倍 に増える。独居老人の問題は深刻である。
高齢者の一人暮らし

♣ 女性の独居老人が多い理由は、一つには女性の方が長生きすること、二つには夫婦の年齢で女性の方で多くは若い事であろう。

♣ 高齢の一人暮らしの問題点、特に「 食事・ 排泄・ 清潔・ 緊急通報」 の 4 点は 「人権問題」 に繋がる。その上 認知症の頻度は 85 歳で 40 % → 100 歳で 80 % → 110 歳で 100 % のように激増して行く 1 ) 。 独居で、しかも認知症という現実への対応は福祉問題を越え 世界の人類問題になっている。

♣ 独居の理由は、未婚・別離など様々であるが、人は夫婦であっても年月とともに どちらかが先に逝き、残ったほうは独居になる。その際、たとえ肉親の同居が望まれても、高齢になった子や兄弟・姉妹は それぞれ家族を持っているし、一括同居はたいてい新たな問題を起こす。

♣ 独居の親のほうも その大変さが予想できるから、ムリ押しをせず 独居生活のほうを選び、たいてい ‘病気・ 死亡’ が発生するまで独居が維持される。けれど、独居生活は本人の強い意志による選択なのだから、第三者の口出しは たいてい不適当となる。そこで、独居問題の 将来展望 はどうなるだろうか?

♣ 私は人間の自由が尊重される社会なら 独居老人・ 孤独死 の問題は 現状のまま続くのではないかと思う。だって問題の老人は、「不便な自由か さもなくば 楽な束縛か」 が問われているのであり、強制されない限り 自由の方を選ぶ のは自然であろう。

♣ その他に、今、あなたの周りに、同居しても いいよ 、と言ってくれる現実の相方がいるだろうか? 欧米の一部では、「老人は 国が管理する」 という方法もあるが、我が国では まだ肉親の情が そこまでを許していない。

♣ 昔の 「死」 は家庭での死が大部分であった。救急車の発達 した 50 年まえから、これが病院での死 90 % に移ったが、それには様々な社会環境の変化、特に三世代所帯が 二世代~ 一世代所帯に代わったことが大きく関与する。

♣ しかし今の家族構成からみれば、家庭での死は たとえそれが望ましくても実現には困難が多い。だからと言ってそれを病院に頼るのは 時代錯誤 である… 病院は 「治す所」 であって 「死ぬ場所」 ではない。それだけに、日本の環境変化に沿う逝く場所選びが望まれている。

♣ 多くの人々は施設生活を勧めるが、残念、需要に対して供給は特養で 15 % 、精神病院で 2 % 程度しかない 2 ) 。条件が劣る他の施設に入所を希望する人は僅かであり、大部分は独居生活のほうを選ぶ ―― 当り前でないか。ナゼ受け皿が少ないのか? それは 莫大なお金 がかかるからである !

♣ 特養の建設費は 一床当たり約 2 千万円; 平均要介護度を 「4 ~ 5」とすれば、運営費が お一人年間 約 500 万円(自己負担1 割)、しかも希望する老人のすべてを収容する余力はない。つまり、社会生産に関与しない老人の お一人の養老費がどんなに多くの予算を必要とするのかが理解できよう。

♣ 現実を見れば 日本の 「健康寿命」 は、男・ 71 歳、女・ 74 歳 であり、国際的に比較してみても、これ以上 延びることは期待薄である( 図 2 )。もし全寿命が延びるとすれば それは病気 (依存) 寿命が延びるだけである ―― つまり、特養などの 社会負担が増える 「施設入所寿命」 が増えるだけだ。

高齢者の独り暮らし

♣ 思えば 我々は 全寿命が世界一 なのであるが、それの終点は誰でも 「病気・ 依存寿命」 であり、その年月は 男 9 年、女 12 年と長い。つまり、長生き = 他力本願 の期間が延びるばかりである。しかし国民に聴いてみれば、その 「病気寿命を減らしたい」 と現実の真反対を望む。事実は 「病気寿命が長いからこそ 日本は世界一の長寿」 なのである ! この不一致の矛盾はどう解決すれば良いのか?

♣ 唯一の方法は 「風呂で溺死」 か「食物窒息死」 であろう ... 気付かれたときは もう間に合わない ... 典型的な 「ピンコロ死」 だ。近年はこれらの頻度が増え、「交通事故死」 よりも多くなった。だが、いずれの死に方も 「とんでもない事故」 なのである。

♣ 強情を張って、最後の最後まで独居を主張すれば、老人は 孤独死 に至るか? それは、他人様には哀れに見えるかもしれないが、それも一つの 「避け難い運命」 だと覚悟したらどうだろうか? 当の本人は 高齢の認知症が進み、「時間」 の概念が消失するから、 “死の不安” は無くなる。よって孤独死の不安は薄まっていく。

♣ つまり、人間関係は 「程よい距離感・ 忘れない視線」 だけが適切になるのだろう。したがって 「孤独死の周辺対策」 とは 当人の問題ではなく、「周りの人の焦り」 だけであって、他人様が過剰に感じる責任感とは異なるものではなかろうか。

♣ 一人暮らしの矛盾は、やはり 「一人暮らし」 で解決されるのだろう。 1960字

結論: 老人が ますます長生きするのは天の祝福であるが、一定数の老人が独居生活によって 時には 孤独な生活に陥るのは、統計の眼でみれば、今後も存在し得るだろう。 彼らは彼らなりに自分自身の宿命が一番 幸せと思うのであり、本人の希望に沿うのが適当ではなかろうか? 家族・ 知人との 「程良い距離・ 忘れない視線」 が一番 有難いのではないか?

参考: 1) Robert Epstein, “ Brutal Truths About the Aging Brain”, Discover 10: 48 ~ 76 , 2012. 2 ) 斎藤正彦: (# 3)患者 460 万人以上 推計の 1.5 倍、YomiDr. (2013 . 6 . 30 読売新聞)

職員の声

声 1: シエハウスのように、個人の自由が利く施設が望ましい(答: それを実現しているスエーデンの税金は日本の約 2 倍です)。

声 2: ケアが必要になったらその時 福祉に相談します、私の場合 「孤独死」 は想定内です(答: 蟻に泣き付く キリギリス の身勝手は みっともないよね)。

声3: 老 人は増えるばかり--福祉は支えきれるのか?(答: イギリスは 血液透析 に 60 歳定年を設定した--スエーデンには 「食事介助」 がない--世界は 一般大衆の生き残りを懸けて 皆 頑張ってる)。

声 4: 健康寿命を延ばし 病気寿命を短縮したいとの希望が多いが、もう少し現実を見つめたらどうか?(答: 本文の 図 に示されているように、健康寿命は人類の遺伝子としてこれ以上 延びそうにない、延ばせるのは 日本のように 施設寿命だけ …. しかし、パールには、施設に 19 年ほど滞在された 98 歳の女性があるが、それが理想の人生だった、とは誰も思っていな い)。
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR