FC2ブログ

(67) 予防注射のひみつ

  (67) 予防注射のひみつ  

  予防接種の歴史を見ると、我が子を実験台にした18世紀のエドワード・ジェンナーによる天然痘の接種が大きな光を放ちます。その後、2世紀にわたって人類は伝染病の克服に勝利を重ねてきましたが、こと予防接種に関する限り、日本はまだ開発途上国だそうです。なぜって? 日本は技術の点では優れているけれど、心の意味で人の尊敬を得にくい損な所があるからです。昨今の報道を見ていると、① B型肝炎の副作用訴訟、と ② 「ヒト・パピローマ・ウイルス」の予防接種が大変刺激的な話題でした。

♣ ① は、一般の予防接種時に「注射器・注射針使い回し」による副作用のため、B型肝炎の伝染を受けたとするものです。報道によると、「これら患者さんは約100万人、そのお一人ごとに治療費として約5,000万円を支払え」と言います。私が計算してみると、100万×5,000万円= 5兆円となりました。日本の所得税は45兆円ですね。なんぼ正しい事だからと言って、厚労大臣が簡単に“Yes”と言える額ではありません。しかし、その昔、国民の義務として行った「三種混合ワクチン」などの結果としてB型肝炎に感染したのなら、政府は深刻に対応せねばならないでしょう。

♣ 予防ワクチンについては、いくら安全とは言え、死菌・弱毒菌・蛋白質などを用いますので、ある程度の副作用は覚悟せねばなりません。しかし、疫学的なメリットを政策的に採用するのならば、万全の方策を駆使して「泣く人が出ないよう」に救出策を練っておく必要があります。

♣ 問題は「注射器の使い回し」にあります。私は子供のころから何度も予防注射を受けましたが、一本の注射器で10人ほどの子供に注射するのは「当たり前」であり、何の疑念さえありませんでした。私たちの年代は体が強かったのでしょうか? それなのに、40年まえ頃から予防接種後の事故が多数報道されるようになり、国や学校は萎縮し、公的なワクチンの強制力に疑問が持たれるようになりました。今回のB型肝炎の救済策は大きな社会的意味を持っています。

♣ 次に ② 「ヒト・パピローマ・ウイルス」(HPV) ですが、なぜ小学校6年生の女の子たちにHPVワクチンを始めるのでしょうか? 日本では約8割の女性が最初の性交渉の後、このウイルスに感染するとされます。多くの場合、自己の免疫力で排除されますが、持続感染を起こすこともあり、子宮頸部に癌が発生します。ワクチンは7割以上の予防効果を持ちます。問題は値段であって、5万円もします。

♣ でも、何で10歳代の子にワクチンを打つのですか?10代で打っておくと効果が高い からです。それに、近年の女性は中学・高校生の時期で性感染する機会が ビックリするほど多い。罹ったあとにワクチンを打っても効果は手遅れ。出産人口が手薄になり、少子化が進展します。

♣ 私は「めまい」を感じます。今の子たちは保護に保護を重ねないと、病に倒れてしまいます。私たち年寄りは「使い回しの注射器」でもビクともせず、また、HPVの感染症で問題のあった同僚もありません。やはり 時代の流れと感染症には刮目(かつもく)し続けなければなりません。

職員の声

声1: 予防接種は良いけれども、「副作用」が心配です(係り:予防接種の効果は驚くべく大きいのですが、確率的に副作用の出る人があります;もしそうならば、国が国費を持って徹底的に救うのが当然です)。

声2: ワクチンは「任意で安く」が実現すると良い(係り: 「任意」は良くありません;ワクチンは「耐火住宅」にたとえられます---木造住宅ばかりの中で一軒だけ耐火住宅があっても効果は不十分です;みんなが耐火住宅になってこそ火事の蔓延が抑えられます)。

声3: 昔は注射器の「使い回し」が普通に行われたいたとのこと、それが予防注射の事故を大きくしたと聞きます(係り:40年まえころ日本でB型肝炎がはやり始め、その原因が注射器の針だと分かったのが かなり遅れました;今は改められています)。

声4: 私は高校3年の昨年、子宮頸部癌の予防接種を無料で受けました、今年は有料になりますが、たとえお金が掛かっても接種は大事と思っています。

声5: 栃木県佐野市では小6女子全員に接種しました;渋谷区では一回一万円の補助、杉並区では全額補助;私の娘は中1ですが来週接種します;わたしもその時 自費で接種をうける予定です。

声6: 私が10代のころには子宮頸部癌予防ワクチンなど聞いたこともありません;今は Sexも癌も 低年齢化しています!
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR