(73) 生き甲斐

   (73) 生き甲斐      

 辞書を見ると「生き甲斐」=「生きるに値するもの;生きて行く 張り合いや喜び」とあります。なぜ私が「生き甲斐」という言葉にかかずらうかといえば、老人福祉に一番大事な言葉が「生き甲斐」だからです。先週 発表された日本人の平均寿命:女は86歳でこの25年間世界一を独占、男は80歳で世界5位;いずれも日本新記録、とてもおめでたい発表でした。しかし、物事には表があれば裏もあります。私が気にするのは、「不安で さびしく、痛くて苦しい、長い 長がーい 老後」を暮らしている高齢者の実態です。昔から、人間の最大の望みは「元気で長生き」でした。今もこれは変わっていませんが、25年間も世界一の長生きをしている日本のご婦人たちは お元気ですか? 幸せですか?

♣ もちろん、幸せな方もありますが、私たちは介護の仕事に従事するせいか、痛ましい長命を嘆く声が少なくありません。日本は「親孝行」の伝統のある国でしたから、なんとかお年寄りをおもてなししようとして、いろんな工夫をします。たとえば クラブ活動・歌・花・稽古ごと・体操など、いろいろな事を勧める。それらは、もちろん、これらは無いよりマシでしょう。

♣ でもお年寄りが元気に長生きするのに本当に必要な「生き甲斐」は何でしょうか? そんな「生き甲斐」が普遍的に存在するのなら、それを見つけて お年寄りたちにさし上げる工夫をしたらどうでしょうか? 長生きして、ご本人もさることながら、はた目にも「生き甲斐」がある、と認められる人々;例を上げましょう:日野原重明博士(99歳で国際会議にも出られる元気一杯医師)、中曽根康弘元総理大臣(94歳でまだ世界平和研究に没頭);一般に「オーケストラの指揮者、芸術家….」はどうでしょうか?

♣ これらの方々は 専門性をお持ちですね。それを楽しんでおられる。私の想像では、「する仕事のない人は老後をもて余す」ように思います。昔の老人は、死ぬ直前まで“頼り”にされていました。たとえ小さな仕事であっても お役目がありました。しかし今は子供と同じく「過保護」です。その上、“頼られていない”から身体を動かさない。悪循環で「廃用症候群」です。若い頃、社会の無知により「接待・過食・酒・煙草・ゴルフ . . . 」で命をすり減らす。これらの行為は、当の本人は無知のゆえ理解できないでしょうが、“ルー(Roux)の法則”で言えば「活力の減点要素」なのです**。本当なら「金寿」(120歳)を全うすべきところを、「銅寿」(100歳)の手前で、生きる活力・役割・意欲を失って 逝ってしまう。くやしいですね。

♣ そこで私の結論三つ。①“ルー(Roux)の法則”をキチンと勉強し、命をムダ売りしない、② 自分が「人に頼ってもらえる術」を身につけておく、③ 死ぬ一週間前まで、これを続ける。    

参考:パールの安全管理 #5:長生きのひみつ。  **パールの安全管理 #45 : ルー(Roux)と智恵。

職員の声

声1: 私の祖母には祖母の仕事がありました;ご高齢の方々は戦争体験もあり、何事にも働こう となさいます;過保護をせず、不足分を補うケアをしています。

声2: 小沢征爾さんの手術後の姿、「世界の音楽家から必要とされている」、このことほどの生き甲斐はありません。

声3: パールにお出で下さるP.T.の先生のモットーを紹介:① 歳をとっても自分の役割を持つ、② これでいいのか、と反省する、③ 万物を愛す

声4: 多くのお年寄りには辛くて痛くて苦しくて長がーい老後、それに比べ、日野原重明博士は「生き方上手」というエッセイを毎週 全国に発信なされ、3年後の講演予定も入っています;また、中曽根元首相もお元気で社会に貢献しておられます;見習いたいです。

声5: なにせ、「自立・貢献が生き甲斐の鍵」ですね(係り:多くのの高齢者は、生き甲斐も少なく、自立せず、廃用症候群に陥り、要介護認定を受けます;この実態は「人に甘えない心がけ」で改善できる余地があると思います)。

声6: 一般動物は 老いて朽ち果てることができますが、マスコミに取り囲まれた人間は それが困難です;自立も貢献も出来なくなった超老者には“寄り添う気持ちとお看取りのひと時”で ご苦労に報いてあげたいです。
 
プロフィール

ふじひろパール

Author:ふじひろパール
「ふじ」=新谷冨士雄
「ひろ」=新谷弘子

社会福祉法人 パール
安全管理 ふじひろのページ

最新記事
全ての記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR